<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

もってる?


夏休み前から
「行きたいな~」
と言っていたので(パパっちが)
先日、ディズニーシーに行ってきた。

この日から息子はテニスの合宿だったので
親子3人に行くことに。

偶然、同じ日に娘の同級生の女の子も
ママとおばあちゃんと3人で行く

と、聞いていたので

娘はそのママに

「一緒に行きましょう。何時に待ち合わせますか?」

とまで言ったそうだけど

お友達は身体が弱いので

朝の時間もゆっくり行くし、
たぶん、すてぃっちちゃんと同じペースでは回れないと思うから・・・

と言い、特に一緒に行く約束はしなかった。

だけど、娘は朝から

「○ちゃんはもう行ったかな・・・」

「○ちゃんは着いたかな・・・」

「○ちゃんと会えるかな・・・」

「○ちゃんは・・・」

と、ずーっと気にしてて。


着いてからも

「ママ、○ちゃんにメールした?」

と何度も聞いていたけど

「○ちゃんはゆっくりお家を出るって言ってたから、まだ来てないんじゃないかなぁ?
 どこかで会えたらいいねぇ。」

と、答える。


そんなことを言いながら、ショーでずぶ濡れになり

いったんトイレ休憩したあとに

「それじゃ、トイストーリーマニアに行きますか。」

と、向かおうと階段を上がって歩き出したところで

聞き覚えのある声が・・・

「あ!○ちゃん!」

なんと奇遇にも 今来たところ・・・ というお友達にばったり!

約束しててもこんなぴったりには会えないんじゃないだろうか、というタイミングで
会えてしまった!

人がたくさんいる中で

あの時、たまたまお友達が声を出してなかったら気がつかなかったかも。

お友達は車いすでの移動だったけど
彼女が帰る夕方まで一緒に過ごすことができた。

娘の念が通じたのか、はたまた神様がそうしてくれたのか

すごいな~~~~~と思わないではいられず。

娘たち、何かを持ってるのかも????


さて、前の日まで

「アトラクションはパパと乗るんだ~。だからママはどうする?」

とか言ってた娘だったけど

お友達と会ったら

「私は○ちゃんと乗るから」

と、あっさりふられたパパっち・・・。 ウケる^^

お友達家族のおかげで
私たちもとても楽しく過ごせたけど

楽しかっただけにお別れがつらくて
お友達は泣いて怒ってた

そのくらいに娘を仲良く思ってくれてることも
ありがたくてうれしい。


ちなみに
夏休みスタートしたばかりだったせいか
意外と空いてた。

夏のイベントが既に1つ終わってしまい
残りの夏休みをどうしましょ・・・  まだまだ長い・・・
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-07-31 22:07 | Disney

白い!

初めて見たので写真に撮っちゃった

a0065062_11282158.jpg


娘たちが学校の畑で育てた白ゴーヤ。

白がまぶしい~

輝いてる感じ~



夏休みでも、たまに登校して野菜のお世話をし、
収穫し、先生や友達とかき氷を作って食べて帰る


一般級の生徒さんは部活動などで
自分と仲間との時間がありますが
個別級の子には長い休みの間
なかなか仲間との時間を作るのが難しいので
娘のクラスではそういう時間を作ってもらっています。
臨時『畑部』って感じでしょうか…


緑のゴーヤも収穫^^

a0065062_11473992.jpg


おいしくいただきました♪
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-07-27 11:27 | 学校

アレンジメント


a0065062_2225756.jpg


娘が
今年もお世話になっているケアプラザの余暇活動にて
作ったお花のアレンジメント
こちらが去年の作



講師の先生をはじめ、
ボランティアさんたちにもかわいがっていただいるのは
今も変わらず。

作品として、活動した事が形に残るのは嬉しい。





なんだか写真の色が悪かった・・・・

も少し鮮やかなんだけどぉ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-07-24 22:08 | すてぃっちのつぶやき

踊る

しばらく前の話になりますが
F先生のお宅に修学旅行のお土産を持って行った日のことです。

その日はたしか土曜日で、夕方娘と2人で先生のお宅に伺うと

「あら~、お土産持ってきてくれたの?
 あぁ、実は先生もお土産があるのよ~。」

と言って、旅行のお土産を取りに一旦お部屋に戻られると
中からバタバタと足音が聞こえてきて

先生の孫の小4Mちゃんが

「今ね、私のお誕生会やってるんだけど、ママが、すてぃっちちゃんも
 来て~ って言ってるから、きて。いい?」

と、かわいく言ってくれている。

でも、時間が夕方の5時を過ぎていたので
さすがに

「でも、もう、夕ご飯の時間になるからね。」

と話してるところに先生が戻ってきて

「あら、ご飯もうちで食べていけばいいわよ。お誕生会って言っても
 Mと、いとこの○君と、あと、この子のママがいるだけだから
 気にしなくても大丈夫よ。
 帰りは送っていくから。

 ね、すてぃっちちゃん来てくれると楽しいから。ママいなくてもいいよね。」

いとこというMちゃんと同じ4年生の男の子も降りてきて

「友達?ふ~ん。いいよ。おいでよ。」

と元気に走りまわってる。

娘を見ると 少しはにかんで

「え~っと、それじゃあ お言葉に甘えて、お邪魔させていただきます。」




   え? なに ? その丁寧な言葉使い ?  

   オコトバニアマエテ  いつ覚えたのかしら・・・


とびっくりしている間に、先生とお別れし

私は一人で家に帰りました。




そのうちにF先生の娘でもあるMちゃんママから



「たのしくお話ししてます。(すてぃっちを)少しお借りします。」

「今、嵐の曲のダンスを披露してくれてます。」

などと数回メールがきて来て

そのたびに私は目を丸くしてしまいました。


踊ってる???

確かに家でもよく踊っていますが

よその家で というか

MちゃんとMちゃんママ、
F先生と、そのご主人のMちゃんのおじいちゃんは
いつも会っているのでともかく、

Mちゃんパパと、
初対面のMちゃんパパの妹と、男の子がいる中で踊ってるの????

超ビックリ~~~~


9時過ぎくらいに 
F先生と、「Kちゃん」と呼ばれているいとこのママ、子どもたち二人が一緒に
送ってきてくれて

「今日はね~、すてぃっちちゃんが来てくれて、ほんとに大正解だったわ。
 主役はすてぃっちちゃんだった。楽しかったわ~。あはは~。」

と先生。

私も初対面のKちゃんというママも明るい人で

「面白かった~。
 すてぃっちちゃん、私のことを『米倉涼子』って言ってくれました。
 ちなみにMちゃんママのことは『綾瀬はるか』って言ってましたよ。あはは~。
 すてぃっちちゃん、Kちゃんも今度会う時までに
 嵐のダンス、覚えておくからね。」

っていうテンションで^^


後から先生に聞いたところによると、最初こそ

ご招待ありがとうございます・・・

と、緊張の面持ちだったものの、

すぐに慣れたそうで。


・・・・ゴショウタイアリガトウゴザイマス    ???  これまたびっくり。


ふだんはできないこと、わからないことがたくさんあるように
私には思えてならないけど

思わぬことを

意外と覚えていたり、正しく使えたりするものなのだと
思った出来事。

先生、ありがとうございました。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-07-19 09:19 | すてぃっちのつぶやき

レポートについて


たくさんの木にかこまれて
雨にぬれたみどりがさわやかでした



前回写真だけ投稿した日記ですが・・・


修学旅行のレポートとして
学校で書いたもの。

すごく綺麗に書けていて
特に最後の「雨にぬれたみどりが・・・」のところが
詩人のようで

私は好き。

おたんちんのところもあるけど

こんな一面もあるの

悪くないでしょ^^   ふふ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-07-14 07:57 | 私のきもち

レポート

a0065062_238925.jpg


携帯から投稿してみる
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-07-12 22:55 | すてぃっちのつぶやき

電話

以前から、週に一度、
ご自宅で、娘と一緒に勉強してくれたり
遊んでくれたりしているF先生。

今日も元気に出かけて行った。

帰りはいつも娘がメールをしてくるので
私が迎えに行き、途中まで送ってくれる先生と会ったところで

今日はこんなことをしたよ、とか
こんなことがあったよ、とか
今度はこんなことをしてみよう、とか話ができる。

おかしなことも しょっちゅうする娘なので
恥ずかしくなっちゃうこともたくさんあるのだけど

今日は

「私がちょうど買いたいものがあったから、
 スーパーまで一緒に行ったの。(孫の小4)Mちゃんもいたから
 すてぃっちちゃんも喜んで行って
 アイスを一緒に食べたんだけど
 終わったら、お片付けを自分でしようね、と言ったら
 『私はしません』って言ってね。
 でも、Mちゃんも自分でしたよ、って言ったら
 ちょっとふてくされちゃって、今、機嫌が悪いとしたら 
 それが理由なの。アイス食べてる時まではご機嫌だったんだけどね^^」

あらまぁ、なんてこと!!

「ほんとにすみません・・・。」

娘は、F先生には本当の家族の様に接してもらっているせいか
緊張感もなく、甘えて、わがままし放題のところがあるので
そういう恥ずかしい態度は今に始まったことではないけれど

家では、自分の食器洗いは普通にしているし、
片付け忘れたごみがあっても、言えば普通に片付けてるのになぁ
なんで、外でそうなのかしらん・・・

へこみます。。。。

で。

家に帰ってから

「あなたさぁ、ママが怒らないといけないようなことをなんでする?
 自分のお片付けは自分でするのは当たり前のことでしょう。」

「・・・えーっと、それは・・・
 本当のことを言うとぉ~   (←これ、悪事がばれた時の口癖)
 
 本当はぁ、片付けようと思ったんだけどぉ~
 
 ・・・・・・
 
 ・・・・・・
 
 ・・・・・・
 
 あまのじゃくでした。     
 
 今度から、ちゃんとします。」


あまのじゃく・・・ってあんた・・・そんな言い訳かいな ガックリ。。。


「片付けよう、と思ったら、素直に片付けるでしょう。
 それを しない、ということは 思わなかった と同じことです。
 今度からします というのは ママには通用しません。」

と、静かにお話しました。



娘は部屋を出て行ったので

ふてくされたのかなぁ~ ま、いいや、放っておこう、と思っていたところ

どこか遠いところから 娘の声が。

なんだろ??? ひとりでしゃべってる???

「・・・・・ごめんなさい・・・」

とか聞こえてくる。


    ???????


そ~っと声の方へ行ってみると

お風呂の脱衣所で

なんと ひとりでF先生に電話をかけているじゃあありませんかっ!

そして、部屋に戻ってきて

「先生に、ごめんなさい、今度はちゃんと片付けます、って言ったら
 今度はそうしてね、って言ったよ。」

と、涙がこぼれるのをこらえながら報告するので

つられて泣きそうになってしまいました。


私が叱ったことに対して

自分の判断で 先生に電話で謝ろう と行動したことは

私には予想もつかないことで びっくりしたし

偉いな~ と感心もしました。

成長してるんだね・・・と。


その、立派になったな、と感じさせてくれる部分と
アホみたいに幼稚な態度 とのギャップが

私を混乱させますが。

そこが娘の愉快なところであったりもする^^;
 
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-07-12 19:57 | すてぃっちのつぶやき