カテゴリ:こじかくんとすてぃっち( 166 )

自主性


自主性に任せる  

って言うと

聞こえはいいけど

都合がいい言葉かなぁ

こじかの部活の朝練。

テニスコートは2面しかないので

全員が参加できるわけではなく

成績上位の子だけが練習できる

まぁ

上位に選ばれることは

嬉しいことでもあり

辛いことでもあるらしい(生徒にとっては)

私も早起きしてお弁当を作らないとならないので

毎日眠いけど

お弁当を作りながら

何度もこじかを起こすので

こじかが出かけるまでは

かなり殺気立つ。

「急がないと遅刻だよ。」

のんびりしていて、急ぐ気配もないので

ある時、私もキレて言った。

「好きでやってる部活に遅刻なんか考えられないっ。
 上位に選ばれた誇りは無いの?
 遅刻したら仲間にも迷惑でしょう?
 参加したくても選ばれない子だっているんでしょう?
 その子たちに悪いと思わない?」

するとこじか

「だって、みんなだって時間に集まらないし
 別に遅刻しても平気だよ。」

そのひと言に燃えるtiisai!

「ほらっ。そうやって一人ひとりが遅刻して
 誰もちゃんとした人がいなくなったらどうなるの? 
 悪い方に引っ張られるんじゃありませんっ!
 誰もこなくてもあんただけはちゃんと行きなさいっ!
 イヤなら、部活なんてやめてしまいなさいっ。」

と・・・・

毎日バトル。。。。

それがある日の放課後

「ママ、明日から朝練がなくなった。」

「なくなったって、どういうこと?」

「なんか~、いつも来ないヤツが2人いて~、
 先生が『全員揃わないと意味がない。
 これからどうするか、みんなで相談しろ』
 って言ってさぁ、どうせあいつら来ないし
 相談したらみんな『じゃ、やらなくていいべ。』って言って
 やらないことに決まった。」

はぁ~~~~~~~????????


「あんたたちっ、ばっかじゃないのぉおおおおおお!
 なんで、楽な方にいっちゃうわけぇええええええ?
 来ないヤツを『来いよ』って引っ張ればいいわけでしょう?
 それをそれをそれを~~~~~~~~!」

まぁ、そんな奴らだから
先生も呆れて見放したのかもしれませんし
試したのかもしれません。

「先生、なんだって?怒ってた?」

「いや、別に先生は怒ってはいないよ。」

そぉか・・・・・

自主性に任せたのか・・・

それはそうかも。

馬を水のみ場まで連れて行くことはできる
でも水を飲ませることはできない

自主性・・・それがなきゃ
何をやったってダメなんだ。。。。

でもそれって


先生、楽してないか?

そこを  そこんとこを

厳しく強く
その根性から
叩きなおす

あるいは

その気にさせるのが

指導  って言うんじゃないのか?

・・・・でも

部活は先生もボランティアでやってくださってるのだから
そこまで望んじゃバチがあたるよな。。。。

子供の成長って
難しいよね

いくら親が頑張れ って応援しても
もう私の思いが及ばないところに子供もいってしまってるし

いい指導者と出会えたらいいけど

結局
あとは本人次第。

わが息子ながら
どうしてあんなにやる気がないのかと

燃える  ということがないのかと

ほんとに私の子なんかな?????

って思うくらい アホです。。。。

はぁ~~~~。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-12-05 09:06 | こじかくんとすてぃっち

バランス

参観日だったのです

じっくり観てきました。

まぁ~ず、担任マダム女史の言うことを
一度で聞かないすてぃっちに腹が立つ。

マダム女史、叱ってくれていいんですのよ・・・

我慢強いのか、先生叱ることはなさいません。。。

すてぃっち
あんた、いつもあんな調子なの・・・・

ママ、がっくりだよ。

それでいて
6年生、リーダーとしての役割は
かなりしっかり務め上げてました。

時には
先生を制してまで
「ちょっと待って下さい。今(全員を)並ばせてますから。」
と言って先生をタジタジさせたりして。


実は、この頃、たてつづけに漢字ノートを無くしている。

私   「先生、ノート、どこに行っちゃってるんでしょうか・・・?」

マダム「たぶん、漢字が嫌なんじゃないでしょうか・・・?」

なんですとっ! (怒)

で、その日には漢字のプリントで宿題を出してくれたマダム女史でしたが
その後は続かず。単発だった。 (寂)


私   「先生、すてぃっち、先生に甘えてるんじゃないでしょうか・・・
     悪い時は叱ってもらっていいです・・・」

マダム「苦手な授業の時にはあんな感じですが、好きな授業の時は
     積極的に取り組んでます。」


・・・・苦手な授業こそ、意欲が沸くような取り組みをお願いしたいな~

とまぁ

あらゆる方面に向かって思うことあり。




よく、進研ゼミからダイレクトメールが届きます。

昨日もすてぃっちは自分宛のダイレクトメールを見て

す 「ねぇ、ママ~、
   これやったら、中学のお勉強わかるんじゃない?
   これ、やりたいな~^^」

と、ニコニコしながらうれしそうに言ってました。

ほんとにね~、それやったらお勉強できるようになったらね~

と、とても切ない私でした。



っつーか!

その意欲をこじかにもわけてほしいわっ!

まったくっ!  急にこじかに対する怒り噴出!


    がっかりしたり、切なくなったり
    笑ったり、怒ったり、癒されたり

     なんか2人の子どもに振り回されつつ
     バランスとってるtiisai。。。。。



ありがとう、こじか。。。あんたがイラつかせてくれるからいいのかも。。。と思うしかない



って、ばかばかばかーーーーーーーー!
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-12-01 11:31 | こじかくんとすてぃっち

ピヨ子

すてぃっちは私のことを

「ママ子ちゃん♪」

と呼びます。

私はすてぃっちのことを

「ピヨ子ちゃん♪」

と呼んでいます。



なぜピヨ子かというと・・・・

すてぃっちの名前は2文字で「子」はついていないのですが

  ママ子ちゃん   に対して

  △△子ちゃん   と、「子」をつけて呼んでいたところ

音が「ピヨ」と似ている(?)ので

いつの間にか

「ピヨ子ちゃん」

と呼ぶようになり

最初のうちは

「何でピヨ子ちゃんなの?」

と言っていたすてぃっちが

いつからかパパっちに

「ママは『ピヨ子ちゃん』って呼んでくれるから好き。」

と言うくらいに

すっかり定着してしまいました。

家族の中でそう呼ぶのは私だけなんですけどね^^



でもこの「ピヨ子ちゃん」

実はこれは省略形で

正式には

「ママのかわいいピヨ子ちゃん♪」

と呼ぶのが本当です。 ながっ! じゅげむほどじゃないけど^^


なので

叱るときにも

「こらっ!ママのかわいいピヨ子ちゃん!
 ちゃんと片付けないとだめでしょー!」

って、イマイチ迫力が出ません・・・・

うふ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-11-21 08:32 | こじかくんとすてぃっち

雨にたたられ・・・

すてぃっちの運動会は1日流れて
翌日になりました

その様子はおいといて。

火曜の予定だったこじかの運動会は
これまた雨で延期になりました

中学の場合、1日順延ではなく
予備日は木曜になっており (今日、水曜は穏やかな運動会日和なのに)

木曜の予報もまたあやしいので

そしたら来週になる予定ですが

いったいいつ開催できるんだか・・・・


こじかのテニスの大会も雨で延期になったりしましたが

こちらはすでに開催され

団体戦メンバーに選ばれた彼は
とりあえず市大会に駒を進めることができたらしいです。
野球時代は万年ベンチウォーマー
選ばれるなんて経験ないので
よかった、よかった。
お気楽にわけのわからない自信を持っているのは
選ばれた経験のない彼が
浮かれてなにか勘違いしちゃってるのかもしれないです。

でも、そのうちいろいろわかるようになって
現実を思い知ることでしょう。

そんなこじか、
クラスで委員決めをしたとかで
立候補したらしい。

え?あんたが?
超消極的で、今までそういうのとは無縁なこじかなんですけどぉ~~~~

だから、まぁ、えらいっ と思いました。

ところが
もう1人立候補したので
それぞれ演説をして
投票で決めることになったらしく

何を語ったのか
詳しくは教えてくれないのですが

「・・・・学校のために・・・」

みたいなことを言って
投票で選んでもらえたとか。

表現力もないこじかが何を演説できたのか
家族全員「???」不思議に思っているのですが

どうせやるならその中で
今度は委員長とかやってきなさいね

と、はっぱをかけてみました。

実力なんてなくっていいので
そういう経験で学ぶってことが大事!

まぁ~~~
どこまで化けてくれるか楽しみでもあり

化けないで終わるかもだけど。。。



すてぃっちの方は代休だったので

気をとりなおして

「カラオケに行きたいっ!」

パパっちが休みだったので3人でカラオケ、行きました。

すてぃっちが好きな歌は

ファンモンの『あとひとつ』なんですが・・・

すご~くかっこよく振りまでつけて歌ってました。
歌いっぱなしで声が疲れたらしいです。

いつまでも夏の暑さが続いてたけど
急に秋がきて・・・

もう小学校生活も残りわずかだな~~~~~。。。。

               どうもこういう季節の変わり目は苦手なんだよな~精神的に~~~
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-09-29 11:02 | こじかくんとすてぃっち

こじかの予言

こじかのテニスの区大会を
応援しに行きました。

個人戦だったのですが

ベスト16に入れば市大会に出場できるっていうので
なんとしてもそこには入ってもらいたい

でも
うちのこじかは予言者なので

1回戦、2回戦の相手には勝てるけど
3回戦の相手には勝てない、負ける と言ってました。

前回負けた経験のある相手だったらしく・・・

あの調子じゃ予言は当たるね・・・と思い

「こじか、何度も言うけど
 勝負は『勝つ』っていう気持ちでいかないと負けるよ。
 でも、『勝てる』と思った時には負けるんだからね。」

と、活を入れてやりました。

が、

まぁ、案の定、予言どおり^^;

こじかは小さくてやせっぽちだし
ペアの子もひょろ~っとしたタイプ

一方、相手は高校生?って思うくらい
しっかりした体つき 

体格ですでに負けてる感じ~~~
そこにビビってるのかしらん?????


ミスも多いし、せっかくのチャンスもモノにできないし
失敗したあとの切り替えがぜんぜんできなくて
あきらめムードになっちゃってるのが特にダメ。


後日、家族で反省会

私 「あんたももうちょっとしっかりやった方がいいよ。」

こ 「え?やってるよ。」

パパ「やってるって、できてないじゃん。」

こ 「え?おれ、できてるよ。」

パパ「できてないじゃん!」

こ 「え?おれ、練習の時はミスしたことないよ。」

パパ「試合では2回に1回はミスしてたじゃないか!」

こ 「おれ、できるよ。」



むなしい・・・
まったく、なんなんでしょう・・・
私にはぜんぜんわかんないよぅ

反省しない性格つーか

ある意味羨ましいつーか

あれじゃ成長しないな~~~~


今日は団体戦に出かけてる
根拠のまったくない自信と共に・・・
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-09-23 09:36 | こじかくんとすてぃっち

もうイヤ・・・

「あたしさぁ、もう呆れちゃったわよ~」

先日、高校生の子のいる友人に会ったので
うちのアホアホこじかの話をしました。

「中学生なのにさぁ~、いまだ親に夏休みの宿題手伝ってもらえるかと
 思ってるのよ~。『ありえない』って言っといた。」

そしたら友人

「あら~。あたしなんか娘が中学生の時、やったわよ。
 それはね、小学校の時にやってあげちゃったから
 中学生になってもできないの。
 そういう風に育てちゃったんだから
 最後まで責任とってあげないといけないの。」

「え~!!そ~なの~???」

「そうよ。今もね、美容院に行ってるんだけど
 1人で注文できないって言うから、
 駅前まで言いに行ってあげたとこ。」

「・・・・・あんたっ、それ、いますぐやめなさいっ!」


たぶん人から見たら私もこの友人と似てるとこあるんだろうな~

だからパパっちが言うんだろうな~

放っておけばいい

ってさ。

人の事だと
それは良くない ってわかるんだわ。



でもさ~~~

うちのアホアホこじかは
食事の仕方も悪いのだ

365日、毎日毎回食事のたびに
注意してる

直らない・・・・

ひどい食べ方なの。一生あれだったらどうしよう・・・と思う。

姿勢が悪くて本当にみっともないの
お茶碗の持ち方もおかしい

箸じゃなくて茶碗だよ
箸より難しくないでしょ

なのに言っても言っても直らない
直そうとしない

普通は、小言なんか言われたくないから
あ、言われる前に直そ!っていうスイッチが入って
それがやがてくせになって
意識しないでもできるようになって・・・

そうやって成長していくと思うんだけどな。

昔、

「鉛筆の持ち方と、食事の仕方、これは必ず人前で
 見られることだから、この2つは美しくできるのがいいんだ。
 子供が生まれてもそう教える。」

と、言った男の友人がいて

 いいこと言うね~

と、感心したのを思い出す。

「こじか君、ママはね、他のことに関しては
 全部、あんたのために言ってること。
 でも!食事の件に関しては、
 ママ、自分のために言ってるんだ!
 ちゃんとしつけをしてるはずなのに
 まったく身につかないってどういうことなの?
 ママがしつけしてないみたいじゃないの?
 やってないなら仕方がない。でもやってるのに
 社会に出て笑われるのは、あんたもだけど
 ママもだなんて、まっぴらごめんだからねっ!」

・・・・と、毎回テンションマックスです。。。。

すてぃっちにはこんな事で一つも苦労しないのに
なんでやねん。。。。


彼と信頼関係を結ぶ・・・というのは
どうも難しい。。。。

疲れます。。。。


もうイヤ・・・・
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-09-04 10:45 | こじかくんとすてぃっち

楽してますが・・・

先週修学旅行から帰ってきたばかりのすてぃっちですが
また今日から
個別級の宿泊学習に行って留守です。

すてぃっちがいないと・・・

ママの仕事が激減して楽です


というところから自分なりに検証すると

すてぃっちがいる時は
たぶんすてぃっちに手をかけ過ぎている   のかな・・

という気がしたのが先週のこと。

食事ができたら呼び、
黙って座るすてぃっちにご飯よそってあげたりしちゃってる  のは

ダメだね。

と、反省した私でした。

いないと何にもしないでいい私は楽だな

と思う反面

やっぱ、寂しいんだよね~

あれは癒しの存在だからね~

修学旅行に引き続き、今回も一緒に行ってくださる校長先生に
今朝、お会いした時

「修学旅行は、ハードですけど
 こちらは癒しですから^^
 時間もゆったり流れるしね。」

と、おっしゃってたのが
わかりますな^^

でも・・・

朝からリーダーシップを発揮し
下級生を整列させながら
安全にリードするすてぃっちの勇姿を見て

すげぇ~~~~~!! 

(下品な表現ですが・・・すごい よりも もっと感心しちゃったので!)




すてぃっちがいないと

「すてぃっちがコレ食べると思って買ってきた。」

と言って、おばあちゃんもパパも
アイスとかお菓子とか買って用意しちゃったりして

いなくても存在感たっぷり♪

そんなすてぃっちの中学進学については

また次に・・書けるかな?

私の入院の方が先になっちゃうかな~~~?
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-07-15 20:17 | こじかくんとすてぃっち

帰館

すてぃっちの修学旅行が無事終わりました。

数週間前から前日まで、私に時間がなくて
行くまでの準備がなかなか十分にしてあげられない気がして

私は気持ちばかりが焦っていました。

忘れ物ないかな・・・
ちゃんとやってこれるかな・・・

な~んて心配で心配で。。。。

行き先は
群馬県片品村と日光

2泊3日の体験学習と日光見学です。

1泊の宿泊は

これまでにも4年生、5年生で経験しているし
区内の個別級だけの宿泊も毎年あるので

まあ、1泊なら大丈夫。。。という気がするのですが

2泊となると・・・
それに交流が苦手なすてぃっちが
まるまる3日間、みんなと一緒に行動なんて
大丈夫だろうか~~~~~





・・・でも、本人は事前学習もちゃんとやり

当日も駅まで送った私から
すんなりと離れ、嬉しそうに
「ママ、行ってきます♪」

と、前しか見ないで行ったので

心ひそかにだいじょぶそうだな、と思っていました。


片品村では、それぞれが希望の体験をします。

すてぃっちは

ピザ作りと、リース作りをしてきました。

これが、その作品
a0065062_1375788.jpg
a0065062_1385152.jpg

ほんとは1つだけのはずが
早くできたから2つ作らせてもらったとか・・・
(たぶん、先生が手伝ってくださったのだと思われる)

リースはなんだか派手で、かわいいわ^^

なぜかピザ作りの感想はほとんど聞けないのですが


私が思うに

リースのように、作品として今も手元にあるモノに関しては
ずーっとその思い出が語れるけど

食べちゃってなくなっちゃったモノに関しては
もう過去のこと?になってしまい
思いも消えてしまうのかも。

過去を振り向かないすてぃっちです^^

日光の方は、見学ですから
しっかりよく見よう!なんて発想は、なかっただろうから
記憶にも残ってないだろう・・・と思っていたのですが

ちゃんと
「鳴き竜!」
「みザルいわザルきかザル」←目と口と耳に手をあてて真似^^
「眠り猫」
と言って教えてくれ

「華厳の滝も行ったよ。エレベーターに乗って・・・寒かったの。」
と、行った人にしか語れないことをしゃべっていたので
ちゃんと見学もしてきたんだなぁ と感心してしまいました。

こじかの時なんか
「キャンプファイヤー!」

くらいしか覚えてなかったみたいなので(アホまるだし)。



こちらでは結構雨が降っていたのですが
すてぃっち達はあまり降られなかったようで
予定していた行程は無事に行われたようです。よかった~。

ところが帰ってきた時の雨がバケツを返したようにものすごくて

これは大きな荷物を持って帰ってくるのはかわいそう・・

と思ってお迎えに。

それでも
しっかりとした足取りで
他の子たちと同じように重い荷物を抱えて
バスから降りてきました。

誰よりも小さいすていっちが、
それだけでもエライ!と思ってしまう
バカ母^^。
一緒に近くにいた友人が
「あれ?すてぃっちちゃん、ここ通った?」
と、見過ごしてくらいの小ささ(笑)

体育館での解散式の後、下校になりました。

すてぃっちは
ボス先生やフレッシュ先生、男前先生にも
「おかえり~」
と出迎えていただいて満足そうでした。

雨の中、歌なんか歌いながら歩いちゃったりなんかして

楽しかったんだろうな~と、想像でき
安心しました。

一緒に行って下さった先生方からは
「とってもよくお友達や先生達としゃべってました。
 疲れてると思います。朝も起きられなかったりしたのでね。
 でもお部屋の雰囲気も落ち着いたグループだったのでよかったと思います。
 行動班は、すてぃっちさんの希望で○○ちゃんと一緒にしました。」

と、交流に慣れないすてぃっちのために配慮をしてくださっていたことも
教えていただきました。

感謝です。

帰って、自分で荷を解きながら

「これはじいちゃんに、これはばあちゃんに。」

と、お土産を配っていたのを見たら

あ~、すてぃっちもいつの間にか6年生なんだよな~
赤ちゃんのすてぃっちじゃないんだよな~

と感慨深かったです。

ちなみに私には
これ↓a0065062_1318544.jpg

おじいちゃんには
これ↓a0065062_13192589.jpg

おばあちゃんには
これ↓a0065062_13195613.jpg

すてぃっち自分には
これ↓a0065062_13203293.jpg


徳川のご紋入り!
さすがおポンチすてぃっち、シブい!



「この紋所が目に入らぬか~~~~~」

を、早速やってましたっ。



大きな行事が一つ終わり
よかったような寂しいような

すてぃっち自身は感傷にひたることもなく
もう今日の水泳授業のことしか頭にありません。

過去を振り向かないすてぃっちです!

今週はまた個別級の宿泊のため
荷作りしました。。。。

すてぃっちも 忙しい☆
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-07-12 13:29 | こじかくんとすてぃっち

多辯

また1週間あいていしまった・・



あきれたこじかの行動について
書いておこう・・・

もうだいぶ以前のこと

こ「ゲーム機を買いたい。」

と、言っていたこじか。

私「ゲームなんて買ってもやる時間がある?
  学校、部活、塾、宿題、でもってテレビも見たい・・って
  すごく忙しそうだけど?」

こ「うん。大丈夫。」

これまでにも誕生日だとかに買って欲しいなんて
言ってたけど
そういう物は買い与えなかったので
いよいよついに
自分のおこづかいを貯めて買おう、と決めたらしい。

そこまで規制はしないつもりなので
いつかは買うんだろうな~

でもまぁ、そんな急な話じゃないだろう
くらいに思ってた私。

ところで
先週、前期の中間試験があった。
2年生ですから
それなりにたぶん大事な試験かと・・・(汗)

でも試験後、すぐに部活の試合があるとかで
普通なら試験前には活動休止になる部活も
前日まで1時間半だけは行う
みたいなことになっていて

普段からお勉強してる子ならともかく
やっていないこじかを見ていると

大丈夫か?

と心配になるのが親心。

本人は

こ「やってる。大丈夫。わかってる。」

さて、そんな試験4日前の日曜日のこと。

あ、最近ね、今まで読書嫌いだったこじかが
急に読書に目覚めて。

すごく本を読んでるんです。

高尚な本は読まないんだけど
とっかかりはホラー小説から始まって
青春小説も読むようになり。

私に感想を話すようになったので

ちょっとこじかが面白くなってきたというか
私も同じ本を読んで語り合ったりできるのが
愉快愉快 と思っていたのですが。

その夜も

部屋で本を読んでいたこじか。

こじかの部屋といっても
すてぃっちの荷物もあるし
私のクローゼットもあるので

いつでもオープンで出入り自由。

ほんとは試験前だから勉強してほしいけど
ま、昼間塾に行ってたから、ちょっとくつろぎたい、ってこともあるよな

と、読書をとがめることはせず

私は私でその部屋を出たり入ったり
明日の支度をしていたのでした。

私が行くと

こ「今さ、この話が面白くなってきてさ、動きが出てきたんだよね。」

とか

こ「ねぇ、この字何て読むの?」

とか、なんだかすごく多辯・・・

ん???????

何かが変??????



そして

こじかが部屋から出たときに

発見したのが

操作中になってるゲーム機。

そうか。これを隠していたのか。

とにかく多辯だったのは

あれは浮気した夫が
多辯になる とか
妻に優しくなる とか

そういう心理だな。

がっくり。。。。。

だいたいこじかの事なんて
様子をみればほとんどお見通し。

頭ごなしに怒りたくなっちゃうところだけど
それは良くない。
ここはひとつ冷静にパパに言ってもらおう。

          つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-06-20 22:40 | こじかくんとすてぃっち

食品サンプル

この頃
ポンコツこじかとは
だんだん共に過ごす時間が短くなってきました。

にも関わらず
顔を合わせると つい小言を言ってしまう私です。

いけませんね~。

まぁ、これも成長の過程ですよね^^




さて、1年生の時の美術で

廃材を利用して食品サンプルを作る

という授業があったようです。



テーマは

『昼食』

だから昼食以外のお食事はご法度だったらしいです。



何時間かかけて製作し

よくできた作品は職員室前のケースに展示されるのですが

「俺の作品、展示されたよ」

と、言うので

前回が

『コント桃太郎』 (←勝手に私がネーミング)
だったので

「え~~~~~!あんたのがっ!大丈夫?」


と、びっくり&心配したのはいうまでもありません。



その後、参観日だとか懇談会だとかで

数回、学校に行く機会があり、

その都度、職員室前を通っては

こじかを含めて他の子たちの作品も見ることになりました。

たいがいの場合、友人達と一緒にそこを歩くので

見るたびに

「tiisaiさんちは違うね~^^」

「リッチだね~^^」

「昼間から~^^」

と、みんな大笑いしてくれてました。



他の子の作品は

おそば、サンドイッチ、天丼、ハンバーグ定食・・・的な

そうそう、昼食よね、

なのですが

うちのは
a0065062_12194388.jpg

!!!


昼間っから


焼肉って、あんた・・・・・


テーマが・・・・(汗)




他の子の作品は
どうやって作ったの?と驚くような立派なもので

うちのはなんだかチープだったのですが

たぶん、お食事代は一番高い^^


なんかやっぱり
こじかの発想って

変わってる・・・



でも、友人達を和ませたから

まぁ、いっか。。。。。

次はどんなコントが。。。。。


ぷぷっ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2010-05-26 12:30 | こじかくんとすてぃっち