<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

役割

学校では
地域の人たちに、防犯パトロール隊として
子供たちの登下校時の安全を見守っていただいています。

先日、その方たちへの「感謝の会」が催されたのですが
お忙しい皆様なので、なかには欠席された方々もいらっしゃったそうです。

そこで
副校長先生から

うちの近所のお宅に
感謝状を届けてもらえませんか
すてぃっちさんに預けて持たせますから

という、お電話をいただきました。

いいですよ~ と
お預かりすることになりました。

普段も
その方々へは
学校からのお便りのお届けをさせていただいてるのですが

いつもは私が1人で配ってまわってます。

でも今回は
感謝状だし、すてぃっちも一緒に連れて行って
すてぃっちに渡してもらおう、よし、そうしよう!

と思い立ち、

「あのさぁ、今日先生から預かってきた感謝状なんだけど
 ママも一緒について行くから
 すてぃっちからおじさんやおばさんに渡してもらえる?
 すてぃっちは○○小学校の代表として行くんだからちゃんと
 『いつも見守りありがとうございます』って言って渡すんだよ。」

「うん。」

恥ずかしがっちゃうかなぁ~と心配もしましたが

大丈夫。

しっかり
「いつもありがとうございます・・・」
と頭を下げて、感謝状を手渡すことができました。

どこのお宅でも
「ありがとうねぇ^^」

と、気持ちの交換ができ

「さよなら~」
のご挨拶もちゃんとして

なかには
「すてぃっちちゃんが元気に通ってくれればいいのよ^^」

と言っていただいたり
お菓子までいただいちゃったり(何しに行ったんだか;)


4軒のお宅に届けて
すてぃっちなりに、お役を全うできた充実感が持てたのではないかと
そんな気がしました。

学校内の行事では
なかなかこういった責任ある役割を頂く機会はないと思うので

今回、良い経験できたなぁ~と思って♪

それにね、ちゃんと
『責任のある役割』
っていうことも理解して、喜んでやる

えらいっ。わが娘、そのまま前進するのだー!!
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-01-28 21:36 | 学校

目指す境地

生まれて半年くらいの赤ちゃんのお母さんと知り合った。

ダウン症の地元サークルでのこと。

    上の子の幼稚園のママ友に赤ちゃんがダウン症だと伝えたら
    「バカだけど愛嬌のある子だからよかったね」
    と、言われて悲しかった
    「どのくらい生きるの」
    と、聞いた人もいた

涙を落としながらそう話す彼女が痛々しくて

そんな嫌な思いをするなんてかわいそうに
今どき、そんな心ないことを言葉にする人がいるのか!

と怒りすら感じ

その時は
「その人は、ダウンのこと知らないから出た言葉だと思うから
 あまり気にしないで。」

と言ったけど

実は怒りに興奮さめやらで
まず私の母に話した。

「ねぇ、聞いてよ、今日さぁ、こんな話聞いたの。腹立つの。」


母の反応は

「え~っ。そんなバカな人には『あんたの子はどんだけ賢いの?』って
 言ってやりたいね。」

  でしょ、でしょ。


父にも話した。

「他人が聞いても自分のことのように怒りを感じる話だな!」

  でしょ、でしょ。


こじかにも話した。

「なにそれっ!バカじゃねぇ?!なに言っちゃてんの、その人。」

  でしょ、でしょ。


パパにも話した。

この人だけは他の3人と若干違う反応・・・

「あ~・・・そういう人ね~、いるんだよ。
 でもね、きっとその人も今ごろ『あーあの時は変なこと言っちゃった』 って
 後悔してるよ。人間ね、いつかはそう思う時がくるはず。
 そう考えればいいんだよ。」

と、冷静に。



  パパ、。。。。。。。



君のその考え方が幸せを呼び込むのかもしれん

あたいはまだまだ器の小さい人間だった

私が言われたのじゃなくても
彼女の話を聞いただけで
怒りで涙が出そうだったのに


パパの境地に達したい。


でもできたら

そんな悲しくする言葉 消えてなくなって。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-01-25 23:08 | その他いろいろ

ひょうたんからこま

先週のことですが

久しぶりに
うちにすてぃっちのお友だちが遊びにくることになりました。

そのきっかけというのが・・・


すてぃっちですね、
年明けに数人のお友達にお手紙書いて渡しました。

その時に
交流級のスマート先生が
先生「すてぃっちさん、みんなにお手紙書いてきたの?」

す 「はい」

先生「え~!みんなぁ~、すてぃっちさんがみんなにお手紙書いてくれたんだって。」

一同「わ~~~~い☆」

・・・・・・・・

友人「せんせ~、私もらってない・・・・」


そりゃそうなのだ、子供の言う「みんな」って「全員」じゃないってこと
ありがちですよね~^^

スマート先生のとんだ早とちり。

まずいと思ったスマート先生、すてぃっちに

「みんなに書ける?」

「はい」

「じゃぁ、書いてくれる?」

ぷぷっ。全部で30人に書く手紙、簡単ではないけど
なんかそういうのがあってもいっかなぁ~♪と思って

で、書いた。

内容は
いつもありがとう とか
今年もよろしくね とか
仲良くしてね とか

そんな感じなんだけど

でも、その早とちりのおかげで

「すてぃっちちゃん、全員にお手紙書くなんてすごいね。
 今度、遊ぼう。すてぃっちちゃんの家に行っていい?」

と、お返事をくれた子がいて

小さい頃にはよくお友だちも来てくれていましたが
学年が上がるにつれ
そういうこともほとんどなくなってきたので

それはそれは1週間も前から
すてぃっちは大はしゃぎ。

自分本位で幼稚なすてぃっちだから
相手に合わせて遊べるのか、心配だったけど

さすが、お友だちがいい子で

「すてぃっちちゃんのおススメの遊びって何?何がやりたい?」

と、リードしてくれて
2人で楽しそう。

す「今日、楽しめたね。」
友「うん、楽しかったね。今度うちにも来てね。」
す「うん、また月曜日にね。」
友「バイバーイ^^」

高音のお友だちと低音のすてぃっちが
まるでちびまる子ちゃんの たまちゃんとまるちゃん みたい。

先生の早とちり
そんなひょんなことから
すてぃっちがハッピー気分になれたので

ナイスよ、 せんせ。

今年はもう6年生だけど

どんな最終学年を過ごせるのかなぁ。。。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-01-23 09:16 | その他いろいろ

ママへ

こじかもすてぃっちも
私にはおんなじ宝なので

ブログの中でも
特にすてぃっちのダウン症だけを前面に出す
ということはせず

ただただ
親バカで2人の子供自慢をダラダラ書いていて・・・

なので ダウン症の子育てに役立つ情報とかは
書けません・・・。

でも、もしダウン症のお子さんが生まれて
今、不安を抱えてらっしゃる方が
たまたまこちらを通りかかったとしたら。



健常な子が生まれることが当たり前と思っていて
突然、ダウン症です と言われたら

誰だってびっくりするし
戸惑うし
受け入れるのに時間がかかると思うし
自分を責めたくなるようなこともあるかもしれない

でも、そうして悩んでる間にも
babyちゃんはかわいく育っていく。

私もすてぃっちが生まれた時
もう自分は一生、この先、腹の底から笑うことなんて
ないんだろうな、と思いました。

今では
愉快がいっぱいで面白いことだらけ。

だってね、こんなかわいいモノを作ってくれちゃったりもするの。
a0065062_1549151.jpg

それから
もし、身近なお友だちや誰かに
ダウン症のお子さんが生まれた方がいらしたら
かける言葉に戸惑う人もきっといると思う。

どうか笑顔で
「かわいい赤ちゃんのお誕生、おめでとう」
と、言ってあげてほしいです。

私は友人にかけてもらったこの言葉が最高に嬉しくて幸せだったから。

うちの夫が、すてぃっち誕生当時に言ってました。

「子育てっていうのは、どんな子育てをしたって大変だし
 悩みもするんだ。ダウン症だからということで悩むこともあるだろうけど
 健常児の子育てに悩みがないなんてことはない。
 だから同じだよ。」

ほんとに、その通り。
こじかは悪いヤツじゃないけど
それなりに手を焼く。
悩むことに関しては同じ。

できないこともたくさんあるけど
できることも増えてくる。

だから
愛される、朗らかな子に成長できるように
サポートしていきましょうね♪

すてぃっちは
まだまだ発展途上中ゆえ
サポートしまくらちよこ と。

私は

すてぃっちと出会ってからの方が
ずっと充実していて
奥が深く、愛すべき人生になったと
思っています。

今日は、○○回目の誕生日。バンザイ☆自分^^
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-01-20 15:52 | 私のきもち

出ていきます!


冬休みの間、何日間かに分けて
すてぃっちに書初めの練習をさせてました。

毎回、はじめは、気持ちよく
「やるやる~。」

と、書き始めるのに
なぜかすぐに 涙ぽろりん となり。

別に、強く注意するとか、厳しく怒るとか
そういうことはしないのですが

ちょっと
「ここはもっとこういう風にしようか?」
と、教えただけで

泣く。

泣くとできないのでやめて日をあらためる

ちゃんとできる日もあったけど
まぁ~ くり返しました

そもそも泣く意味がわからない。

ついに怒りました。

「なんで教えるといちいち泣くんですか!
 そんなんじゃ、何にも教えてもらえないでしょう?
 泣いていたんでは書けないよっ。どうする?」

学校では
お習字は楽しく 
と、心がけているのに
我が子にコレっていうのもどうかと思います・・・

本人は
「泣いてない、目から汗出ただけ・・・」
と否定。でも鼻もずるずるして書けそうもない。

「あのね、明日から学校でしょ。一枚は書いて出す宿題でしょ。
 やらないでどうするの?」

「もう、出さない。出さなくていい。」

「そういうわけにはいかない。みんなやってくる。
 すてぃっちだけやらないの?」

「うん」

「何が気に入らなくて泣くの?ママ、怒って言ってないですよ。
 こじかちゃんなんか、もっともっと強く叱られながら書くけど
 泣いたことなんかないよ、ちゃんと最後まで遣り通すよ。
 すてぃっち、おかしいね。もう泣くのやめなさい。
 いつまでも泣いているんなら、もうママの子じゃなくていいから
 おうちから出て行ってちょうだいっ。」

「・・・・・はい。じゃあ、出ていきますっっ。うぇっ・・ぇっぇっ・・・」


えっ!  まさかの!

泣きじゃくりながら、出ていくすてぃっち

あらっ 

・・・ママを置いていかないで~~~~~~~~(焦)




たまたま行った先におじいちゃんがいて

「何泣いてるの?ママの言うこと聞かなくちゃダメだよ。」

と、とりなされたすてぃっち。




少し経ってから

「墨、乾いちゃうけどどうする?」

と問うてみました。

「やります。」




筆を持ちながら、すてぃっちが言ったのは

「ママ、さっきはゴメンね。ちゃんとやるからね。」

        ・・・・最初っからやってくださいよ(心の声)

そして

ブツブツ小さい声で

「もう泣かない・・泣かないで最後まで頑張る・・
 泣かない・・あきらめない・・・」

と、言いながら書いてました。
険しい顔で聞いてましたが
腹の中では笑ってしまいました。。。

でも、泣いてる意味はわかんないんです~

なんだろな~?




さて・・・

5年生の書初め大会では

すてぃっちは家と同じようにやるので
くっついていなくても大丈夫。

遠くから時々横目でちらっと見るかぎり
一画一画、集中して大事に書いていました。
家で何度言っても書けなかった「の」も
しっかり教えた通りに書いていたので

なんだよ・・・できるんじゃん
ママがいない方がいいのか????

まぁ~

新年早々、

まさかの家出

されないで よかったです・・・    むふ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-01-17 13:37 | すてぃっちのつぶやき

喜ぶ

私は、小学2年生から書道教室に通いました。
自分から習いたい、と思ったわけではなくて
親が行け   と、言ったから始めただけでした。

おじいさんの先生でしたが
結構厳しくて、お習字のきまりと違ったことをすると
注意されました。当たり前ですけど。

高校生になると、部活が忙しくなり
そこでやめてしまいましたが

同時期に習っていたピアノよりも
ずーっと楽しく通っていました。

先生は厳しかったけど
いつも褒めてくれて
先生の指導のおかげで
展覧会に出展するたび、賞をいただくことができて

子供ながらに、自信を持つことができる唯一のことが書道でした。

だけど

これが学校ではさっぱりで・・・

学校の先生に褒められたことは一度も無く
むしろ注意されて直される始末。

だから学校のお習字は嫌い
先生は見る目がないんだ! ←生意気なガキです。。。

と、思っていました。
(まぁ、あの頃のコンプレックスが
 今の自分になっているのでいいんですけど)

学校の先生が評価する字は
細くて、活字のように形が美しく整っている字。
書道の先生が認めてくださっていたのは
形は悪くても、太くて勢いのある強い字。

私は美しくなんて書けなかったので
だいたいいつも「はったり」かまして勢いでごまかしてました^^わはは

だから・・・

学校で子供たちと接する時には
たくさん褒めてあげたい。
字を書くことを
楽しんでもらいたい。
好きになってほしいな。

と、思って。

書道教室に通っている子はともかく
学校でしか毛筆に触れないお子さんを
上手に書かせるのは難しい。
スポーツと同じで
上達には練習しかないわけで
1ヶ月に1回、5枚程度書いたからといって
急に伸びるわけではないもの・・・
だから
とにかく嫌いにならずに
楽しんでもらう。
本人が気持ちを込めて取り組めて
満足できれば100点と思う。

学校の書初め大会で
4年生の男の子に聞かれました。

「2枚のうち、どっちがいいかなぁ?」

1枚はきれいだった。
1枚は少し崩れてたけど元気があった。

本人はきれいな方を提出したいみたいだったけど

「どっちもよく書けたね♪あとはもう好みだと思うんだけど
 私は、こっちの字も好きだよ。」

放課後、先生からお電話をいただきました。

「今日、○○君が
 『tiisai先生に僕の字、好きだよ って褒められた~』
 って、すごく喜んでました。」

え~、先生にも報告しただなんて
それはホントに喜んでくれたんだな~と思って
ホッとしちゃった。

かつての自分のように
お習字嫌いにならないように
それが私の願い。

あ~~~~~   っとですねぇ・・・・

ところで

すてぃっちが大変でしたっ。

          つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-01-16 20:18 | その他いろいろ

誰が好き?

5年生くらいになると・・・

女子は
「好きな男子、誰?」

なんて話をしますよね~

あ~ 懐かしい。

すてぃっちも、5年生になってからは
よく聞かれていたみたいです。

そして

その度に 
いつも決まった人の名を答えていました

Oさん   と。

 幼なじみであります。

以前は下の名前で呼んでいましたが
最近は苗字に“さん”付け ですな^^

さて、その話は女子の間だけの話題にとどまらず

「すてぃっちちゃんはOのことが好きなんだって。」

と、本人の耳に届くにいたり、

先日、Oママからの報告あり。

「この前さぁ、うちの子が
 『すてぃっちが、オレのこと好きって言ってくれたらしいんだ。』
 って言うから、本当にありがたいと思ってさ、
 『それは嬉しいね♪』
 って言ったのよ。そしたらあの子、何て答えたと思う?しみじみと
 『ありがたいよねぇ。』
 って、おっさんか!!  っつーの(笑)」

「わ~、本当?迷惑じゃないんだ・・・」

「そんなわけないよ。この前、すてぃっちちゃん、うちのに手紙書いてくれたでしょ、
 喜んでたよ、で、また『ありがたいねぇ』 っつってた。」

すてぃっちは
年明けの登校日に、数人のお友達宛てに
小さなメモ用紙にお手紙を書いて渡したのですが
すぐにお返事くれた子もいて

    お手紙もらえて、ほんとにうれしかったよ。
    これからもずっと 友達だよ。
    
とか書いてあたりするのを見ると

泣けます。。。。。。


すてぃっち、よかったね。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-01-11 19:30 | 私のきもち

今年もよろしくお願いします!

a0065062_21161776.jpg

一年の計は元旦にあり  

と申します

今年はみんなの気持ちが良くなるような

そんな自分でありたい、なれたらいいな  と。。。。。

心がけ、日々を過ごしたい      頑張れ自分。



明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ よろしくお願いいたします。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-01-01 21:25 | 私のきもち