<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ワッペン

a0065062_9383990.jpg






みんなといっしょにつくった
たのしいとおもいました





宿泊体験に向けて
家庭科で班ごとでおそろいのワッペンを作りました

なかなかかわいいです

フエルトを切ったり
難しいところはお友達が手伝ってくれたそうです

残念ながら雨の中の宿泊体験活動だったのですが

さて

その報告は

ここでできるような

「おもしろ」があるかどうか???

フレッシュ先生に聞いてみないとわかりません。


ただ・・・

小さいすてぃっちに
重い荷物を持って帰るのは大変だろうからと
帰りは学校まで迎えに行くつもりが

仕事で行かれなくなり

大きいリュックと小さいナップザックを
体の前後にしょって傘まで持って

しっかり1人で帰ってきたすてぃっち

立派になって・・・

「ママ、お仕事だったから、迎えに来れなかったの?」

そんな言葉も話せてました。

この頃また一段とお姉さんになってきたような気がします。




ってことで明日は代休。

ルーキーズ観に行こうかと思ってたけど
号泣しちゃいそうなんで
すてぃっちと2人で・・・っていうのはちょっと・・・
絶対、すてぃっち
「ママ、大丈夫?」
って心配してくれちゃうと思うんで・・・
それはまた今度にして~

ディズニーランドって話も出たんだけど

横浜博にしようか~

どうしようかな~
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-31 09:56 | すてぃっちのつぶやき

作文

     きょうわたしは、足がつかれました。
     それでもみまきについたら(※)あせがいっぱいでました。
     水とうがぜんぶのんでおなかがいっぱいでした。
     あしがつかれたときに くつがべたべたでした。
     つぎにつかれがふっとんで ちゃんとみんなで
     もみまきをできました。そのつぎにつかれたとおもいましたが
     がんばりました。



5年生は年間を通して米作りをします。
先日、学校から40分くらい離れたところにある畑に
もみをまきに行きました。

保護者もボランティアで参加
もちろん、私も行きました。a0065062_10595525.jpg         

暑い日で日に焼けました。

学校に戻ってから
すてぃっちはこの作文を書いたようです。
フレッシュ先生が出張だったため、
1人で、もくもくと書いているその後姿を見て
私も家に帰りました。

畑の土はべたべたで、足はべたべたになったし
暑くて水もたくさんん飲んだし

確かに、すてぃっちの言うとおり!

疲れたけど頑張った様子がわかるので
これを読んで
とってもびっくりしました。

フレッシュ先生も感動したらしいです。




明日から宿泊体験学習ですが・・・・

雨だな~

学年もクラスも違う男前先生も

「僕も二日目は会いに行きます」

と言ってくれてたけど・・・

去年の宿泊体験では!)

今年は素直に先生の愛を受け入れるように!と
厳重注意しておこう^^
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-28 11:02 | すてぃっちのつぶやき

私の知らないところでも


毎年、学校の書道の授業に
指導者としてお邪魔しております。

今年の学校と私との窓口担当は
男前先生なのでした。

前からよく知る間柄、コミュニケーションもとりやすいので
よかったです。

先日、授業にあたっての打ち合わせがあり
放課後、学校に行きました。

打ち合わせが終わって
ふと男前先生が
「何組でしたっけ?」

「???2組です。」

「教室、覗いて行きますか?」

・・・なるほど~、先生、さすが!

すてぃっちの机からは年期の入ったお宝(?)が発掘されること
わかってらっしゃるから~~~~~(ひぇ~こわいよぅ)

で、一緒に行きました

怖いものは出てこなかったです・・・

っていうか、お道具箱すらなかったです・・・

何もない?????

ただ、お友達から「プロフィール書いてね」っていうお手紙だけが
入ってただけ。

先生と2人、ホッとしたような・・
あっ、先生はがっかりしてたかも。
面白い物が出てこなかったから~。←そんな少年のような先生です。

さて、昨日、また男前先生とお会いしました。

「この前のお友達からのプロフィールの紙の
 『好きな先生』の欄に、最初は『男前先生』って書いてたんですよ、
 でもお友達に渡す前に見たら『フレッシュ先生』に変わってました、わははは」

「くそぅっ、あいつ~^^
 でも本当は一番好きなのは僕なんだけど
 フレッシュ先生に気を使ってそう書いたんですよ^^」

そんなくだらない話をして先生と別れ
帰る時に、家庭科の先生に会いました。

すてぃっちは物作りが嫌いではないほうなので
家庭科、裁縫は好きみたいなのです。

でもなかなか交流級に入りたくないことから
家庭科の先生のお手をわずらわせることもあるようなので

「先生、いつもお世話かけてすみません。ありがとうございます。」

と言ったところ、すてぃっちの様子を話してくださり

「この前は途中で片づけをして『もう帰ります』って言ったこともあったんですけど・・・」

「えっ!すみません!あの子、こうする!と決めたらきかないところがあって
 頑固なのでほんとにすみません」

「うん、そうなんですね~。
 でもね、その時『もうちょっとやっていこうよ』って話したら
 ちゃんとできたんですよ。
 その辺のところは、○○先生から『すてぃっちちゃんは頑固なところもあるけど
 少し強引くらいでもきちんと話せばちゃんとわかってできる子だから』って
 聞いてたので、そのようにして、大丈夫ですよ^^」

○○先生はすてぃっちがまだ普通級の2年生の時の担任
おばさまで厳しいけど
すてぃっちのことはず~っと可愛がってくれて
担任当時から色んな先生のところにすてぃっちを連れて行って話をしてくれた方

私の知らないところでも
家庭科の先生にすてぃっちのことを伝えてくれてた

感動しちゃって(泣)

それと

今までこじかと2人でかよってた通学路
今は1人で歩いて行くけど

近所の人はちゃんと見てくれてて

「1人で寂しそうだけど、頑張って行ってるね」

「元気に挨拶して通ってくれるよ」

と、教えてくれます。


すてぃっちが、すてぃっちじゃなかったら

私の子育てはもっと楽だったかもしれないし
学校にもこんなに関わらなかったと思う

すてぃっちがいてよかったな

たくさんのありがとうが言えることが
やけにうれしいこの頃。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-22 10:51 | 私のきもち

明るくねっ♪

◎ ひまわり
a0065062_19471191.jpg


ときどきは地面を見つめちゃうこともあるアタシだけど
ときどきは後ろを振り向いちゃうこともあるアタシだけど

前に向かって
上を向いて

頑張るぞ~!


 
なんかやる気が沸いてきた~~~~~~!
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-19 19:52 | 絵手紙

愛ある訪問

(前回のつづき)
去年までは
時々、男前先生を引き連れて?家まで帰ってきたすてぃっちでした

どういうことかというと

月に何度か
先生が各地域ごとに引率して帰る日があるのですが
(下校時の子供の事件が起きてからこういうことになりました)

うちの方面の付き添いにつくと
学校に戻るためにはうちの前を通ることになるので
戻りついでに、よくすてぃっちと一緒に帰ってきてくれてたのです。

(よくよく思い出せば、忘れ物を届けにきてくれたこともあったっけ・・・
 すごいお世話になってたなぁ~)

でも今年は
男前先生は学年もクラスも違うので

もうあんな風に楽しそうに帰ってくるすてぃっちの姿を見ることは
できないんだ~と、

寂しく思っていました。

それが!

窓を開けたら そこにいたのは

笑顔の男前先生だったので

目を擦りたくなるような気分で

「あれ~っ、せんせ~!どうして~???」

しかもその日は付き添い下校の日じゃないし。

「ちょっと、お母さんに相談があって・・・。学校でちょうどすてぃっちさんと会って
 じゃぁ一緒に帰ろうかな~と思って来ちゃいました。今ちょっといいですか?」

いいですとも~。

用件は書道の指導に関してのことだったのですが
その話はまぁ、すぐに終わり
傍らで先生にかまってもらいたいすてぃっちが
あれこれアピール^^

先生もすてぃっちが、さも可愛い☆という感じで接してくれていて
横で見ていて涙が出そうに感動してしまった。不覚・・・

思わぬ家庭訪問ですてぃっちもすごーく嬉しそうだったにゃ~

男前先生の子供に対する愛を感じたよ
だって、電話でも済んでしまうような用件を
すてぃっちを からかいながらわざわざ家まで
送ってくださるなんて。


。。。。でもって

またしても

「先生、どうぞあがってください」

と言って登場する私の母と

「先生、孫がお世話になります」

と言って登場する私の父。。。。。。   


だからっ!話が中断するからっ!(笑)
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-18 18:23 | 学校

家庭訪問

先週終わった家庭訪問のはなし・・・


こじかが小学校を卒業したので
今年からはお見えになる先生が一人減りまして

それでも4人・・・

子供一人に対して4人・・・

個別級の担任3人がひとかたまりにいらっしゃり
交流級のスマート先生は一人でいらっしゃいます。

狭い玄関に3人で、というわけにはいかないので
3人の先生には上がっていただきます。

今までは私も慣れてるベテラン先生と男前先生だったので
フレンドリーな感じで会話が弾んだのですが

今年の3人は新チームなので
私もなんか緊張?

最初に男のにこやか先生から
「すてぃっちさんには『先生はクビよ、パパに言ってクビにしてもらうから』
 と言われてます(苦笑)」

と言われ、汗がっ・・・・

あ~~~~私

今まで 何度 先生に「すいません」って言ったことでしょう・・・凹

フレッシュ先生からは
日頃のすてぃっちの頑張りの様子を
伝えていただき
フレッシュ先生の頑張りも
垣間見れたような^^

実にフレッシュで可愛らしい先生です♪
いつも先生を虜にしてきたすてぃっちですが
たぶん今はすてぃっちの方が虜にされてるにちがいない^^


時間をおいて、今度はスマート先生がいらしたのですが

「玄関で」

と仰るので、それでは、と
玄関でお話していると

何を思ったか、私の母が

「どうぞ、先生上がってください」

    話中断

    再開

私の父が

「先生、どうもうちの孫がお世話になってます」

    話中断

    再開

私の母が小さい丸椅子持ってきて

「先生、どうぞ座ってください」

    話中断

    再開


まったくっ~(汗) 



とにかくスマート先生は真面目なので
すてぃっちのことをまだ、どう扱っていいかお悩みのようではあった

「他の生徒さんと同じ様に、先生のご判断でこれはいけない、と思うことは
 同じように指導してください。」

と、お伝えして

無事その日家庭訪問は終わった




ところがその翌日。


嬉しそうに下校してきたすてぃっち

嬉しそうに

「ママ~!見て見て~~~♪」



窓を開けると

そこには思いがけない人がいたのです。

 


                 つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-17 19:13 | 学校

じっくりと・・・

      ◎ 胡蝶蘭
a0065062_1019267.jpg

ある時
ひとりのダウン症のママ友がちょっとへこんで
話がしたい・・・

って言うから

なっ 何事っ!

って思ったらね

仲間のダウン症ママに

そんなに一生懸命やっても
この子たちにはそんなすごいことはできない

って言われて落ち込んだみたいで


う~~~ん。。。。。。
私もよくはわからないけど
できるとか、できないとか
そんな結果はどうでもいいと思うよ
ただ何かを続ける力をつけてあげるだとか
手をかけてあげたら
伸びる力は持ってるはずだから
一生懸命やってあげることは無駄にはならない
初めから決めつけてあきらめちゃうなんてもったいない
って思うけどな?

その時はそんな話をしたら


昨日

すてぃっちちゃんのやり方を真似したら
この頃、学校の宿題もスムーズに取り掛かってくれるようになって
自分自身も楽になった
あきらめないでよかった

って言ってくれた。


そっか そうだな
  
あせらず ゆっくり のんびりと

じっくり見てたら

いいんだよね?

自分に言い聞かせる午後なのでした。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-15 10:43 | 絵手紙

助けてあげる

(前回のつづき)
つい数日前
書道の師匠宅へ すてぃっちの作品を見せに行った時のこと

同じ5年生の子が何人か通って来ているので

「今度、何組になったの?」

と話しかけたら

2人のうちの一人が

「あたし、すてぃっちちゃんと一緒だよ」

って。

「あ、ほんと。じゃぁよろしくね^^」

すると、2人が

「すてぃっちちゃん、教室に入れないんだよね・・なんか、かわいそう。」

という会話をはじめたので

「そうなんだよね~、あのね、すてぃっち、みんながわかることが
 自分にはわからなかったり、できなかったりすることが
 ちょっと寂しいみたいなのよ~^^」

と、言ったら

「・・・・・・ふ~ん。そっかぁ。」 




しばし沈黙後




「そしたら助けてあげればいいんだ。」


まぁ!いいこと言ってくれて、ありがとう。そんな気持ちで

「うん、すてぃっちも時々声をかけてもらえたら、きっと安心すると思う。」

うん、うん とうなづいていた2人、

今度はすてぃっちの書いたお習字を見て

「すてぃっちちゃんてさぁ、字、上手だよね~。この字のここんところとかさぁ
 私にはこんな風に書けないよ。」

「すてぃっちちゃんはさぁ、みんなができないことが、できるんだね~。」

実際には、その子達だって上手に書けているのだけど
そんな風に、相手の良い所を探して認めよう、としてくれるところが
素直というか、素晴らしいわぁ~と思って

これは帰って、すてぃっちに伝えなければ!

「お友達はね、み~んなすてぃっちの事、好きだし
 認めてくれてるんだよ。だから安心してみんなの中に入ってみようね。」

と、しっかり伝えながら

やっぱりすてぃっち本人が、自信を持つ何か、があったら
みんなからも認めてもらえて
本人もそれを支えにして
頑張れるのかもなぁ。。。

と思ったの。

そういうのって、見つけるの難しいし
今からできることってあるのかなぁ
と思うけど

とりあえず今は 
のんびりお習字を続けていってみよう・・・

と、思ったのでした。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-13 20:49 | 私のきもち

サイン

(前回のつづき)

やっぱり、先生方のお力を借りる他はないので

新人のフレッシュ先生には申し訳なく思いながらも
いろいろお願いをして

交流級の担任の先生とのやりとりが
どんな形でもいいので
やっていかれるようにと、

交流に行ったら、その内容や感想を自分で書いて
担任(または担当の音楽や家庭科の先生)
のサインや感想をもらってくる交流ノートを作っていただいたり

音読カードも
毎日読んだらフレッシュ先生と交流担任の2人のサインがいただけるように
手配してくださったり
あ、もちろん、担任にはすてぃっち自身がアプローチすることになるのですが

そんな風に、担任の先生とも、

フレッシュ先生や
今までに関わってくださった男前先生やベテラン先生と同じように
普通に気軽に
困った時にすぐに相談できるような
信頼関係をつくるトレーニングをしてもらおうかと^^

だって、社会に出て
困った事態が起きて一人ではどうにもできない時
周りに知ってる人がいなくても
誰かに助けてもらって困難を乗り越えなきゃいけないもんね

そのための第一歩
と思って
人との関係作り・・・

なかなか自分から先生のところへ行くのは
恥ずかしくてできないみたいなんだけど

でも先生も少しでも
すてぃっちの事を心にかけてくれたとしたら

その気持ちはクラス全体にも伝わるから

きっと温かいクラスになるような???
ん~、まぁそれはおまけみたいなものなので
あまり期待はしてないんだけど^^

うまくいくかどうかは
まだこれから。



だけど

ちょっとしたうれしいこともあった・・・

      つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-12 05:25 | 学校

言っちゃった!

(前回のつづき)

いつもフレッシュ先生と一緒にいて
心強いすてぃっちだけど

それでも
交流に行きたくなくて
学校中を逃げ回ってることもあるらしく
時には
せっかく行ったのに
途中で戻ってきてしまうこともあるとか・・・

交流に行きたくない理由、聞きました。

「今日も交流いかれなかったの?どうしてかなぁ?
 何が嫌で行きたくないの?」

今までも、何回となく理由を聞き

2年前には

自分のクラスは個別級で
個別級のお友達は友達だけど
交流級は自分のクラスじゃない
お友達も違う

という答えが返ってきたことはあったけど

それ以来、いつも

「わからない、忘れちゃった。」

とか

「今度は頑張る。」    ・・・でも頑張れない;



今回も、日を変え、聞き方を変え、

何度も「忘れた」と言われたけど

ダンナっちが聞いたときに
今までにない、明確な答えが返ってきた

「交流級は・・・
 みんながわかって、できることが
 (自分には)わからなくてつまらないっ
 ・・・・あっ!言っちゃった!」

つまらない  って言った後に
慌てて「言っちゃった」って言ったすてぃっちには
今までも本当はずっとそう思っていたけど
言っちゃいけない と思って言わなかった
それか、言えなかったのだなーと思って

かわいそうというか、切ないというか

自分だって、
それほど親しくない友達の中で
フランス語で会話されても
わからなくて つまんないよな~

気持ちはわかるけど・・・・

ダンナっちは
「でも、つまらないことばかりじゃないでしょう?
 面白いこともあるんじゃないかなぁ~。」


すてぃっちに語りかけていました

私はまたもや
交流の意義目的を見失いかけてしまい・・・

そんなかわいそうな想いをさせて
無理に交流しなくてもいいかな~?
いやいや、この地域社会で生きていく力をつけるには
やっぱり
多くの立場の違う大人や友達と
関わる経験も必要
第一、嫌なことから逃げていていい ということはないだろうし

どうやって
これからすてぃっちを応援していくべきかしらん

と、考えて・・・・・


           つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-10 17:26 | すてぃっちのつぶやき