<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

かた雪かんこ しみ雪しんこ

朝起きたら、少し雪が積もっていて
予報通りじゃん とか思いながら

すてぃっちには
いつもよりも早めに支度をさせて
ゆっくり気をつけて歩くように注意し
玄関の外まで送り出したのだけど

うちから学校までは丘を越えて行くような感じなので
坂道が滑ったりしないかと
心配になって

そのままくっついて学校近くの坂を下るところまで一緒に歩きました。

まだ誰も歩いていない駐車場に積もった真っ白な雪を踏みしめながら
すてぃっちは

「『かた雪かんこ しみ雪しんこ』だね♪」

と言いました。

それは宮澤賢治の「雪わたり」。

5年生の時の教科書に出ていて
当時まだ先生一年目で
担任だったフレッシュ先生が

「宮澤賢治は抽象的な文章で難しいですよね。
 でも、すてぃっちさんだったら頑張れると思うんです。
 そのかわり、これに取り組んだら他の単元には進めないかもしれません。
 お母さん、それでもいいですか?
 今、すてぃっちさんには
 あれもこれも と進度を進めるよりも
 ひとつのことにじっくり取り組んで
 自信を深めることも大事だと思うんです。
 時間をかけてすてぃっちさんに理解できるように私も頑張ります。
 進めながら読解を深めていきましょう!」

と、本当に一生懸命、半年くらいかけて
この一つの作品に出来る限りの準備と工夫をして
国語の授業をしてくれていました。
(今思っても、本当に一年目からよくできる先生だった^^)

すてぃっちには
教科書の小さな挿絵だけでは
賢治の世界をイメージするのは難しいだろうからと

「図書室でいい絵本があったんですよ~♪」

と、雪わたりの絵本を使ってくれたりしたのも
その工夫の一つでした。

当時、初任指導をしていた元こじかの担任の教務主任も
すてぃっちの頑張りと、フレッシュ先生の指導を褒めてくれていました。

そんな思い出の「雪わたり」。

真っ白になった風景を見て
それと
雪を踏みしめた感触から

あの2年前にフレッシュ先生と二人三脚で頑張った「雪わたり」の一節を思い出し

リズミカルにつぶやいたすてぃっちが

本当に愛おしかった。

もし例えば「雪わたり」の試験をします・・って言ったら
正解を書くことは難しいかもしれないけれど

こうして すてぃっちの心に残っていて
その引き出しを開けることができるというのは
試験で高得点を取ることよりも
ず~っと情緒的で素晴らしい。

フレッシュ先生とのめぐり合わせにも
今再びありがたさを感じちゃったりして

最近涙もろい私は洪水状態であります。

フレッシュ先生にもこの事や
私のうれしかった気持ち、報告しなくちゃな~。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-29 10:21 | すてぃっちのつぶやき

本音

生まれたばかりの頃こそ
ダウン症の事をどう受け入れるか、とか
これからどうやって子育てしていこうか、とか

そういうことにとらわれて毎日を過ごしていたけど

日々の生活の忙しさや
ちょいちょいあるオモシロの出来事に

そんなことはどうでもよくなったりして

ダウン症もなにも関係なくなく

普通に子育てをしてきただけなんだけど

そりゃあ 時折、

こじかの時とは違うことをしたり考えなくちゃならないこともあって
それに煩わしさを感じることもあったけど

この頃はもう別段
何もダウン症だからどうこう というのは思ってない私なのです。

こじかはこじか
すてぃっちはすてぃっち

それだけ。

だけど

先日中学校のすてぃっちの交流級(といってもほとんど交流してないけどねっ)の
学級通信が配られて

道徳の研究授業が行われたことと
その内容について書かれていました。

かさねがさね言うようですが
すてぃっちはその授業にも参加はしてないんですけどね^^

ある資料となる小説を読んだ後
「私の親自慢」をワークシートに記入する、という授業だったようです。

その自慢がいくつか紹介されていて

・お菓子作りがうまい
・英語がしゃべれる
・何事にも一生懸命
・遠くまで試合を見に来てくれる
・料理がおいしい
・キャンプに連れていってくれる
・毎日お弁当を作ってくれる
・あきらめないところ

と、ありました。

あ~あ・・
もしも、すてぃっちがみんなと一緒にこの授業を受けられる子だったら
どんなことを自慢にしてくれたかなぁ

と、つい思ってしまってですね・・・

なんとも切ないというか
ちょっぴりひがんじゃってるのかもしれないんだけど

そういう風に思っちゃう自分が
めんどくさいというか
煩わしいというか

ばかじゃん とか思っちゃう。

この悪い癖は一生治らないかもしれない。

そんな自分に落ち込むんだよね・・・・。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-28 10:43 | 私のきもち

青春

今日、すてぃっちが言いました。

「こじかちゃんも高校生になるんでしょ。
 すてぃっちも、3年生になったらその次は○○高校に行くんだ。」

○○高校というのは
私が通わせたいなぁ~と思っている高等養護学校のことなのですが
もしかして学校でも進路の話などしているのか、
そんな事を言いだしました。

その学校に入れたら、ほんとに夢のようなんですけど・・・。

本人がそのように思い込む ってことがまずは第1歩だと思うので
それを聞いた瞬間に

「でかした!すてぃっち!」

と思った私です。

こじかの方はというと・・・・

もうお年頃なので
あんまり詳しいことを書くのはもう憚られるのではありますが・・・

彼女ができました。

こじかおたくの私なので
本人が黙っていても
なんでもわかっちゃってる
彼女ができたこともお見通しなんたが
とりあえず知らん顔。

でも本人も黙っていられる性格じゃないので
言いたくて言いたくてしょうがない^^;

「あんたさぁ~、バレンタインにチョコもらったら
 隠れてコソコソ食べてるんじゃないよ~。」

って、私に告白しやすいパスを出してあげたら

バレンタイン前日の夜

「あのさ、オレ、ストラップを作りたいんだけど、材料とかある?」

ビーズとか金具とかいっぱいストックがあるので

「はい、これ。どうぞ♪
 ところで、作るって自分の?誰かにあげるの?」

「う~ん、まぁね~。」

「あっそぅ、彼女に?」

「まぁ、そうだね。」

って言いながら

金具の付け方とかわからない 
とか言うのを教えてあげ
ストラップ作りに協力。

アホな親子だな~とか思いながら

悪くないな~ と思ったり。

後日

彼女が携帯につけてくれた写メを送ってきて
それを私にも見せるアホ。

青春って感じだね~

羨ましいな~

まぁ
いっぱい恋でもするがいいさ^^
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-25 18:52 | こじかくんとすてぃっち

無題

すてぃっちのインフルエンザはパパっちにうつり

すてぃっちのクラスも学級閉鎖になったりして

今週は長いような短いような
おかしな感覚になっています。

今日から閉鎖が明け、すてぃっちも久々に元気に登校していきました。

巷では小中でも留年制度に賛成の人、反対の人
いろいろなお考えの人たちがいるようです。

実際、現場の先生はどうお感じになるのでしょうか
知りたい気もします。

単純に、高校大学の留年のように
学年丸ごとやり直し、というのだったら
今の学級運営でいけるように思うのですが

教科ごとに下の学年の勉強、というやり方にするとなると
現場はすごーく混乱するような気がします。

外野からは「こうすりゃいいじゃん」みたいに理想的な事を
らく~ に言いますけど

現場の先生って、何か制度や仕組みが変わりますよ~ ってなると
今現在の制度の仕事をこなしつつ
次の制度のための準備をしなきゃいけないけど
じっさい追いつけない状態のまま始まっちゃってる・・・といったことが
あるわけで

その狭間にはまる子どもたちが不利益を被るような気がするんですよね。。。

「留年」 って言葉にインパクトがあるから
そこにみんな着目しちゃうけど

私もあまり詳しくはないけれど
うちの市では
教科学習を個別に指導する支援もちゃんとあって(名前を忘れちゃった)
保護者からの相談があれば
例えば算数が苦手で、4年生の授業はわからない、という場合
算数の時間だけ、別の教室で3年生の学習を教えてくれるとかあるんですけど

結局、とりこぼしのないようにする っていうのは
そういう事なのかなって思うけど違うかな?

学校って週休2日になったために
5日間、結構キュウキュウなスケジュールで動いてて
勉強の時間の他に体験的な時間があったり行事があったり

すてぃっちなんかも
個別級と普通級の間の移動でさえも
スケジュールの関係で交流できない ってことも
あったし

例えば私が習字の指導に行く時の予定の組み方も
他の予定とかぶらないような日に設定するように
先生がご苦慮されてるし

現状を変えるって、大変なことだと想像できるんですね~。

学習の習熟度っていうのも大事ですけど
どうなんでしょうか・・・

精神面での成長も
年々、幼くなってきてるように感じてるのは
私だけなのかなぁ

と、まぁ 詳しい事はわからないし
ただのおばさんの寝言ですけどね^^
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-24 11:04 | その他いろいろ

雑感

私が役を務めている委員会も
年度末の閉めが近づいてきました。

会計担当なので
監査の準備とか
かといってまだまだお金の動きはあるし
じたばたしてるところです。

ときに無責任な人がいて
はらわたは煮えくり返りそうな時もありますが
「大人の対応」ってやつで笑顔です^^;

なんで私がこの役をやることになったかといえば
なんだかなりゆきというか

私がやらなくてもよかったような・・

という気もするのですが

お世話になった小学校への恩返しとか
それなりに社会勉強になることもあると思うしかないわね。

たぶん他の学校では
もっと年配の方が務めてらっしゃると思うんで

私の若さでやってる人はいないと思うんだけどね。

だから
先生方には感謝の言葉はいただくけれど
なんか私「変わり者」みたいで抵抗があるんだよね
お願い、何にも言わずにそっとしといて・・って思ってる。





先日、パパっちとラブラブで映画“麒麟の翼”観てきました。
深い。いいお話でした。
阿部ちゃんとか、中井貴一とか、すごくいい役者さんですよね~。




今、すてぃっちがインフルエンザで休んでいます。

2年前の大流行の時にかかっているし
毎年予防接種もしているのに

かかっちゃったかぁ~

平熱が35度台と低いので
ちょっと熱があるとすぐふらふらになってしまう子ですが

布団で横になっているぶんには
とても元気いっぱいで
お話したり、音楽を聴いたりしています。

寝とけ って思うんですけど。

学校からの連絡によると
個別級10人中、5人が休んでる  って言うじゃない!
もうそれって学級閉鎖じゃないんですかい?(でもならないみたい)

今週予定してた
陶芸教室もパン作り教室も
キャンセルになってしまいました。残念。

それでも公文の宿題はやろうとしてる。

恐るべしすてぃっち!
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-18 09:44 | その他いろいろ

助けられる

夕飯の支度をしていたら
材料のパルメザンチーズが足りなくなってしまいました。

あら・・・どぉしよう・・・

「すてぃっち~、ちょっと、おつかい行ってきて。」

「何を?」

「粉チーズ・・って言ってもどこにあるかわかんないか・・。
 これと同じの買ってきてほしいんだけど・・・。
 そうだ、これを持って行って、店員さんに
『これどこにありますか?』って聞いて買ってきて。」

と、空き容器を持たせました。

「うん。」

と言って近所のスーパーに出かけて行ったものの

ちっとも帰ってこないので
日も暮れて真っ暗になってきたし
おじいちゃんも心配して

「店員さんに聞けないで困ってるんじゃないか?」

と、様子を見に行ってくれました。

ややしばらくして
2人で帰ってきたのですが

おじいちゃん曰く
近所のお友達のママと一緒に帰ってきてた

と言うので、すぐにお礼のメールをしたところ

「チーズの場所はわかったみたいなんだけどね、
 同じメーカーのがないから悩んでいるところをIさんが見つけて
 tiisaiちゃんにメールしようと思ったらしいの。
 でも携帯持ってなくって、私に『携帯持ってる?』って聞いてくれたんだけど
 私も持ってなくて。それで、メーカー違うけど、一応これ買っていこうか?
 って言って、買ってきたんだけど、それでよかった?
 帰りが遅くなったのは、私の買い物に付き合わせちゃったからなんだけど
 『お菓子、買いすぎ~!』とか言われて、楽しかったよ♪」

あらっ、最初の発見者のIさんにもお礼言わなきゃ

「チーズにこだわりがあったみたいでね^^
 悩んでたから、メールしようと思ったんだけど
 ちょうどGさんがいたから、あとはお任せしちゃったの。」

食材のメーカーになんて
こだわりのない大ざっぱな我が家なんですが・・・・

私が空き容器なんかを持たせてしまったばっかりに

かえってそれがアダになったみたいでした(汗)

でもなんだかみんなが助けてくれたので
とってもありがたくって

友達は大事にしなきゃいけないな~~~~
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-11 09:12 | 私のきもち

百人一首

もう2週間くらい前の話になります

学校で百人一首大会がありました。

4人一組のクラス対抗戦だったかな?
交流級の生徒の中にまざっての参加。

すてぃっちは
12月くらいからお勉強し始めたけれど
まだ14首しか覚えてなかったし

慣れないグループの中に入って札をとるなんて
難しいと思っていたので

ま、覚えることは淡々と毎日頑張りつつも

競技でとるのはまた話は別だから と

あまり期待もしていなかったです。

それが

帰ってきて言う事には

「6枚とれたよ^^」

「え?6枚もとれたの?」

「え~っとね~、『ちぎりきな~・・・』とねぇ
 あ、あと『いにしえの~・・・』だったかなぁ
 ・・・・あとは忘れちゃった。」


これからも毎日取り組めば
来年の大会までに100首全部覚えられるだろうから・・・

「よぉし!来年はもっとたくさんとれるように頑張って覚えようね。」

「うん」

目標ひとつ、立ちました。


a0065062_8413721.jpg

[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-10 08:42 | こじかくんとすてぃっち

安堵

こじかが
無事に
公立高校の試験に合格しました。

私が卒業した母校に。。。。。

とりあえず よかったです。


今朝、合格発表を見に行く前に
お友達から

「大丈夫、努力は報われてるよ。
 自信を持って行きな。」

というメールをもらって
嬉しそうに見せてくれました。

私は、その子の気持ちに感動して

「いいお友達だね。」

と、言ったのですが

夕方には別のお友達から

「合格おめでとう。俺は後期試験で頑張るよ。」

というメールが来て
また見せてくれました。

彼は自分は残念な結果だったのですが
絵文字を使って気持ち良く「おめでとう」と言い
気持ち良く「頑張るよ」と言うので

また私はその気持ちに感動して

「いいお友達だね。『ありがとう』ってしっかり言って
 次の試験の応援しなきゃね。」



合格も喜ばしいことですが
こじかの周りにこんないいお友達がいるということが
嬉しく感じた一日でした。


とりあえず
本人は ほっとしたんではないでしょうか

それでも今夜も塾に行ってます・・・・なんかえらいかも。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-02-01 21:56 | こじかくんとすてぃっち