<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

幸せ。

「すてぃっち~、F先生、覚えてる?
 先生がね、お家においで、って。
 一緒にお勉強しようって、言ってくれたよ。行く?」

「うん。」

先生はご自宅の近くまで迎えに出てくださって
すてぃっちは久しぶりに先生と対面しました。

先生が、すてぃっちを見てとっても喜んで抱きしめてくれたので
私は幸せな気持ちでした。

先生のお優しさは変わらず
ご自宅までの道のりを
すてぃっちの肩を抱きながら
「すてぃっちちゃん、先生ね・・・。」
と温かくたくさんお話してくださってました。

すてぃっちもご挨拶もできたし
恥ずかしがらずにお話できました。

お家に着いてから
最近の勉強の様子や
進路のこと、
生活のことなどを話しました。

私がすてぃっちに必要だと思うことや
どう育てたいか、ということ、
生活の中で継続するのが困難な課題もあることなども。

「私ね、すてぃっちちゃんに何がしてあげられるかなぁって考えたの。
 学習も大事だけど、他にもいろんな体験をするのがいいと思うのよ。
 例えばね、編み物とかどうかしら。太いかぎ針でアクリル毛糸のたわしとか
 作ったり、その次はお料理なんかもいいじゃない。
 公文の学習もね、毎日おんなじことをくり返すでしょ?
 その積み重ねでできるようになるじゃない、それと同じで
 毎日同じようにきゅうりを切るとしたら、それがプロ並みにうまくなるよね。
 だから難しいことや、たくさんのことはしなくていいの。
 単純なこと、毎日できそうなことをやる。
 だからお家ではそんな風に何かひとつ包丁のお手伝いと
 玄関の靴並べをお願いするとかね?それで絶対すてぃっちちゃんしか
 そこの仕事はしないの。任せるの。そしたら責任感を持つでしょ。
 すてぃっちちゃんにとっては、公文の先生が代わったことも
 良かったとも思うわ。いろんな人と関わる体験も必要だもの。

 それで、ここに来た時にはすてぃっちちゃん、本を先生と一緒に読もうか。
 それと、編み物をしよう、先生教えてあげるから。たわしだったらたくさんできるから
 お友達にもあげられるわよ。」

先生が、本当にすてぃっちに何が必要なのかをわかって考えてくださっていたので
ありがたくてうれしくて胸がじーん。。。となってしまいました。

しかも

これから毎週お邪魔して
お勉強以外に
編み物やお料理を教えていただける

ただで。

「これだけは先に言っておくわね。絶対にお金のことは気にしないでね。
 お土産も持ってこなくていいのよ。そうされると私も気が重くなるし
 私が好きでやらせてもらうんだから、遠慮しないでそうしてね。」


すてぃっちのことを理解してくださって
考えてくださって
愛してくださる人が
家族以外にいてくれるなんて。
 
・・・・こんな幸せなことがあってよいのでしょうか(泣)


すてぃっちが生まれて2ヶ月目から
赤ちゃん体操の先生が毎月家に来て
すてぃっちのこと、子育てのことを
教えてくれました。
その先生もボランティアで
ただで家に来てくれてました。

3歳の頃は、通っていた幼児教室が閉室になるところを
すてぃっちちゃんにはあと1年だから、続けて見てあげましょう、
と閉室を1年延期してくれた先生がいました。 

そして今度は
すてぃっちの将来のことまで考えて
できることをしてあげよう、
と言ってくれる先生が現れて

すてぃっちには本当に“人がついてる”というか
幸せな子だなぁと思ったら
涙が止まらない。


時々、学校ボランティアに行っては
わたしって
もの好きなおばさんかなぁ
お金にもならないのに
喜ばれてるかどうかもわからないのに
って思うこともあったけど

今までお世話になった人達に私が返せるものがあるとしたら
私がしていただいたことを
誰かにお返しすることしかできないから

もう悩まない。感謝の気持ちだけで生きていけちゃう。

すてぃっちが私のところにきてくれたことで
人の優しさや温かさにふれることができた

よかった
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-10-24 10:30 | 私のきもち

ご縁


話せば長くなるのですが

すてぃっちの運動会の時に思わぬ出会いがあって

それがもう本当に嬉しくて幸せですごい喜びで。

運動会の日

すてぃっちの徒競走は午前中の競技。
その走りを感動して見てくれたのは
以前、すてぃっちを指導してくださっていた
公文のF先生でした。

先生はすてぃっちが3年生の終わりまで教えてくださり
突然のご病気で教室をやめることになり
しばらく療養なさっていたのですが
ときどき
「すてぃっちちゃんに会いたい、遊びにいらっしゃい」
とお手紙をいただいたりしながら
なかなか私が思い切れず、お邪魔することもできないでいました。

そんな先生が
午前中、すてぃっちを見てからずっと私を探してくださっていたそうで
午後ももう終わりに近づいた頃に

「tiisaiさん、探してたのよ」

と、声をかけてくださった。

2年半ぶりくらいにお会いした先生は
すっかりお元気になられて

「私ね、すてぃっちちゃんのことが気になっていて。
 時々すてぃっちちゃんがくれる手紙の字がとっても綺麗に書いてくれてるから
 しっかり頑張ってるんだなぁ、って嬉しくて。
 あのね、うちに来て。すてぃっちちゃんのためになること、
 お勉強でもなんでもまた一緒にやりましょう。」


本当に嬉しかったので
本当にお邪魔することにしました。


つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-10-23 22:42 | 私のきもち

でも言うべきことは言わないと。

地域コーディネーターの会合があった。

自分が選んだ仕事ではなく
なんとなく流されているうちに
なんか、いつの間にか
任されちゃったな~ みたいな感じの仕事。

いまだ聞き慣れず、世間にもあまり認知されていない活動だけど

地域と学校とを結びつけ
大きく広がりのある共に学ぶ場面作りをしていく
といったようなお仕事でしょうかねぇ・・・

っていまいち、うまい表現ができませんが。。。

今、もうすでにこの活動がされている地域、学校もありますし
これから取り組むところも増えてくると思います。

それぞれの地域、学校によって
その取り組みの具体性は違うので
ひとことでの説明は難しいです。

これまでにも
プチ顔合わせみたいな事とか
ちょっとした打ち合わせみたいな会合は何度かあったのですが

今回は
職員会議でも報告、了承されたことにのっとって
私達の学校ではこのメンバーで、こんな風に活動していきましょう

みたいな、まずは会の発足・・という正式な会議でした。

私、この会議のメンバーの中で
一番若手^^

先生をはじめ、同じコーディネーター仲間も
み~んな人生の先輩ばかりなのですぅ。

なので、
まぁ、気楽に

時々おちゃめな事言って
みんなの後を付いていって
ムードメーカーになっていればいかな~

と、最初の頃は思っていたのですが

いろいろなことがあるうちに

子どもが現役でお世話になっている私は
実は一番現場に近い人間っつーことで

どうやらちょうど地域と学校の中間地点で
両方の様子が見えてるみたい  およ。



そうすると~

立場上、言いづらいなぁ~

と思うことも

言わなきゃなぁ~

とかぁ    あって。


自分可愛さに黙っていたら
私がこの会のメンバーになったことの意味はない!

って意を決して
発言してみたよぉ

みんなドン引きしたらどうしよ~~~

とか思って。

こじかの元担任の教務主任は
すごく理解をしてくださった。

「教員にとってはtiisaiさんの現場の生の声には、はっ とすると思います。
 みんな気付いてないと思います。それは我々側がその不安を取り除くようにしなきゃいけない。」

よかったよぉぉぉ援軍がいて~。


会議終了後、他の先生方は笑顔ながらも

「いやぁ~、今日は耳が痛かったです。」

って言ってました。



「あの~、とても言いづらいことなんですが・・・」

と前置きした時に

先生、

「何でも率直に意見を言ってください、そういうための会議ですから」

って言ってたけど

ひゃぁ~~~~~~やっぱりドン引き~~~~!?


私、どうも直球が投げられなくて
物事を遠回りしないと伝えられない・・という癖があり
結果、よくわかってもらえない、ということがあるので
なるべく直球を投げたつもりだったんだけど・・・

隣で聞いてた友人は

「あんなに気を使って謙虚に言って^^」

と言ってたので、また遠回りしちゃったのかと我ながらがっくり。
でももっとストレートで言ったらもっと引くだろうから。。。。。

次に学校に行くのが
ちょっぴりこわいtiisai。。。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-10-17 09:35 | 学校

好きなの

私の

10代後半から20代前半は
バブリーな時期でした。

当時付き合っていた彼氏との
ドライブデート。。。。

楽しかったなぁ~

カーステレオから流れる
杉山清貴の曲をよく聴いていました。

今でも
好きです。

というか、最近また
あの声の美しさと上手さに
一段とはまってる。

そこで

そんな私の様子を見た
当時の彼氏が

先日

私のためにTUTAYAで

杉山清貴のベスト盤みたいなのを
探してくれました。

優しい彼氏です。

ここからは

彼氏と店員とのやりとり




彼氏 「すみません、杉山清貴ありますか?」

店員 「はい?えーっと、すぎやま・・・?下の名前は何ですか?」

彼氏 「きよたかです。」

店員 「きよたか・・あ、はい、少々お待ちください。」

彼氏 「・・・・・・・」

店員 「あの・・すみません、もういちど、名前・・
    すやま・・何でしたっけ?」

彼氏 「す・・・すやま じゃなくてすやまです。」

店員 「あ~、すぎやま・・・。お待ちください。」




若い店員さんは知らなかったみたいです(涙)


でもでも・・すじやま・・って。。。。。

聞き間違いにもホドがあるでしょうに(笑)



結局TUTAYAにはベスト盤はなかったらしく


そうか・・・あんな名曲
若者にも聴いてほしいけど
ないのね~~~~(涙)

こちらにきてくださってる方は
ご存知ですよね!!
杉山清貴!

最高ですよね!

共感して~~~~お願い~~~~!

君のハートはマリンブルー  とかぁ
ふたりの夏物語   とかぁ

歌詞とかバブルっぽい

でも

どこか切ない
(切ないっつーのに弱い)


すじやま・・・に大爆笑の彼氏
それはパパっちですけど。。。。

私はまだまだパパっちの活躍に期待してたりして(杉山清貴探して~!)
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-10-16 09:09 | その他いろいろ

整理する

運動会が終わってから
いろいろな出来事がありましたが

なんか

言葉が浮かばない症候群に陥ってしまい
文章が作れなくなってしまいました。

この感じ、私には2パターンあって

すごく満たされていて文章に残さなくても気持ちが満足してるって時と

とにかく気持ちがバラバラで自分が何を思っているのか
支離滅裂になってる時

今回は自分でも分析できない。
とにかく疲れてる。 なんだ?

でも、夕べはついに
パパっちに、愚痴とクダをまいて
ぶぅぶぅ言ってみました。

いつも客観的に意見してくれるパパっちなので
夕べも的確なアンサーで
バラバラのパーツがつながってきた感じがする。

ま、そんなこんなで ここ、しばらくほったらかしていました。

と、ここまで書いて

また言葉が浮かびません。

ところで先日、友人が

マインドマップの本を貸してくれました。

「すてぃっちちゃん、やってみたらどぉ?」

でも、なんだか、これ

今の私の気持ちを整理するのにも役立ちそうです。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-10-13 19:17 | その他いろいろ

感動

ソーラン節は
午後からのハイライト。

こじかの時にすごーく感動したので
あれよりする感動ってあるかな

って思ったけど

やっぱり感動。

全員のやるぞ!の意気込み、息の合った演技
それに、すてぃっちも劣ることなく手をぬかずやってた!
夏休み、毎日ふたりで練習したことは
今日で思い出になっちゃうのね・・切ないかも~~~

聞くところによると
先生達は部活か?と思うくらいの厳しさで
みんなの気持ちを高めてくださっていたらしい。

そういう熱さ、を学ぶのも
良い経験。

アンコールがかかり、2回演技するのが恒例になっているけど
2回踊るって、結構ハード。

でもみんな頑張ってた。成長したね、みんな。。。。

6年生は、競技だけではなくて
運動会の運営が任されていて

放送係や得点係、開閉会式の司会、鼓笛、応援団などといった
それぞれの役割があるので
活き活きと活躍してた。

こじかも、2年前、放送と鼓笛を楽しそうに担当してたよな・・

思い出すな~あの頃・・・かわいかった、あの子たちも^^
2年前って、つい昨日だ・・・

って思う自分て、かなり「キテル」



すてぃっちの役割は「なかよし」という係で
低学年の子を誘導したり
たてわり競技の大玉送りでは大玉を送り出し、戻ってきた大玉をピタリと台にのせる役らしい。
あら~、目立つポジションにいてくれるので
撮影できるわ^^

と思ってたんだけど

怒りましたよ~tiisai。

「なかよし」係をサボろうとしてるっていうかぁ
恥ずかしがって係の仲間に加わろうとせず

お友達や、先生に
「やろう~」
って言われてるのに固まった

近くまで行って

「こら~っ!すてぃっち~~~!」

と、カツ入れました。

そしたら~

私の声に気がついたすてぃっち、
こちらを見て
片手で「すまん、すまん」のポーズ!

怒ってるのに笑っちゃった!

その後は一応、参加っぽかったので(彼女なりに)
満足そうな笑顔でこちらを見たすてぃっちに

両手ででっかくオッケーマーク^^

そんなこんなで

小学校最後の運動会はとてもよい思い出になりました。

先生方のご指導に感謝の気持ちでいっぱいです。

大きな行事が終わり


はぁ~~~~
卒業までのカウントダウンが。。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-10-01 21:34 | 私のきもち