<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

・・・ですがなにか?

マダム先生から

「将来の夢を
 『ファッションモデルになりたい』
 と書きました。卒業を祝う会で発表するかもしれませんので
 もう一度、おうちの人と相談してくるように話しました。」

と連絡帳にいただきました。

(卒業を祝う会は3月に催されるもので
 6年生が自分自身の成長や
 今持てる力を発揮する場で、 
 こじかたちの時には劇を見せてくれましたが
 すてぃっちたちは6年間の思い出?
 のようなものを発表するような?
 そういった趣旨の会です。)



 ・・・・・・・


なにか具合が悪いのかしら?

だいたい他の子の夢だって

Jリーガーになりたいとか

プロ野球選手になりたいとか

そういうのでしょ。

そりゃまぁ、サッカーやってるとか野球やってる子と違って

モデルになるための特訓とかはしてないけど

夢は夢なんだからいいじゃん。

お家の人と相談して決めるものじゃないじゃん。

と思ったけど

一応、

「違う夢はある?」

と、聞いてみた。

「ファッションモデルになりたいの。」

う~ん、そっかぁ~。

それで、パパっちにも相談してみた。



私の話を聞くなりパパっちは


「え?すてぃっちはモデルになりたいんだよ。
 いつも俺に言ってるよ。他の夢なんてないよ。
 いいじゃん、モデルで。夢なんだから。
 夢はでっかく!だよ。
 一般企業に勤めます、なんて
 全員が言ったら面白くないだろ。」


パパっちの言うとおりだ。

っていうか、私の思った通りだけど。



なんで先生、おうちの人と相談して・・・

って言うのかなぁ。

連絡帳の返事。

「ファッションモデルになりたいんです。
 夢なら、大きくていいと思います。」  きっぱり!!


翌日、この件は先生も理解してくれたようだったけど・・・

なんだかちょっと腑に落ちないわ。。。。


この日は腹立たしく思った私でした。


これにはまだ後日談があります


                       つづく・・・・
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-02-28 10:10 | 学校

がんばります

区内の個別支援級が集合して行われる学習発表会。

今年
すてぃっちは卒業生なので
演技後にひとこと、「中学生になったら・・・」の展望を語ることになってます。

大きなホールで前を向いて
ひとことなんて言えるかしら 超心配。

「ママはね、後ろの方の席にいるから、大きい声で
 ゆっくりはっきり言わないと聞こえないよ。ママに聞こえるようにね。」

「うん」

さて演技後・・・

マイクを持ったすてぃっち

「6年2組のすてぃっちです。
 中学生になったら、がんばります。」

照れながらでしたが
前を向いて声が出せました。

よかった。

ママね、なんとなく、できるような気がしてた。

卒業までにこなさなきゃいけない事の1つずつが
こうして終わっていく。


ところで
他の学校の子たちは

「○○部で頑張ります」
とか
「友達と仲よくします」
とか
「勉強を頑張ります」

とか具体的だったのに

ただの

「がんばります。」

って・・・・初めて聞いたかも。おほほ。



シンプル イズ ベスト! 
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-02-23 10:49 | すてぃっちのつぶやき

一緒にやろう

こじかの期末試験がありまして。

あの子ね~

自学自習ってできないの~~~~~

集中力もないし、勉強のやり方もわからないみたい。

そこを怒っても仕方ないので

「ママもやるから一緒にやろう。」

と誘って数日間、一緒にお勉強してみました。

3日も続けると

私の頭はもう飽和状態で疲れてきたし

頼む、あとは自分でやってくれ~~~~~

と思うのに

「ママ、一緒に勉強やって。」

って誘ってくる目下反抗期、中2男子

しんじらんなーい。

幼いっていうか、マザコン?

いやぁ~
勝手な時だけはすりよってきて
私が大事だと思うことには
耳を貸そうともしない

そんなヤツです。

でね、一緒に勉強してるにもかかわらず
私が覚えたことを、こじかが覚えてなかったりすると
がっかりするっていうか・・・
腹が立つっていうか・・・
だって、彼、現役の学生
細胞半分死に掛かってるおばさんに負けてどうする。。。

それだから
結局怒られちゃうこじかさんだったりして

一緒にやらなければ怒られないで済むというのに

そんなところが

アホアホこじか。しゅ~ん。




で、試験返ってきた。

一緒にやった社会とかはよく頑張った。(ママのおかげだと私は思う)

他は・・・・・


やっぱりアホはアホでした。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-02-22 17:41 | こじかくんとすてぃっち

入学・・・


中学校の入学説明会がありました。

体育館で入学予定の保護者が集まって
先生のお話を聞きます。
2年前にも同じお話を聞いているので
段取りとか、特に変わりもなく
うん、うん、と思って聞いていました。

終了後、
「個別支援級の入級説明会がこの後あります。」
と言われました。

なので
一緒に来た友人達とはここでお別れ。
みんなが
「お宅は部活は何に入るの?」
とか、にぎやかに話しているのを横目に

ちょい羨ましいな~

と思いながら。

すてぃっちに入れるような部活はないし
にこにこ笑顔で入学が楽しみって語れる気分でないし。




別室で5人くらいのお母さん達と一緒に
さらに入級説明を聞きました。
聞いているうちに

なんだかだんだん

さっき聞いた中学校の入学とは
また違った別の中学校に入学するような錯覚を覚えてきました。

たとえば

・学校教育目標

も、学校のそれに準じているものの、個別級には

・指導目標

として 「めざす生徒の姿」 と言い方の違うものがあったりとか、

小学校と違い、交流というのはほとんどないという話。

教室のある場所は
1年生の校舎とは別棟で階も違うので
同じ小学校からきたお友達とも
もう顔を合わせる機会もあまりないでしょう。

ただでさえ、みんなと馴染むことに苦労してきたすてぃっちだから
みんなと離れたら、ますます疎遠になってしまいそう・・・

支援級に
新しいお友達もできるのだから
それはそれでいいけど
人数は少ないし

小学校のお友達が入学する学校とは
同じ校舎の中にある
別の学校に入学するみたいだな~

と急に寂しくなりました。


親しい友達につぶやいてみたら

「何言ってんのっ。一緒に入学するんだよ。いつも一緒。」

と、言ってくれたけど

いつも何の偏見もなく 「すてぃっちちゃん同じだよ。」

と言ってくれる友人の淀みのない気持ちに
私の気持ちの弱さが
情けなく・・・・

母の私がこんなに弱くてどうすんのっ って思うんだけど

卒業、入学がが喜ばしいことじゃなく
私にとっては大海に放り出されるような
不安で心細いことなの・・・・

やだわ~ もう 根が暗くて。。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-02-20 08:58 | 私のきもち

かいだん話


先生「この頃、すてぃっちさん、給食室に足が遠のいてるみたいです。」

先生からこんなひと言がありました。

私 「遠のいてる って、どういうことでしょうか?」

・・・久々に なんだかドキドキワクワクしちゃう不謹慎な私、うふ。



先生「数日前から、給食後、階段に食器が置いてあるのを
   何人かの先生がたびたび見つけて不思議に思ってまして。
   どうも場所から6年生らしい、ということで
   そしてそれはどうやらすてぃっちさんらしい、ってことで。」

給食の食器は、給食当番が運ぶのですが
時間内に食べ終わらない時は
自分で給食室まで下げることになっています。

げ~。あんたっ、6年生にもなって片付けられないって
どういうこと~~~恥ずかしい~~~。

と思って

私 「す、すいません。こらっ。すてぃっち!
   ママは、そういうことしたら怒るよ。」

す 「私じゃありません。」

先生「そうだね~、すてぃっちさんじゃないんだね。濡れ衣でした。
   ごめんごめん。」

と、言いながら笑う先生。

私 「じゃあ、怒らないから正直に言ってごらん。本当は?」

す 「本当のこと?怒らない?本当は・・・私。」

      やっぱな!!

先生「いやぁ~~、僕ね、実はちょっと笑っちゃいましたよ。」


確かに私も階段に食器が置いてある日常にはない光景を想像したら
そしてそれはすてぃっちがひそかにそっと置いた、という姿を想像したら
実はちょっと笑っちゃったんだけど


先生の手前、笑ってる場合ではないので

私 「すみません・・・・」

と言っておく^^


6年生にもなると、食べるのも早くて
男子なんかは5分くらいで食べ終わっちゃうらしいのです。
おまけに「残さず食べましょう」運動なんかをやってるために
すてぃっちは最後まで残さずに食べようと頑張ってるらしく
結局最後になって自分で食器を戻すことになり
でも下まで一人で行くのが億劫で
途中の階段に置いてきちゃうみたい

お恥ずかしい話です・・・

先生方、ごめんなさい。

でも

すてぃっちのおポンチ健在ぶりに

やっぱり笑ってしまうのです。。。ぷぷっ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-02-18 17:53 | すてぃっちのつぶやき

金曜日の習慣

毎週、F先生のお宅にお邪魔して

音読や、英語、あやとり、編み物

などをさせていただいてるすてぃっちです。


少し前に、すてぃっちが作ったあやとりのひもを

F先生の孫のMちゃんにあげたことがあり
Mちゃんが
「ありがとう」
と言ったことからお友達になり

すてぃっちは、先生とMちゃんを

「うちに遊びにきて。」

とお誘いしたみたいです。

先生 「すてぃっちちゃんがそう言うんだけど、本当にいいのかしら?」

Mちゃん「Mも行っていいの?」

す 「いいよ。だって、友達だもん^^」

  どうぞどうぞ、ぜひ

という事になり、

いつもは先生のお宅でさせていただいてることを

うちでMちゃんと2人一緒にやることになりました。

もうそれはそれは1週間も前から指折り数えて

「先生、来るんだよね。Mちゃんも一緒にね。」

と、大喜びでした。

Mちゃんは1年生ですが、本が好きで

うちにある絵本を読むことを楽しみにしてくれてました。

すてぃっちだけじゃなく、私も楽しみで。

いよいよその日の朝

「いよいよ、今日だね♪」

と、いつもより早起きをして
いつもより早く、ちゃんと学校へ行き

気力が充実してると、こうなるんだな~

と感心するほど活き活きとしてました。

メールで(すてぃっちがすごーく楽しみにしてます)

と先生にお話すると

先生からは(Mも、すてぃっちちゃんに『友達』といってもらえて大喜び)

との返信に

感涙してしまった涙もろいお年頃のtiisai。

いざ、お2人が来てくれたら

すてぃっちはもうお勉強どころじゃなくて(汗)

Mちゃんは、学校の宿題の音読を私に聞かせてくれて
おうちの人のサインの欄には私のサインをおねだりしてくれたので
しちゃいました^^ 光栄♪

それから
女の子が好きなプロフィール帳(?)みたいなカードを
私とすてぃっちに
「書いて」
とお願いされて・・・

いろんな質問が書いてあり



・もし100万円あったらどうする?

私は思いっきり

「お洋服をたくさん買う!」

と書いたのに対して

すてぃっちは

「家族みんなで映画をたくさん観る」

母として自分を恥じました^^自分のことしか考えてなかった わはは。


その後も、シール交換をしたりとか

とにかく楽しい時間を過ごしました。

高学年になってからは

あまりお友達とうちで遊ぶのはできなくなりました。
だからとっても嬉しかったすてぃっち。

先生とMちゃんには感謝です。

また、たまにはこうしてうちに来てもらうのもいいなぁ~と
思います。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-02-08 10:53 | その他いろいろ

豆まき


節分です

家族を代表して

こじかとすてぃっちに豆をまいてもらいました。

ところが・・・・

アホアホこじかは

「福は~内~!」

と言いながら外に向かって豆をまき、

おぽんちすてぃっちは

「鬼は~内~!」

と言いながらまいていた。。。

っま、地域によっては鬼は内っていうところもあるらしいし

『おにたのぼうし』 みたいな優しい鬼もいるかもだし

すてぃっちにそういわれたら

たとえ恐い鬼でも 優しくならざるを得ないかな~ なんて思ったりして。


アホアホこじか
背ばかりひょろりと伸びて
私を越しましたが

中身はアホアホのまま

歳の数以上に豆食べてました。

ほんと、アホアホで疲れるんですが ^^;

どういう風の吹き回しか、塾で理科も学びたい とか言い出して 

まじかよっ 

って感じです。

私「なんで?」

こ「やったらできるようになる気がするから。っていう感じだから。」


気がする じゃなくて

できるようにする  って言ってほしいんですけど。。。。。

とりあえず パパに相談しろ、  と言っときました。

なんか・・・

大変です  ふぅ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-02-03 22:13 | こじかくんとすてぃっち