<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

続けるということ

こじかは野球も卒業しました。

中学では「テニス」をやりたいと
今のところは言っています。

周りの人は
当然野球を続けると思っていて
「やらないのよ」
というと
「えっ!なんで!」
と言います。

こじかのチームは強くて有名なチームなので

そこで野球をやってた、というだけで

なんだかステータス?

チームが強くとも

こじかみたいな
センスのない子もいるわけで・・・

3月に、チームのお別れ会がありました。

野球を続ける子、こじかのように他の道に進む子
いろいろです。

ずっとチームには思うところあって

勝ちにこだわって、いつも上手い子だけが試合に出て
こじかみたいな子は出してもらえない

モチベーションが低いから上手くなれないのか
試合に出られないからモチベーションが上がらないのか

とにかく本人の熱意が足りなくて(でも本当に足りなかったのかどうか
みんながみんな同じ情熱の表わし方ではないと思うから
親が見てもあまり熱心とはいえなかったけど
彼なりには頑張っていたつもりだったのかも・・・と、今は思う)

チームにとってはどうでもいいような存在だったけど

コーチからの挨拶の中で
あるコーチがこんなことを言ってました。

  楽しい思い出だけでなく、試合に出られなったり
  エラーしたり、悔しい思いをしたり、特に試合に出場機会の少なかった選手は
  最後まで本当によく頑張ったと思う。これから中学生になるにあたり
  それはとても大きな力を付けたと思う

温かい言葉だなぁ~

と思って聞いていました。
帰り際、そのコーチにはとてもよくお世話になっていたので
お礼を言いながら
「最後の試合(公式戦ではなく)で初めてヒットを打てて
 コーチに喜んでもらえたことを、とても嬉しそうに報告してくれたんですよ~。 
 喜んでくださって褒めていただいて、こじかも満足そうでした。ありがとうございました。」
と言ったら
「さっきの言葉はね、あれはこじかのことをね、言ったつもりだったんだよ。
 よく頑張ったと思うよ。試合に出られない中でも、感じたことはあったはずだから
 それはこれからの力になるはずだから。」

何度も
「やる気がないならやめなさい」
って言ったけど
言っても辞めずに
なんとなく続けてきたこじか

やっぱり続けたからこそ
見えたものがあるような・・・

気がした。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-03-31 08:33 | 私のきもち

ダメージ

昨日、水族館から帰ってきたこじか

女の子とプリクラ撮ったりして

楽しかったみたいです。

ちょ~ 嬉しかったのは

すてぃっちにお土産買ってきてくれたこと・・・

ものすごーくパズルが大好きで
毎日、こじかやおじいちゃんと競争しながら
はまっているすてぃっちのために
新しいパズルを買ってきた

どこまでも優しい兄。。。(涙)





さて、ここからが前回のつづきです。

いつも明るく元気で厳しくて

母のように私たちに接して下さっていたベテラン先生

離任式は4月にありますが
とりあえず終了式の日
お別れのために教室に行きました。

お別れって どうして辛いんでしょうか・・・。

すてぃっちが普通級から個別級に移った年に
先生も普通級の担任から個別級に移ってきて
2年間、一緒に過ごしました。

宿泊体験にもついて行ってくださったし
本当にお母さんみたいでした。

それにベテラン先生は3人いる個別級の先生のリーダーでもあったので

先生いなくなったら、どうなっちゃうの~~~(泣)

ま、その点は男前先生がいてくれれば安心だけどさぁ・・・
男前先生まで離任しないわよね・・・



ってことを祈っていたら



男前先生までもが、このクラスを離れると・・・

その日に聞いてしまった。

 


      超動揺・・・・



男前先生は普通級の担任になるそうで学校は替わらないそうなのだけど

本当に素晴らしく良い先生なので

すてぃっちの担任から外れてしまうのは
あまりにもショック。。。

なんで良い先生を一度に2人も失ってしまうことになるのかと思って(号泣)



ほんとにどうなっちゃうのか・・・・



春休み中、ずっとそんなことが頭の中をぐるぐる回っています。

なんの心配も不安もなく
毎日 とっても楽しそうなこじかが羨ましく


「いいね・・悩みとかなくて。ママなんてさ、すてぃっちのことが心配で心配で。」

と言ったら

「でもさ、もしすてぃっちの交流級の担任がさ、
 男前先生だったら、“キセキ”じゃない?」

「・・・・・・・・。」

「18(クラス)分の1の確立だよ!」

ないよ・・それはない。

そうだったらいいけどさ・・・

4年の交流の担任はなーんにもしてくれなかったから
そりゃあ、男前先生が担任になってくれたら、どんなにいいかと思うよ
教室にも入れるようになると思う。


はぁ~  教室に入れないって

どうしよう・・ほんとに。


だから担任て大事だと思うのです。

関わり方によって子供って変わるから・・
健常なお子さんだってそうですよね。




そんなこんなで

春なのに

ため息こぼれます。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-03-29 10:47 | 私のきもち

ごぶさたしてました

今日

こじかは同級生と卒業記念に
水族館に遊びに行ってま~す。

中学校では学区が違ったり、私学に行く子もいて
最初で、最後のお出かけになる仲間かもしれません。

十分に楽しんできてほしいな。
こじかの彼女(?)も一緒だ・・・ムフフ・・
がんばれよっと。





しばらくパソコンを開く時間がありませんでした。
その間に いろんなことがありました。
ショックなこともあり いまだそのダメージを引きずっています・・・(涙)


とても忙しかったのは
書道の作品を とにかく仕上げないといけなかったのと
PTA活動で一番大きなイベントがあり
その準備から報告までの時期が重なって

書道の紙と資料の山で ぐちゃぐちゃになって大変でした。


そしてそのPTAも
今年度で卒業の意向を仲間に伝えていたのですが
どうにもこうにも後任が見つからず
継続の打診を受けることになり
それは 精神的にしんどかったです。

気持ちよく、やってあげられたら、どんなにか気が楽だけど
家庭の事情はそれを許さないし、
でも頑なに「やらない、できない」と言い続けるのも
とても意地悪な自分みたいですごく嫌だし
だって!みんな一緒にやってきた仲間ですから。

結局
上を下へのすったもんだがあった末
引き受け手がやっとみつかり(無理やり)
私もホッとしたのですが

こじかの卒業のなんだかんだで
今度は引継ぎのための資料作りに時間がかかり
寝てる暇も惜しかった

っていうか、なんで私、こんなに時間の作り方が下手なんだろう・・・・

そうしているうちに
ついに卒業式を終え、終了式の日が来て

終了式・・・すてぃっちの個別級の担任のベテラン先生の
長~い教員生活の最後の日でもありました。


                        つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-03-28 15:46 | こじかくんとすてぃっち

卒業

昨日、こじかの卒業式が終わりました

泣きすぎた・・・


こじかの担任は元中学校教諭

それだけに

高学年の指導にはとても熱い想いを持ってくださりながら

真に子供好き。

地味なこじかのことも

とても可愛がってくださっていました

こじかも、

先生と、そして6年生の友達全員が

大好きでした。



式では、私はPTA本部役員のため、来賓席に座っていましたが

いろいろな方からのお祝いの言葉を聞くにつけ、泣き、

実は、4月から3日くらいしか登校できてなかった級友が

この日は式に参加できたことに気がついては、泣き、


いやいや、実は3日くらい前から

卒業アルバムを見ては、泣き、

成績表の担任のコメントを読んでは、泣き、

元栓がこわれたみたいに涙が出続けていたので

式の終わりごろにはちょっと放心気味・・・

最後に歌った「旅立ちの日に」では

この子達の持っている一生懸命さや真面目さ

心をこめて歌うんだ、という気持ちが

確かに表現されて

本当に良いお式でした。

来賓退場の時には

泣きはらした顔で退場することになり

とても恥ずかしかったのですが・・・

あとで、友人に

「もうっ、写真とってあげようと思って、ず~っと狙ってたのに
 ず~っと泣いちゃってるから、撮れなかったじゃんっ。」

と、笑われてしまいました・・・



式の後、最後の教室での指導の中で

先生の話を聞いていたこじかも

涙して(もう保護者も生徒も全員が涙でしたが)

最後にこうして泣けるくらい、みんな幸せな時間が過ごせたのだなぁ  と

感動して、また涙・・・・



先生が、最後にこじかにしたためてくれたお手紙には

    いつも先生が来ると、ニコッと笑って迎えてくれた、
    それが先生にはすごくうれしかった
    こじかくんも楽しんでくれたかもしれないけど
    先生も同じくらい、楽しんでいたんだよ
    人が「幸せだ」って思うことは、そんな何気ないちょっとしたことの中にある
    と 先生は思うよ 

いつもこじかのことを

どこかで応援してくれてる人が

たくさんいる、ということを

これからも感じて、育っていってほしいと思う





あ~


これからは どんどん、離れていってしまうのかなぁ



そうそう・・・

これで役員を卒業する私にも

友人からメールが送られてきて

「PTA卒業おめでとう。」っていう卒業証書がいただけました。

すっごいうれしかった。

私の仕事なんて

人からは見えない、まったく見えない仕事なので

なのに

暖かい言葉をかけてくれるなんて

幸せです、本当に。



感謝いっぱいの卒業です。




   
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-03-22 14:31 | 学校

休憩中です

あまりにも

あまりにも

いろんなことがありすぎて

体が2つあれば・・・

一日が48時間あれば・・・


ちょっと忙しいので

ブログ休憩しております


なにで忙しいって・・・・


やっぱりこじかの卒業と

私のPTA役員からの卒業とで

いろんな想いもありますので

時間ができたら

書き留めたいと思ってます


そんなわけで

みんな元気です

ではまた 近いうちに
皆様のところへも伺いたく思います。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-03-15 08:37 | その他いろいろ