ありがとう

5年日記だとか10年日記をつけてる という知人が

「去年の今日はこんなことしてた」

っていう話をしていたので
私も ふと去年の今頃は 何を考えて
どんなことをしていたのかな・・・
と、去年の年末のブログを見てみた。




子供の成長を感じた。





一年前のこじかって こんなお子ちゃまだったっけ~?
結婚がどうの告白がどうの って
真剣に考えてたんだよ、そういえば・・・。


すてぃっちなんかも かわゆさは 今も変わらないし
頑張る姿勢は 変わらないし

・・・変わらないけど 進歩してるし。


自分の心境も 1年前とは変わっているところもあり
また、不変  ってところもあるけど


確実に 歳はとってます・・・


今年、こちらで出会えた皆さま、
        どうもありがとうございました。

そして
   どうぞ良いお年をお迎えください。

      
               ・・・私は今年もジャニーズで年越しします。。。


こちらもありがとう → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-30 21:08 | その他いろいろ

欲しいのは時間

年末は仕事が多忙になり 家事は後回しになるため
家の中はいつにも増してガチャガチャになる。
毎年のことだけど
31日、仕事が終わってから
「ちょっと軽く掃除しとく?」
みたいな感じで新年を迎えてる。

子供達のこともあまりよく見てあげられない。
まぁ、こじかがすてぃっちの風邪薬を飲ませてくれたり
お勉強も二人で力を合わせてやってくれるので
そこは 助かってる。

ただ どうしてもこじかにしてあげたいことがあり
その時間が作れないのが もっかのところ悩ましい。

こじかの辞書には 負けん気 という文字がない。
野球でも 
先に始めた子は自分よりできて当たり前だから と 追いつこうとはしない。
後から始めた子は自分よりできないから(そうとは限らないと思うが)と 焦らない。
運動会で1等になれないのは足が速い子と一緒に走ったせい。
そんな感覚。
「負けたら悔しい」 という気持ちが次のステージへ進むための燃料にならないってわけなの。

「お前はチームの底辺にいるのだから 底上げのためにはお前が頑張らないと
 チームが強くなれないんだぞ。」
と よく夫に言われていますが あまり身に沁みず。

ある意味、幸せな性格なんだと思う。
他人の動向に一喜一憂しないというか
あんまり悔しがるってこともなく穏やかに過ごせてるわけだから
自分が確立してるのかもしれない、よく言えば???
自分は自分、オンリーワン!
って感じ?

だけどね
努力はしてみようよ~、
人との競争じゃなくて 自分とのたたかいをさぁ。

何かがあれば
「もう、オレ、ダメだし」
と、やる気をなくしているのでなくってさ。

そこまで思うほど、君はやったか?努力をしたか?力を出し切ったのか?
と、思うことが多いよ・・・

年が明けるとすぐに 書初め大会がある
参加することに意義がある で終わらせたくなくて
参加するなら それなりの準備をして臨んでほしい
と思うわけなの。
努力をして欲しい。

だけど その努力に付き合う時間がなくて
勝手にやってろってわけにもいかず・・・。

こじかは どういうわけだか根拠のない自信を持っていて
賞はもらえると 思い込んでいる。

「あのね、こじか、そんな姿勢で賞はもらえないと思うよ。
 だけど、賞には入っても入らなくても それはどっちでもいいの。
 ただ、一生懸命取り組む、練習する、努力するっていう、そのことがこじかにとって
 大事なんだよ。ながーいスタンスでね。」

身に沁みてる様子は今のところ・・・ない。

あ~、頑張らせたい、努力する ってことをさせたいっ。

あれ? はりきってるのは 私だけ?

ダメじゃん。


参加してます→ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-29 21:07 | 私のきもち

サプライズ!

人生にサプライズはつきもの・・・・

えーっと、これ誰が言ったんだっけ・・・





クリスマスの朝。

すてぃっちの顔見たら
思った通りの反応で 
嬉しかったな~。

世のお父さん、お母さん、きっとみんな同じ気持ちだと思うけど
プレゼントした側が 幸せをプレゼントしてもらってるんだよね~。

泣けるな~。

でもこれは 言ってみれば予定通りの涙なのでして。





実は 


私と夫の枕元にも サンタからのプレゼントが置いてあったのだー。

サプライズは これっ!
a0065062_11384447.jpg
サンタからの手紙つき (リボンもついてた)
  パパとママ 
   1こづつ ミサンガあげる
           こじかサンタ

くく~~~ 感動~!

こそこそと作ってたことは 知ってたんだけど、
こういう粋なプレゼントの仕方をしてくれるとは~。

いつも怒ってばかりいて ごめんよ~~~~
ママはホントはこじかが好きなんだよ~。


前に書いた通り、こじかへのプレゼントは人生ゲームでしたが

すてぃっちは

コレと
a0065062_11453724.jpg

あみりん っていう織り機。
大喜びで、早速やってる・・・
できるかな~?って思ったけど
「これ、楽しいっ♪」
って、言いながら夢中で作って・・・





a0065062_11461569.jpg


完成。
会う人、会う人に腕まくって見せまくってました・・・
いちいち 「サンタさんが~」っていう説明つき。

すてぃっちの爪、よく見るとほんのりピンク・・・





それはなぜなら~

             コレ。
a0065062_11464345.jpg

     かわいいバッグでしょう?

開けると


a0065062_11465666.jpg

ジャジャーン♪ メイクBOX!

子供用とはいえ、お肌にどうなの~? 
な~んていう心配もしたことはしたのですが
とにかく こんなにかわいくて、お姉さんちっくなのをもらったら
ものすんごく 喜ぶな~って思ったから~♪

も~、やっぱりね~ な反応でしたっ
興奮しすぎて布団の上にラメこぼしてましたからっ うふふふ


うれしそうに メイク開始。

自分のが完成すると
今度は人に してあげたくて
家族の誰かをつかまえてメイクしてくれてます。  ちょっぴり迷惑・・・
こじかも美人にしてくれました    ←こいつは喜んでた・・・ ^^;

将来はメイクアップアーチストかもっ


ところで こじかは 
自分がサンタになりつつも
それでも やっぱりサンタを信じてるみたいだ。
信じているうちは 来年も再来年も来ます。

いつまでも そういう少年でいて欲しいものだと思うよ。


参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-26 12:19 | 私のきもち

心配してみたり・・いらなかったり・・・

すてぃっちと同じクラスのMちゃんには
親子共々、いつもお世話になっている。

「冬休みの宿題のこととかは連絡帳にプリントが貼ってあるよ。」
と、こちらが聞かなくても ちゃ~んと気を利かせて 教えてくれたりする。
ありがたいなぁ。

町内の子供会のクリスマス会があって、その時も
「行く~?一緒に行こう!」
と、すてぃっちを誘ってくれたのだけど
当の本人が
「こじかちゃんと行く」
と言い張り、一緒に行く気がないことを告げてる。

おい・・おい・・・
と、突っ込みたいところだけど
Mちゃんは さらっと、
「うん、じゃあ、あっち(会場)に行ったら一緒にいようね。」
と自然体で答えてくれる。
まじ、ありがたい。

さて、このクリスマス会、
前日から考えた。

すてぃっちについて行かなくてもいいかどうか。

会場は学校の体育館。
慣れてる場所だし、2年生だし、行けば友達もいる。
どうするか。

こんなことでも 私がいなければ自立のトレーニングにもなるし
すてぃっちのたくましさを信じてみようかな~





が!!

こじかが!!






こ 「ママ、来るでしょう?」

私 「なんで?行かないよ。」(と、言ってみた)

こ 「だって すてぃっちいるじゃん。」

私 「いてもいいじゃん。」

こ 「どっか行っちゃうよ。」

私 「???行かないよ。」

行くわけがない。それは こじかも承知している。

ただ、彼としては心配なんだな~  とは思った。

私 「行けば、すてぃっちは自分の友達がいるんだから こじかはこじかの友達と
   一緒にいればいいよ、別にすてぃっちは ほっといても平気だよ。」

(っていうか すてぃっちの方がほっといてくれって感じだと思うけど)



ま、でも
すてぃっちは ともかく、
こじかの不安の解消のため あとから行ってみた。


ドラマ 『僕の歩く道』 でもあったけど
親はしょうがいのある子供のほうに気をとられてしまうから
兄妹が感じるストレスに気をつけてあげなきゃいけないなぁ と思って。



っつーか! うちの子たち、どこにいるの?
あまりに人数多くて・・・すてぃっち、小さいし さっぱりわからん・・・。

やっと発見した二人は すてぃっちはMちゃん達と一緒にいるし
こじかは女の子達とおいかけっこしてるし
なんだ・・・・ 平気だったみたい・・・

やれやれ。。。。


ただねぇ・・・ 私の怒りモードにスイッチが入ったんよ~


役員のお母さん達が せっかく色々な企画を立ててみんなのために頑張ってくれてるのに
『携帯型ゲーム機』 なんて持ってきてやってやがる子がいるのよ~


家でやってろっ!!


どうしてもゲームアレルギーの私 参加してます↓
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-24 19:16 | こじかくんとすてぃっち

メリークリスマス


a0065062_1992794.jpg


聖なる夜に 参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-23 19:10 | 絵手紙

プレゼント

こじかがサンタさんからもらいたいのは
ゲームソフトらしい。


絶対に、いや!ダメ!


ケチで言ってるんじゃないよ。


ソフトならこの前の誕生日にももらってるし、
すてぃっちに買ったはずのソフトまで
結局は自分の物にしてるし

何もサンタからのプレゼントがソフトでなくても・・・


ってわけで、他に何が欲しいのか
リサーチしたところ


「人生ゲームが欲しい。」

ん~まっ、それならみんなで遊べるし
いっか・・・

な~んて、昨日、夫がこっそり買いに行きましたよ。
ところが その晩

「ねぇ、ママ、人生ゲームは大勢で遊ばないとつまんないんだよね?それじゃぁさぁ・・・」

と、変更を言い出し始めたので



「パパと、ママと、すてぃっちと、こじかと、4人で遊べば 
 ぜんぜん、たのしいよっっ!」




と、思わず言葉を制してしまった。


あわてて小芝居をうつ私を 不思議そうに見て

「あ、そう?じゃぁいいや。」

って言ったあと、

「わ~い、4人でやろう。」

って喜んでたけど

あれ・・・ 作戦だったんかな?

だとしたら  すごいな。


すてぃっちのプレゼントは・・・

お・た・の・し・み♪



参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-21 10:19 | こじかくんとすてぃっち

子供の頃

子供と一緒に過ごしていると
時々、自分が子供だった頃の事を思い出したりする

私の両親は自営業で いつも2人で働いていた。
私のことは祖父が子守りをしてくれていたので
小さい頃に母と遊んだ記憶はほとんどない。

学校が休みの日曜日も 両親は仕事だった。

私がこじかの年の頃、
母が自分の仕事が休みの日の朝に
「今日、横浜でバザーやってるから行ってみようか」
と言った。
母と二人で出かけることはめったになかったので
うれしかったっけ。
「でも、遅くなったら行かないよ、
 学校が終わったら すぐに帰っておいでよ。」

「うん、でも掃除当番だから・・・少し遅くなるかも・・
 でも急いで終わらせて帰ってくるよ♪」

授業中もわくわくして、早く掃除を終わらせなきゃって考えてたな。

だけど、掃除当番にはりきる私の態度が気に入らない男子が
邪魔ばっかりして、
結局 いつもより うーんと遅くなってしまった。

走って帰ったけど 母は怒っていて
「早く帰る約束したでしょう、今日はもう行かないよ。」
と言った。

朝からずっと楽しみにしていた気持ちがくじかれたことと、
男子に嫌がらせされた悔しさで
(みんなは日曜日に家族と一緒にお出かけできてずるい、
 私は違うのに・・・って気持ちが混ざってた)
大泣きしたと思う。

あんまり泣くので 母は仕方なく 私を連れて出かけてくれた。
でも、そのお出かけの楽しい記憶はまったくなく、
↑こんなことしか覚えていない。


子供の頃から、書道を習っていて、
高学年の頃には 展覧会に出すと、何度か入選した。
入選すると表彰式に行かなければならない。
それは たいてい土曜や日曜なので
仕事の両親がついてきてくれることはなく
祖父もその頃にはもういなかったので
「ひとりで行かれるでしょう、行きなさい。」
と言われた。
バスに乗れば行かれるが 心細かった。
ひとりで来る子なんて他にはいなくて
身の置きどころがない感じなのだ。

毎回、表彰式のあとに 全員が並んで記念撮影をする。
どの子も親や兄弟がついて来ているので
式でいただいた 賞状や、盾やトロフィー等は
撮影の時には親が持ってくれているので
すっきり写ってる。
私は自分の財布が入ったバックから、賞状、記念品まで
いっさいがっさい持って写るので かっこ悪かった。
そんなの私だけだ。

ある時には表彰会場が遠く、電車を乗り継がなければならず
さすがにひとりでは無理だった時には
母がとなりの家のおばさんに頼んで連れて行ってもらった。
そこの家の三兄弟もついてきて
にぎやかだったけど 嬉しくはなかった。
やっぱり家族に来てほしかった。
本当は喜ばしいはずの入選が
あの頃は疎ましかった。


今、あの頃の両親と同じ仕事をしている私だけれども
なるべく私と同じ気持ちにはさせたくないなぁ
と思って、できるだけ子供のことを
見ていてあげよう とは思うんだよね。

う~ん。

でもね、もしかしたら
うっとおしく思ってるかもしれないね
私の熱視線が

ね♪


過去に浸ってる間にも参加してます→にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-19 16:12 | 私のきもち

うわさ・・・

人のうわさって コワイ・・・

自分の評判・・  すごいことになってるらしい・・・


この前、親しい友人との飲み会で
いきなり出た話が
すてぃっちの公文での様子。

その友人、公文とは関わりがないのだけど?

「すてぃっちちゃんは 公文でぶーぶーおならしてるらしいよぉ。
 まぁ、それはみんな知ってて知らないふりはしてるんだって。
 それより、公文の先生に 
 『ママは怒るから嫌い、おばあちゃんが好き』
 って、さんざん言ってるらしいよ。○○君のお母さんが
 『tiisaiさんって そんなに厳しいの?よっぽど怒ってるんだろうね』
 って、言ってたよ。」

なるほど~、○○君が出所でしたか~

でもそれっ、私に直接言ってよ~、

私の出てない飲み会の席でその話題になったらしく
・・・・ってことは みんなその話 聞いてるじゃ~ん  はずかしいっ。

そりゃあ、私はきびしいですよ~
でも そんなにまで言われるほどでは~
人並みだと思うんですけど~

友人は笑い話で言ってましたが

へこみます。

人の口に戸は立てられないのよ~
一人歩きして すんごいことになってるんじゃなかろうか~

いやもう その場では開き直りましたよ

「ええ、ええ、私はすごくね、きびしいですよー。
 怒ってますよっ、いい子にしたいからっ。
 だから、私を怒らせたら コワイよ って、言っといてよ♪」

「でもね、○○君のお母さん、言ってたよ、
 みんな、すてぃっちちゃんのこと、特別な目で見てないんだって、
 しっかりしてるんだね って、感心してたよ」

フォローする友人

もはやへこみすぎて 立ち直れない自分

だけど 豪快に笑い飛ばしてる自分

私がへこまない と思うからこそ
何でも話してくれる友人達

誰にも
胸の内は わかるまい

だけど それでいいんだ
へこまない、くじけない、たくましい人だと
思われていたいから。

今日、その話をダウンママのサークルで話したところ、

「私だって、怒ってるわよ~、怒らない人なんていないんだから
 それ聞いて 安心してる人だっているんじゃない?」

って言われて ちょっとホッとしたけどね。


その日は酔えなかった私 参加してます→にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-18 13:37 | 私のきもち

いもにかい

こじかの野球部で 芋煮会がある。

家族でそんな話をしていると
すてぃっちが
  
  「いもにかい って何?」

私 「芋煮会ってねぇ、こじかちゃんの野球部で
   みんなでお芋を煮て食べるのことだよ。」

す 「そういう意味じゃなくってさぁ!」

私 「あ~、あ、 『芋煮』 の意味ね、わかったわかった、
   『芋煮』 っていうのはね、
   里芋とか 野菜や お肉を 大きいお鍋で煮てぇ、
   みんなで こういう小さいお椀によそって食べるんだよ。」

す 「ふぅ~ん。 野菜とか~?お肉とかぁ~?」

私 「そうそう。」

す 「あと、  もね。」

一同  「!!!」



           かいが違った・・・。


参加してます→ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-14 09:58 | すてぃっちのつぶやき

サザエさん

  ◎ さざえ
a0065062_18463294.jpg

 まっこと、うまかった。
 こじかは 「にがい」 と言って ( にがくないけど?) 残したが
 すてぃっちは 何も言わずにモクモクと食べ、
 こじかの分まで食べました。

・・・・・・ おぬし、もしや お酒、イケる口かな?


参加してるかな? → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-12 18:50 | 絵手紙