メッセージ

一般級との交流は

小学校とは違って、学習では一緒にできるものはないため
合唱祭や体育祭のような行事くらいしかないのですが

今年度に入ってから
もうちょと交流について考えたい、と担任の先生から相談があり

それまでは希望しても
朝の会、お昼など、授業以外の交流でも
活動の都合上、できないとのことで
行っていなかったものを
今年度は考え直す意向を示してくださいました。

実際、もう3年生ということもあり
今さら、もうどっちでもいいかな、と思ったものの

やはり
イベント時だけの交流だと
どうしてもお客様感が否めず、

一般級の生徒にしても「あんな子いたっけ?」という感じだろうし
本人にとっても「知らない人達の中で緊張するなぁ」になってしまうので

日々日常の交流、
例えば朝の出欠確認だけでもいいので教室に行かせてもらえないですか?

と言ってみたところ
ぜひ、そうしてみましょう、 と先生が積極的になってくださり
毎朝、一般級に行くようになりました。

とはいっても、ひとりで教室に入るのはとても緊張するらしく
先生に一緒に付いて行ってもらったりしているようですが

それなりに、気にかけてくれるお友達も現れつつあるようでした。

そんな中

体育祭の練習が始まりました。

問題は学年競技の大縄。
30人のクラス全員が、1本の大縄を息を合わせて跳び
クラス対抗で回数を競い合うのですが

大きな集団は元々苦手・・・
その上、大縄を一緒に跳ぶなんて娘には難しすぎて
私的には見学でもいいんですけど・・・

が、先生は練習に参加させてくださいました。

女の子が声をかけてくれて
最初は女子5人くらいのグループで練習し
その時は、どうやらなんとか跳べていたそうなのですが

全員で跳ぶのはやっぱり難しく
一度も跳べないみたいです。

それから毎朝、朝練や昼練があって
それにも参加させてもらっていました。

娘には、3回つまづいたら見学、というルールで
3回までは頑張って跳ぶように挑戦することになっていました。

ある時は、3回ルールで終わって見学していると

「もう一回、一緒にやりませんか?」

と、先生に声をかけてくれた女の子がいたそうです。

自分本位でも仕方がないお年頃なのに
うちの子を仲間に入れてくれようとする子がいることが嬉しかったのと

反面、
そんなお友達の熱意に応えることができない娘のことが
本当に申し訳なく

とてもとても複雑な心境になりました。

そこで
担任の先生にご相談して
交流級のクラスの子に向けて
メッセージを届けてもらうことにしました。

娘をクラスの一員として仲間に入れてもらってありがとう、ということ。
でも、きっときっと面倒をかけて
みんなの期待に応えられないことに対してのお詫び。
それから娘の性質というか特徴?
みんなが当たり前にできることでも
娘にとっては難しくて、人一倍努力しないとできないことも多いこと、
努力してもどうにもできない事もあること、
みんなと共に活動することは少し苦手なことだけど
みんなと一緒に頑張ったら楽しかったとか
自分なりに力が出せたな、という経験を
みんなと共にさせてもらえませんか?ということ。
それから
みんなは自分の持てる力を存分に発揮できる能力を持ってる、
そのことを幸せに思ってほしい。

そんな内容で預けました。

娘のことをよく知らない子にとっては
なんでこの子はこんな簡単なことができないのかな?とか、
面倒くさいな、とか
競技なのに邪魔だな、とか
何かと納得いかない部分があったと思います。

私も、中学生を相手に
この子を理解をしてください、という考えはまったくなく、
ありのままの娘を知ってもらえればそれでいいという気持ちで
日々を過ごしているのですが

娘自身が、
自分からお友達に向けて発信する力が
あまりにも弱すぎるので
背中をそっと後押し
娘にとっても
私の応援で心強くなってくれれば、という思いで
書いたものです。

  


     つづく
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-10-03 19:47 | 私のきもち

村上君

村上君は他校の生徒で
区内の中学校の交流会では
たまたま娘と同じ班なり
班長をしている子らしい。

月に一度の余暇活動でも会うらしく

時々、村上君の話は聞いていたけれど。



今日の余暇活動は、集合場所のケアプラザから
みんなで一緒に駅に向かい電車に乗って活動場所まで行き、

帰りは
現地解散
駅まで帰ってきて解散
ケアプラザまで帰ってきて解散
いろいろある流れ解散だった。

うちは、駅か、ケアプラ、どちらでも良く、

「駅で迷わずバス停まで行かれそうだったら駅でいいし、
 自信がなかったらケアプラまでみんなと一緒に行きなね。」

「うん。たぶん、ケアプラがいいと思う。」

と、言っていたので

てっきりケアプラ経由で帰ってくると思っていたら。。。

予定の時間を過ぎてもなかなか帰ってこないので
少し心配になっていたところ



「ただいま~」

「遅かったね、どこからバスに乗ったの?」

「駅から乗ったよ。」

「駅でバス停に上がる階段、わかったの?大丈夫だった?」

「一緒に駅で解散の子がいて。一緒に来た。」

「ふぅ~ん、そうなの?誰?」

「村上君。」

「え?村上君?村上君はどこ行きのバスに乗るの?」

「○○バスセンターって言ってたよ。」



   あら~、うちの子の乗るバス停とは反対側のバスセンターだ。



「村上君が○○駅行きのバス停教えてくれたの?」

「うん、バス停まで案内してくれた、ここだよ、って。」

  
 
   そこまで教えてもらわなくても、あなたわかってるでしょうに・・・。



「そうなんだ~、村上君てしっかりしてるんだね、でもってジェントルマンだね。」

「うん、あのね~、好きな人ができちゃった。」

   

    ・・・・・まあ、聞かなくてもわかるけど、一応聞いておこっかなっ



「え~!好きな人ができたの~?だれ~?」

「村上君。」

「そうだよね~、ママもさ、そういう親切な人が好きだよ^^」



で、いろいろ話していたら
どうも駅に着いた時間と、家に帰った時間との計算が合わないので


「なんかさぁ、時間が変じゃない?駅には何分に着いたって?
 本当は時計見てなくて時間はわからないんじゃない?」

「ううん。村上君が時計してたからわかるよ。」

「?」

「あのね~、ちょっと寄り道してた。」

「?」

「駅のベンチで休憩して、お話しちゃった。」

「っあ、そうなんだ~。ならいいんだけどさぁ。
 村上君と?何のお話してたの?」

「ないしょ~♪」

「村上君、どこの学校行くの?とか聞いた?」

「うん、それはまだ聞いてない。」



ふふっ これから聞くんかいっ


なんか楽しそうである。
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-09-21 19:37 | すてぃっちのつぶやき

褒め少なっ


夏休みの旅行中に
息子のテニスの試合が入ってました。

日時も、試合会場も
直前まではっきりわからなかったのですが

まあ、いつになったとしても
御殿場から会場入りして、終わったら御殿場に帰ってくればいいよ、

と、言っていたのですが
そうはいっても

神奈川県内のどこの会場になるのかわからず
横須賀~ とか言われたら
ちょっと遠くて朝がきついな・・・と思っていたら

うまいことに小田原だというので
比較的近い側で
なんとまぁラッキー。
その上、旅の最終日でもあったので
試合が終わったら普通に帰宅すればいいわけで
私もホッとしました。

今は昔と違って
なんでもすぐに調べられるので便利ですよね。
行き方、乗換駅、時刻、かかる時間・・・

高校生とはいえ、乗ったこともない電車に乗って
知らない場所に行くって
心配かな~ と私は少し思ったりもしましたが

本人は平気そうで、
そうか、私が思うより、もう大人なのね・・・と思ったり。



ただ~~~~~(ここからスイッチオン)

試合に持って行く荷物をねっ、

もう家に取りに帰ることはできないんだからっ、

絶対に忘れちゃいけないよっ、

と旅行前に何回も言って、確認したにもかかわらずっ、

あのアホアホは

試合前日、テニスコートを借りて練習しに行こうとしたときに
  


「じゃじゃ~ん。ほ~ら、オレ、試合球も忘れずに持ってきたしっ!」


とか言いながら手に持ったかと思ったら


「あら?コレ、試合球じゃないやつ持ってきちゃったじゃん!」

 


    はぁぁ~~~~~?????


    なにやってくれちゃってんのっ???





じゃじゃ~ん じゃないよっ

「あんたっ・・・何回、私が言って確認したと思ってんの?
 なんで試合球かそうじゃないか、中味の確認をしないの?
 もう~、ほんとにあんたっ 情けない・・・・」

試合球を持って行かないと、試合には出場できないらしく
行っても無駄ってことになるわけで。

うちのアホ、ダブルスに出るので

「じゃぁ、すぐに相方に連絡して、持ってくるように言わなきゃじゃん。」

と言ったところ

実は最近、これまでの相方が部活を辞めて
新しく後輩とペアになったのだけど
意思の疎通がはかれないとかで
連絡先が曖昧のようなことを言っている。

もっとも、私が心配することじゃなく
本人がどうにかする問題なので
別に関係ないのですが

やっぱり聞いちゃうと気になるし
いらっ としちゃうし

とにかく

この一件で、すごーく疲れてしまいました。

娘にも

「まったくどうだろ、あの人は・・・ぶつぶつ・・・」

と愚痴を聞かせ

「しょうがないね~。」

と同情され・・・。



その後、彼のピンチの乗り越え方は

今どきでした。

メールで友達にお願いすると同時に

LINEでつぶやいたらしいです。

 明日試合なのに、試合球なくて困ったな 的なことを。

そしたら、同じ部の女の子がそれを見て

「その後輩なら今、ここにいるよ、持って行くようにいっておく。」

メールを送った友達も「なんとかするよ」と言ってくれたみたいでした。

みんな頼りになるんだけど、

あんただけだよダメ人間は・・・ と思う母。


ただ、そういった返事がくるまでには
タイムラグがあるわけなので
その間、私は、気にしまい、と思っていても
気が気でなく(本人はそうでもないのかもしれませんが)



ネットワークでの解決をみた時には

はぁ~~~、今どきだな~~~ 

と思いました。



とにかくアホに かわりはありません。

あいつのアホはいつ治るんだろか????



でも・・・

先日、文化祭で、調理販売っていうの?
クラスでパスタ屋さんなんかやって
とっても忙しそうに、よく働いていたのを見て

やる時はやるじゃん・・・ 

アホだけど。 (褒めるところが4行って少な過ぎ?) 
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-09-13 20:03 | こじかくんとすてぃっち

夏休み記録

またずいぶんほったらかしにしてしまったけれど
この夏休みの記録は残しておこう。

最近、めっきり思い出とか、記憶とかって
あ~、あれっていつの出来事だったけ?
と、振り返ろうとするとまるで見当違いになったりする、
時の感覚とかも若い頃と違うのか・・・老化現象なのか・・・
まあ
備忘録として つけておかないと。。。

私たち夫婦の実家は 今いる地元なので
帰る田舎がないものだから
田舎がある人たちを羨ましく思ったりします。

そんななので、
だいたい夏の旅行は1年おきに場所を決めていて
この夏は
御殿場高原時の栖
の番でした。

何が楽しみって、食事とビールが美味しいので^^

今年は特別の楽しみもあった。
娘が小学校3年生で、一般級から個別支援級に転籍したときに
一緒に個別支援の担任になったベテラン先生の別荘にお邪魔することになってたんですね~~~

娘が5年生に上がる年に定年退職されて以来、
お会いしたのは運動会と、卒業式の2回ほどで
あとは娘とメル友でやり取りはしていたけれど
お会いするのはほんとに久しぶり。

パワフルさは以前と変わらず
すてきな先生のままでした。

・・・で、別荘が、豪邸で。
かくれんぼができそうでした。すごい。。。

娘は、ベテラン先生に対しては、小学生の頃は少し緊張感を持って接していた というか
先生が、そのように育ててくださってたので

小さくてかわいいからと言って、「ちゃん」付けで呼ぶこともしなかったし
普段から「ですます」調でお話するように躾けてくださって

先生と生徒のけじめをしっかりしていたので

先生と手をつなぐようなことはなかった。

でも、今回お会いした時は
最初こそ、照れて緊張した様子の娘が
いろいろお話したり
お部屋ですっかりくつろいでゴロンと横になったり

「先生、写真撮ろう」

と言って先生と肩を組んだりしたので

先生も

「あら、こんな風に肩なんて組んだことなんて、今までなかったのにね・・
 どっちかっていうと、私のそばから離れてたわよね、怖くって」

怖くって、は冗談だけど、確かにそんな感じだったわ、と思って

けじめはある、でも信頼関係もある、いい感じ~。

本当に良い関係で、またゆっくりお会いしたいな~ と思いました。

先生、ありがとうございました。


二泊三日、あとの活動はこんな感じ。

a0065062_1471118.jpg
「箱根八里は馬でも越すが 越すに越されぬ大井川」で有名な大井川にかかる200mの吊り橋
高さが高くて、けっこう揺れるので
娘、怖すぎて渡れず・・・
実は私も橋の途中で足元の写真を撮ったものの
あまりの怖さに中途半端な意味不明の写真になってしまったのでボツ。
地元の高校生は普通に自転車でぴゃ~っと走っていたのでびっくり!



a0065062_1474793.jpg


二日目は久能山東照宮に行ってみた
知らなかったのですが、東照宮って日光にしかないのかと思ってたら
全国に600あるんだとか。
その中で、久能山は一番初めにできたそうな。

地形と言い、云われといい、歴史好きは人にはたまらないと思います。
私は楽しかった、暑かったけど・・・

ここで娘が引いたおみくじは大吉で
進学、叶う とあり。
信じようっと。


a0065062_1481219.jpg


時之栖で、世界初の噴水ショーをやってた
いやぁ~~~~ 良かった。

でも実はこのショーを見た2日目には
血圧が上がりそうなできごとがあり
(察しの良い方はおわかりかと思いますが 原因は息子であります)
色々気がかりがあったのですが
その顛末はまた後日。

a0065062_1483249.jpg


涼を求めて柿田川湧水公園へ

あまりに暑過ぎて 行っても涼しくならず。
この夏は暑過ぎましたね。。。。



とにかく飲んで、食べて、楽しかった夏。


あ、そうそう、帰りに寄った地球博物館で
さかなクンにお会いしました。

娘、ここでも近寄らず・・・   最近、なんにでもビビッてます。
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-09-07 14:31 | その他いろいろ

マンモス

この夏休みはいろいろお出掛けできたかな~

大好評のマンモス「YUKA」展~シベリアの永久凍土から 現れた少女マンモス~
a0065062_2073418.jpg

見てきました

私の知るマンモスの知識は
子供の頃に夢中になって見てた「はじめ人間ギャートルズ」のマンモスくらい・・・

だから、すごーく大きい、恐竜みたいなサイズかと思い込んでいましたが
実際のマンモスはアフリカ象より小柄らしい。

でも人間がみんなで狩りをしてたことはギャートルズの通り^^
懐かしいな、ギャートルズ。

ケマンモスの毛に実際触れることもできまして
これは~
想像と違って硬かった

研究が進むと、今後、もしかしたらマンモス復活・・なんてことも
あるかもらしい~ 

肝心の「YUKA」ちゃんですが
まだ子供なので小さかった。

そう考えると、なんだか可哀想な気もしてきて・・・


この日も横浜はとっても暑かったので
自転車タクシーに乗っての移動。

娘・・・暑さに弱いので~~~

a0065062_20353912.jpg


さすがに赤レンガ、大桟橋には人けもまばら。。。。
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-08-25 20:36 | その他いろいろ

絵画

a0065062_21472538.jpg

今、話題のフランス絵画300年プーシキン美術館展

横浜美術館にて


絵画への造詣はまったく持ち合わせてない私ですが

それでも行ってみて
とっても良かった。
本物を直に自分の目で楽しめました。
300年前の絵ってきいただけでも
ワクワクしちゃいますし
私でも知ってる有名な画家
マチスやゴーギャン、ルノアール、
ゴッホ、ピカソ、、、
なーんて
すごいですよね。

なので、とても大盛況でしたけどね。

その日はマークイズで開催中の
サザンオールスターズ「ピースとハイライト」展にも行き
桑田さん直筆の歌詞を見ながら曲を聴いて深く感動したりしました。

サザン35周年…
それぞれの時代に思い出があります。

きっと皆さん、そうでしょうね。
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-08-16 21:46 | その他いろいろ

暑いけど

a0065062_10511293.jpg



暑さに負けず
最後まであきらめず

明るく楽しく

そんな日々を心がけ
元気にいきたいと思います。

皆さまもどうぞお身体に気をつけて。



がんばろっ!
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-08-15 10:50 | その他いろいろ

はじめての・・・



はじめての作品


a0065062_1913212.jpg




まだまだ頑張ります^^
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-08-10 19:16 | すてぃっちのつぶやき

映画

前回、ディズニーシーで奇跡の出会いをしたお友達と
今回は、モンスターズユニバーシティを観に行った

朝一の回なら空いてるかな?と思って行ったけど

すでに残席わずか、、、って表示!

つながって座れる席はなく、購入は4席離れ離れだったけど

実際には、隣の親子連れの方が1席ずれてくださり、
子ども達は一緒に並んで観ることができた。

映画は凄く面白くて
私には前作をを上回る面白さで(主人公の人となり?とかが)楽しかったぁ♪

娘も気に入ったらしく、
見終わってから、サリーの決めポーズとかしきりに真似してたっけ。



さて、その日の帰りも

奇跡の出会いの二人は

またもや別れ際が大変だったんですけど…


毎回涙の別れって~




a0065062_19394324.jpg



また広告の裏
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-08-07 12:34 | その他いろいろ

もってる?


夏休み前から
「行きたいな~」
と言っていたので(パパっちが)
先日、ディズニーシーに行ってきた。

この日から息子はテニスの合宿だったので
親子3人に行くことに。

偶然、同じ日に娘の同級生の女の子も
ママとおばあちゃんと3人で行く

と、聞いていたので

娘はそのママに

「一緒に行きましょう。何時に待ち合わせますか?」

とまで言ったそうだけど

お友達は身体が弱いので

朝の時間もゆっくり行くし、
たぶん、すてぃっちちゃんと同じペースでは回れないと思うから・・・

と言い、特に一緒に行く約束はしなかった。

だけど、娘は朝から

「○ちゃんはもう行ったかな・・・」

「○ちゃんは着いたかな・・・」

「○ちゃんと会えるかな・・・」

「○ちゃんは・・・」

と、ずーっと気にしてて。


着いてからも

「ママ、○ちゃんにメールした?」

と何度も聞いていたけど

「○ちゃんはゆっくりお家を出るって言ってたから、まだ来てないんじゃないかなぁ?
 どこかで会えたらいいねぇ。」

と、答える。


そんなことを言いながら、ショーでずぶ濡れになり

いったんトイレ休憩したあとに

「それじゃ、トイストーリーマニアに行きますか。」

と、向かおうと階段を上がって歩き出したところで

聞き覚えのある声が・・・

「あ!○ちゃん!」

なんと奇遇にも 今来たところ・・・ というお友達にばったり!

約束しててもこんなぴったりには会えないんじゃないだろうか、というタイミングで
会えてしまった!

人がたくさんいる中で

あの時、たまたまお友達が声を出してなかったら気がつかなかったかも。

お友達は車いすでの移動だったけど
彼女が帰る夕方まで一緒に過ごすことができた。

娘の念が通じたのか、はたまた神様がそうしてくれたのか

すごいな~~~~~と思わないではいられず。

娘たち、何かを持ってるのかも????


さて、前の日まで

「アトラクションはパパと乗るんだ~。だからママはどうする?」

とか言ってた娘だったけど

お友達と会ったら

「私は○ちゃんと乗るから」

と、あっさりふられたパパっち・・・。 ウケる^^

お友達家族のおかげで
私たちもとても楽しく過ごせたけど

楽しかっただけにお別れがつらくて
お友達は泣いて怒ってた

そのくらいに娘を仲良く思ってくれてることも
ありがたくてうれしい。


ちなみに
夏休みスタートしたばかりだったせいか
意外と空いてた。

夏のイベントが既に1つ終わってしまい
残りの夏休みをどうしましょ・・・  まだまだ長い・・・
[PR]

# by tiisai-ningyo | 2013-07-31 22:07 | Disney