<   2006年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

素とび

「ほらぁ みて~ できるよー、 はぅっ うっ うっ うっ」
 
わー、できるの~? すごいねぇ、でもそれ うしろとびになってるよ・・手が・・・。


すてぃっち、近頃 なわとびが 得意です。

「これもできるよ、あやとり」

へ~、あやとりもできるの? ふぅん、 ん? あ、それか、あやとね・・・。

「うん、あやと」  ぴょこっ ぴょこっ ぴょこっ

ほんと、上手だねぇ


と、いっても なわは とんでません。

シャドーなわとび? もしくは 素振り  ならぬ 素とび?


でも ママには 見えてるよ  なわが。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-31 10:11 | すてぃっちのつぶやき

おポンチ

先日 学校に行った時、担任の先生から言われたこと。

「もうすぐ2年生になるし、今まで少し手をかけてあげていた部分を
 自立の方向にもっていきましょう」

具体的には

「実は帰りの仕度など、どうしても忘れてしまう物などあった時に
 私が入れてあげたりしてました。でもこれからは なるべく手を貸しません。
 忘れてくる物があるかもしれませんが お母さん、了解しててください。」

   ―― はい。

「宿題や連絡袋も 私がランドセルから出して見る、ということをしてました。
 でも必要な物は自分から提出できるように、声かけはしますが
 それ以上はしません。お母さんも 家で声かけの方、お願いします。」

   ―― はい。

そういえば 冬休みの宿題が1週間くらい家と学校を往復していた。
先生、知ってて 見ぬふりしててくれたのね。

相変わらず連絡帳を 書いてきたりこなかったり。
そのたびに 友達に持ち物を聞いてた私だったけど。
困るのは自分 という事を わからせないといけないようだ。

そうだよ。こじかには そうしてきたのだから。

だけど すてぃっちはおポンチなのだ。
 
体育があった日、体操の短パンの上に おズボンを履いて帰ってきた
(よく おズボンが履けたと思う、きっついだろ・・・)

ユニクロで買ったリバーシブルのジャンパーを 行きと帰りで
色を変えて帰ってくる   おっしゃれ~
(・・・単純に 裏返しが苦手)

手袋を 片方づつ失くす   と思うと暖かい日にはめて帰ってくる

給食当番と言いはって 給食当番じゃない・・・

ふでばこの中味が 突然消える → そっくり教室の道具箱に移動。

担任ではない先生と手をつないで歩いてきて
 す「先生 バイバーイ、またね~」 すっごい親しげ。
 私「あの先生、何ていう先生なの?」
 す「誰?知らない。」

あー、この
愛すべき おポンチ。

ついつい かわいくてかまいすぎてしまうんだ。

これは もしかすると―

すてぃっちの マインドコントロールなのかもしれない!
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-29 12:07 | 学校

夜泣きの思い出

昨日 こじかの癖のことを書いてて 思い出しました。
あれは 1才半くらいだったかな~
うちのこじか、指しゃぶりで 親指が くわえやすい形に曲がってしまってた
その上 冬だったから 赤ギレになり 痛そうだったので
薬をつけて 絆創膏貼って 
「もうしゃぶらないでね」
って言った。

その晩から 激しく夜泣きが。
(そうです、 心の拠り所を奪った 私の失敗)

どうにも 泣き止まないので
そうだ! 車に乗るといつもすぐに寝てたから・・・
と、真夜中のドライブに。(運転は夫しかできず。ペーパーな私)

寝たら帰ってきて布団に入るんだけど また数時間後に泣き出して・・・。
一晩に2回か3回ドライブした。

翌日もまた 寝て 泣いて ドライブ 寝て 泣いて ドライブ・・・

夫も若かったといっても 4日目あたりにはホトホト疲れて ぐったり。

でも泣くこじか。  もはや 起きれない夫。

そしたら なんと 
ヤツは 泣きながら 夫のコートと 眼鏡と 車のキーを持って
愛するパパのもとへ行ったんですねー

起きろと。 

起きて 俺を車に乗せろと。


そして夫は1週間 頑張った。

限界だった。

そう 1週間目には また指くわえて 寝るようになりました。

安眠。。。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-28 12:41 | その他いろいろ

こじかくんの妙なくせ

今日は こじかの妙なくせを ヒューチャーしま~す!


それは お風呂に入る時。

彼はいつも パパと入るのですが

「お風呂だよー」

と呼ばれると 私のいる 台所に来て コップ一杯の水を飲みます。





おしまい










と、思ってたんです、ずっと。

それが 先日 夫の口から 真実が語られることに ―



さて みなさん、湯船につかる時、はじめはお湯がとっても熱く感じますね。

台所で コップ一杯の水を 「口に含んだ」 こじかは

そう、そのまさに 熱く感じる 瞬間に ゴックン と水を飲みこむことにより

体の中から 熱さを冷ましていたのであった!

すごーいっ   天才!!!




って   なるかー!! 
口に含んだ水だって あったまっちまってるだろがっ。


本人は 効き目あり  と思ってるらしいよ~。

心頭滅却すれば 火もまた涼し

って いうもんねー。





       ・・・・・・。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-27 11:43 | その他いろいろ

変化

ここ数日 テレビをつけるとライブドアの話題でもちきり。
この前までは 偽装マンション、その前は大雪
下校途中の児童の事件なんて 覚えてる? って突っ込みたくなる。

話は冒頭に戻って 
その、もちきりの話の中で『ルール』という言葉が 何度も出てきた。
 
私の頭の中に 浮かんだのは・・・

 ―学校のルールが守れないヤツは 社会のルールも守れないんだよ―
 
そうそう、嶋大輔、昔 そう言ってた。

ルールか・・・

大事だ。

そこらへんの教育は今も昔も変わらないといいけど。

今、学校って、あんまり競わせないような・・・
うちの学校では 運動会のかけっこは 選択できる。
普通の徒競走と、障害物競争。
徒競走だと、大体いつも結果は同じ、足が遅い子は運動会嫌いになるから
という理由で(障害物なら時の運で結果がわからないんだって)
自分の参加したい方を選ぶことになってる。

どうなの?
私も子供の頃、足が遅くて運動会は憂鬱だったクチだけど
だからって 甘くない?

かけ算とかも 誰が一番早く覚えられるか競争したし
笛とかなわとびとか鉄棒とかも 合格したらシール貼るってグラフがあった。
みんな友達に負けないようにって気持ちで努力した
なかなかシールがもらえない友達がいたら、みんなで休み時間に教えてあげたり
一緒に練習したりして その子ができるようになった時にはみんなで喜んだけど。

うちは3年生だから まだそういう経験をしてないだけなのかな
今のところ、かけ算にしても なわとびにしても 鉄棒にしても
記録は 自分自身との競争らしい。
過去の自分の記録に挑戦みたいな・・・
残念ながら 欲無しこじかには 全然 教育的効果はない。
できなくても まあ いいやー になっちゃってる。

欲を張れ!こじかには いつもそう思う。

ルールは守れよ~。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-26 10:34 | 学校

有料。

子供が成長する段階で 身辺自立が、どこまでできてるかっていうのは 
次のステージにあがる時には 必ず気がかりになってくる。

着替え、排泄に介助が必要かどうか・・・

特にトイレは気になるかな。

すてぃっちは2才から幼児教室で先生におまかせだったので
なんだか 私自身はあんまり頑張らなくて済んじゃったみたいなところが・・・

とはいえ、お教室のトイレや入学後の学校のトイレは 慣れているので問題ないのですが
お出かけ先の慣れないトイレって 私も緊張。

便座に大理石の模様がついてると イヤとかいうし(めったにないと思うけど)
私が、失敗しちゃいけないとか思うと(着替えを持ってない時にかぎって失敗したりする)
つい口を出し、手を貸ししてしまうので嫌がられて
長い間、外出時には パパとトイレに行ってた、すっかり嫌われたママ・・・。

でも最近、ママとも行ってくれるようになったどー。
というのも、ひとりでも自信を持って個室に入れるようになったんですな。
ママは個室の外で待ってればいいんですー。

ほいでもって 最近入った おもしろいトイレ                                

  じゃじゃ~ん

a0065062_1075965.jpg風水トイレ!
赤、黄、緑、ピンク、青ってあって それぞれ 
活力の間、金運の間、癒しの間、恋愛の間、
(青は忘れた・・・) と、なっております。

うわ~ すてぃっち、どれにする~?
わーい、ぴんくぴんくぅ☆ ん?恋愛?あ、そう 
あたしゃ やっぱり金運の間だね!

こちら、有料公衆トイレ。綺麗でした。
ひとつのアトラクション的要素が・・・

だからって
10分も入ってなくてもいいのに こじかっ。
彼は 癒しの間で癒されていたらしい。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-25 10:35 | その他いろいろ

供の者が

すてぃっちが通う公文の教室までは、徒歩5,6分なのだが
道幅も狭く 人通りも多くはないので 送り迎えをしている。

帰りは先生からの携帯のワンコールが 「終わりました」 の合図。
 
いつものように お迎えに出ると
遊びから帰ってきた こじかとバッタリ。
「何処行くの?」
「天竺(お迎え)。」
「おれも 行く」
かっぱ(こじか)のお供を 連れて歩いていると
「あ、○○ちゃんのお母さんだー、何処行くの?」
「天竺(お迎え)。」
「おれも行く」
「おれも」
こざる(イケメン)とこぶた(クリクリおめめ)もお供に加わった。
私を置いて走って行く供の者たち。私より先に天竺に着いてしまったではないか。
私が到着した時には すてぃっちも先生も面喰らってた。

すてぃっちは バッグと、先生から借りた数字盤が重かったらしく
「あ~ もう これ重い、誰か持ってよぅ」
と、さすが女王の貫禄でひとこと・・・
すかさず 供の者が
「おれ持つ」
「おれが」
「いいよ おれが」

私の心境・・・
あの~ うれしいんだけども・・・
なんじゃ こりゃ・・・

こんなとこ、2人のママが見たら
「うちの大事な息子に 何させんのよー」
なぁんて 怒られちゃうかも~。

イケメン君のママ曰く
「なんかさ、小さいからかわいくって しょうがないみたいなんだよね~。」
って。
なるほど 小さいって 得かも。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-23 16:08 | こじかくんとすてぃっち

ダイヤモンドの輝き

金曜日は 私の誕生日でした。


と、いうわけで こじかくん主催のパーティーが ありました。

で、 これ プログラム・・・
 a0065062_1464047.jpg




パパからは ハッピーバースデーの歌

こじかから プレゼントを もらって

すてぃっちは ダンス・・・


えーっと 次は・・・

     「ママのおれいの言葉」
   
          プログラムに くみこまれてました・・・・

こじかくんから貰ったプレゼントはこちら
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-22 14:29 | その他いろいろ

びっくり!!

すてぃっちの授業に参加した。
年が明けてから 初だったけど
子供達が 相変わらず大歓迎してくれるのが 本当にかわいい、1年生って。

先日 漢字のミニテストが返された。
5問くらいあって、先生が黒板にひらがなで
  1 あめ
  2 しろ 
    ・ 
    ・
    ・
と、書いたのを 漢字で書くもの。

すてぃっち
ぜーんぶ ひらがなで書いて マルもらってきました。
ほめました。

ほんとは漢字で書くんですよ~ 漢字テストですから~
でもね、テスト中は お友達に話しかけたりとかしないで
頑張って黒板の字、写してるんだもの、えらいっ。

ところで 授業中、すてぃっちの発言に ド肝を抜かれた。
 給食の調理員さんに伝えたい言葉 について
 クラス全員で話し合いの時間。。。

先生が 1人づつに
「一番、言いたい気持ちって何かな?」
と、質問。
「おいしい」
「一番 おいしい」
「たのしい」
「ありがとう」
などの意見が出て、次はすてぃっちの番
(きっと、みんなの真似して おいしい とか言うんだろうなー)
と思っていたら
「しっかりと 食べます」
って、言った。 これ、 ほんとにほんとに びっくりしたの。
先生の質問がわかって答えてるし、人の真似じゃない、オリジナルの意見じゃん!!

あの時はなんか回路がつながってた。
だから、今漢字が書けなくたって、足し算がわかんなくたって いいやって思う。
ある時、ふとした時に、今まで積み重ねてきたものが ぽーんとスイッチを入れてくれて
自分の中にあることが 表現できる時もあるんだーって思ったら
それが いつかなんて問題じゃない。

すてぃっちのがんばりを ますます応援しようって
(応援の中にはただひたすら何もしないで待つ、というのも含むんだけど)
気持ちになる出来事でした。
  
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-20 10:01 | 学校

いま いるところ

私の場合、すてぃっちが生まれてからしばらくは
しょうがいについて 深く考えることになりました。
考えて 今は自分なりにたどり着いたところがあって
最近では 特別に考えることはしなくなりましたが。

身体的はもの、すてぃっちのような知的なもの、
生まれた時から、あるいは後天的に、
病気で、あるいは怪我で。
自分自身も 歳をとったら しょうがいしゃになるかもしれません。
だから 誰にとっても 身近な問題だと思います。

でも経験しないと なかなか身近に考えられないというのも またあると思います。

昨年、重症心身しょうがい者の通所施設の開設者である 日浦美智江先生の講演に 
二度ほど参加する機会に恵まれ その内容が とても深く、胸をうつものだったので
心に残ったことを 記しておきます。

つづきを読む
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-18 21:09 | 私のきもち