盲導犬

学校で盲導犬ユーザーの方のお話を聞く機会があった。

私達に手助けできることや
生活の便利さ、不便さなど、子供達にわかりやすい形で
色々お話していただいた。

盲導犬は10歳まで働き、その後は3通りの道があるらしい。

 ・家庭犬としてユーザーの下で暮らす。
 ・盲導犬協会に戻って過ごす。
 ・ボランティア宅に引き取られて暮らす。

どうするかは ユーザーが決めるのだという。
その時の犬の健康状態なども考えて
訓練士さんと相談し より良い道を選ぶのだと。

子供達からの質問

 ― 今からその時の事を想像したら どんな気持ちになると思いますか?

 ― 考えたことはないです。それまでに彼(犬)と相談して決めたいと思います。

私の想像では 
たぶん寂しい気持ちになると思うんだけど
慎重に考えながら、最後まで 寂しい とは言いませんでした。
自分の気持ちよりも
盲導犬にとって何が幸せなのか
を考えようとして 言葉を選んでいる様子が
とても思いやりを感じて
感動した私です。

相手の立場に立つ
ということは

盲導犬がユーザーさんの気持ちを思い
ユーザーさんが盲導犬の気持ちを思い
手助けしようとする時の私達の心構えでもあり
子供達のお友達への接し方にも共通する

思いやり ってことだよな~ って思ったのだった。

みんなが そうだったら いじめも自殺もなくなるのに。

「いじめをなくそう」 なんていうスローガンを立てるよりも
「思いやりを持とう、相手の気持ちになろう」
って方が、わかりやすいよね・・・

ひとつだけ思うのは
子供達は こういう人権教育には とても素直に
とても優しい 素晴らしい感想を持つのに
残念ながら これが身近なお友達との関わりに結びつきにくい
ってことかな・・・。

今すぐわからなくても じわじわと感じてほしいな~
期待する。

参加してまする→にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-29 13:08 | 私のきもち

きゃっきゃっきゃっ

  ◎ 紙ふうせん

a0065062_12471184.jpg

こじかくんとすてぃっちが 仲良く遊んでる
こじかが幼いのか はたまた大人なのか
よくすてぃっちに合わせてくれてるよな~
遊びのルールは 二人で相談して決めてるみたいだ

だからこじかが野球から帰ると
すてぃっちは 金魚のふん になる

トイレまでついていって 見てます
 (それはやめたら?)

ボール投げは すてぃっちが投げるときは ふりかぶって
こじかが投げるときは ぽよ~んぽよ~んとバウンドさせて。

紙ふうせんなら 二人で一緒に エキサイト。


参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-27 13:03 | 絵手紙

きみはほんとうにステキだね

私が読み聞かせボランティアの絵本選びに苦慮していると
こじかが
「この本、読めばいいのに~」
と、おススメしてくれることがある。

図書室から借りてきてくれた こじか推薦図書

 きみはほんとうにステキだね  宮西達也 作  
a0065062_13551993.jpg
同じ作者のきょうりゅうシリーズがあるらしく
これの他にも
  おまえうまそうだな
ってのが特に気に入ってるらしい。

偶然 私もこの作者の
  パパだってウルトラマン(これもシリーズになってる)
を面白く読んだことがあって
あ~、この人の本なんだね~
と、またそこで こじかと話が盛り上がった。

さて この話、最後がかわいそうで
涙なくしては読めない・・・

と、思ったのだけど
夫は 悲しい結末とは思わない
という解釈。
うん、確かに読み方によっては
どちらともとれるお話。

いろんな感想があるっていいことだなぁと
思ったので
子供にも色々想像をふくらませてもらえる絵本を
読んであげられればいいのかな
なんて思う。


追記 *************

最近、同じ きょうりゅうシリーズの
  あなたをずっとずっとあいしてる
を読んだ。
またしても最後のページが 涙で読めない・・・

だ、 誰か読んでみて~

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-24 14:08 | 絵本

いじわるしないで

先週の授業参観日に見た出来事

こじかのクラスの担任は若くて熱血な男の先生だ。
いじめについても 日ごろから
厳しい目で指導をしてくれている。

でも どんなに先生が
生徒や、 私達保護者にも 
「自分はこう考える。絶対にいじめはいけないのだ。」
と 指導していようとも
子供達の中には [いじめ] とは思わずに
意地のわる~い事をする子がいるのだ。

男の子は、単純で
先生の見てる前でも、
気にいらない、と思ったら
すぐに もめ始めるので
指導はしやすいようだ。
でも これも高学年になったら変わるであろうが。

女の子は・・・

いやだね。

私も女ですが。

こわい。

体育の時間を参観していた時の事。

ひとりの女の子の表情がちょっと暗かった。
あれ?何かあったのかな?
と、思った。
一緒に参観してた人達と心配だねぇ・・
なんて話していると
先生も気づいたらしく何か声をかけていた。

次の授業では、その女の子とこじかが笑顔で楽しそうにしているのを見たので
あぁ、よかった、元気になったみたい。

帰宅したこじかに話を聞くと
「体育の時間に間違って誰かの足を踏んじゃって
 『ごめんね』って言ったのに、4人の女子に『はぁ?』って
 言われて許してもらえなかったんだってさ。俺にそう言ってた。」
と、言うじゃんか。

「こじか、それで何て言ったの?」
「んー? ドンマイ、気にするなって。」

そうか、こじか、それならいい。

いじめ、意地悪、からかい、その境界線は難しい。
いけないと言っても本人が悪いことの意識がないと
やめろと言ってもやめられるものかどうか。
でも クラスに一人でも こじかのスタンスの友達がいるか、いないかの違いは
大きい気がする。

ひとりひとりなら 意地悪なことはしない いい子達だろうと思うけど
集団になるとなぜかこうなるんだね。

気に入らないとか相性が合わないとか
それはそれで それなりの付き合い方があって
意地悪をする必要はないのに。
高学年になれば なくなるどころか
増えるであろう いじめ 意地悪。

そしてそれは 見えにくくなってくる。

あぁ いやだ・・・  ほんとにイヤだ。

その女の子には優しい言葉をかけたこじかだけど
ヤツだって 友達をからかうことがある。
相手の友達はどう思っているのか。

よく考えるように、と伝えている。

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-22 18:05 | 学校

心肺蘇生法

日本赤十字社の講習会に参加した。

幼児の心肺蘇生法を学ぶ。
まずは簡単に幼児に多い事故の対応や手当てのレクチャー。
転倒、転落、誤飲、溺水、やけど等
身の回りの安全確認によって予防できるので
事故後の手当てを学ぶよりも 未然に防ぎましょう
との前置きの後、
いよいよ 本題の救急救命法。

幼児人形のジャミーちゃんを相手に実践です。

成人、幼児、乳児、それぞれ多少の違いはあるが
基本的な手順は同じらしい。

幼児の場合の心臓マッサージは片手で行う。(赤ちゃんは2本指だって)

私は息の吹き込みが上手にできなくて
(ジャミーちゃんはランプがついて適切かどうか知らせてくれる)
約1分間の手技でも クラクラしてしまい、
最後に
「誰か来てください、119番お願いします。」
って <協力者の要請> をするんだけど
私の方が助けて・・・
ってな感じに・・・。

実際にこの手技を披露するような事態にはならないことが好ましいけれど
もしもの時に
わが子の命が救えるなら 救わなきゃ と思うであろう。

救急車の到着は 全国平均6分だそうです。

呼吸、循環が止まって 4分以上過ぎると 
救命率が下がり、たとえその後蘇生しても脳にダメージが残るらしいです。

それを聞くと  ね・・・。

それにしても自分、不器用だったわ。
30人くらい参加してたけど みんな上手なんだもの。

あらら~・・・。

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-21 14:02 | その他いろいろ

漢字

すてぃっちのおポンチにはもう驚かない私だ。

最近は友人の方が何かと気にかけてくれて
「明日は図工があるよ、材料持たせた?」
と、私にチェックを入れてくれるようになった。
(以前、図工でも何でもない日に準備を持たせて
 驚いた友人が『用意が必要な日は私が教えてあげるわよ』
 と言ってくれたのだった、サンクス友人!)

そう、必要な時に必要な準備をせず
必要ない時にわけのわからん支度をするのがすてぃっちなのだ。

先日、その友人から

「明日は漢字のテストがあるよ。」
と言われたので 勉強させた。

   広い  広大
   自分  分かる  自ぜん
   秋  冬

を覚えればいいらしい。

毎日の漢字練習で書いていた漢字もあるのだけど
とりあえず 集中的に
こればっかりを書かせてみた。

その後 夫の実家に行き食事をして
帰りの車中、
もう忘れてるかもな・・・
と思って、
「そらに書いてみて」
と問題を出したところ
「書けるよ~」
と言って 『秋』 をすらすらと書いたので
一同、びっくりして
「おぉ~ーーーーーー」
と、感嘆の声をあげた。
続いて 『広い』 も書くので 
ますます大きな
「おぉーーーーーーーー」
が車中に響く。

それに気をよくしたのか
全部の字を書いてくれて しっかり覚えたことを確認。
今日はスイッチ入ってるな、と思い
「明日もその調子で頑張ってね」

さて 次の日。
「漢字、書けた?」
「うん、でも書けないのもあった。」
「何が書けなかったの?」
「だいち」
「大地か~、それは勉強しなかったから仕方ないね、でも他は書けたの?」
「うん」
「えらかったね。」
「うん。」

漢字が書けたこともさることながら
すてぃっちが あまりにも自然に
 ―きょうはだいちがかけなかった―
と報告していることが
奇跡。。。

今日の出来事なんて報告できる子じゃないですから・・・

それも勉強の話してるし。

驚きのことなのだー!

と、ひとり夢見心地になっていると

おじいちゃんが
「じゃ、そのテスト、見せて。」
「ないよね~、テストだから提出したもんねぇ。」 私。
「ううん、あるよ。」
「・・・え?テストでしょ?」
「うん」
「出すんじゃないの?」
「出してないよ」
「みんなは出したのに?」
「うん」

せっかく書けたのに先生に出さないなんて
もったいない・・・
究極の欲なしです

まぁ 、  書けたんなら 


 いっか。

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-20 13:11 | 学校

そっか 。 と  ま、いいわ 。 のススメ

すてぃっちがよく使う言葉

  そっか

  ま いいわ


この力の抜けた すてぃっちの言葉が
私は大好きです。

すてぃっちと話していると
とんちんかんな会話になることがよくあるので
違ってることは正したり
何度もよ~く聞きなおしたりするわけです。

頑固なすてぃっちなので
なかなかわかってくれない時があり
私としては力が入ります。

ところがあっさりと

「・・・そっか。」

と言ったり

「・・・ま、いいわ。」

と言われて 
普通に話を続けられると
なんかこちらとしては拍子抜けというか

あれ?もういいの・・・って感じになったりして。

あとくされがない潔さなのか
なんだかよくわからないけど
気分がさっぱりしてくる。

うじうじひとつのことで
思いつめたりしないぞって感じが
イイっ!

時々つぶやいてみると
肩から力が抜けて
気持ちが楽になります。

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ

*******************************************
今週はちっとも落ち着かない慌ただしい1週間だった。
うまく事が運ばなくっても、ま、いいわ
そんなお気楽でいきまっしょい。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-18 17:48 | すてぃっちのつぶやき

多忙につき・・・

 ◎ アスター
a0065062_19324015.jpg

今週は忙しく 日記書けずです・・・
またね。

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-16 19:38 | 絵手紙

読み聞かせ

読み聞かせのボランティアは活動を重ねるごとに
メンバーが増えてきました。

仲間が増えるっていいものですね。

前回 私が読んだ絵本は


おでかけのまえに  筒井頼子作 林明子絵

a0065062_21155917.jpg
主人公アヤ子がピクニックの朝、
起きてから出かけるまでの
待ちきれないワクワク感が描かれています。
絵がほんわかとして かわいい、
でもそれだけじゃなくて
細部までこだわりの深い絵なので
絵だけをながめていても
子供も大人も楽しい、見るたびに新しい発見がありそう。

それと 自分も子供の頃にこんな気持ち、経験あるな~ って思える本です。


わりと短いお話でゆっくり読んでも5分くらいで終わります。
「え~、もう終わり~?!」
なんていう声もありました。



また 子供たちの反応が良かった絵本があったら
紹介しようかな  と思います。

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-14 21:26 | 絵本

ペンダントトップ

キットなんだけど 
ビーズハウスに飾られていたのを見たら
リーフ型のシルバーパーツが可愛かったので
欲しくなっちゃって。

色違いでふたつ作った。
ひとつはお義母にあげるつもり。
どっちの色を選ぶかなぁ

残った方は自分で使う予定。

・・・母も欲しいって言うかもな~
a0065062_15591344.jpg
派手好きだからなぁ・・・

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-11-12 16:00 | ビーズ・ヘンプ