カテゴリ:こじかくんとすてぃっち( 166 )

口腔マッサージについて

地域のダウン症児とその親のサークル活動が月に一度あります。
一番新人で、先輩たちから色々な情報を教えてもらってたのは ついこの間のコトなのに
いまや 一年生のすてぃっちたちが 一番お姉さんになってしまいました。
子供達はそれぞれ小学校や幼稚園や保育園に行ってしまって
お母さんしか集まれないことが多いサークルですが
のんびりと活動しています。

10月から 歯科衛生士の方に口腔マッサージについて指導していただいています。
 
★歯ブラシを使った口腔マッサージ
 
 ◎ダウン症児の癖のひとつに 舌が出やすいというのがある
  それは舌で物の感覚をとらえようとするものなので
  舌よりも先にに感覚をつけてあげると舌が出にくくなる
         ↓
  歯ブラシの毛の方で 下唇をトントントンとリズミカルにたたく。
  その時、舌が出ても舌を避けるようにしてたたく。

 ◎飲み込む動作が苦手
  舌先を同じようにトントン刺激してあげる。
  舌が出やすい子の場合は上記の唇の刺激を先に行い 
  舌が出にくくなってから行わないと逆効果。

 ◎口元がゆるい
  頬の筋緊張が弱いとなるので頬の筋肉を内側から刺激する
         ↓
  歯ブラシの毛の裏側の方が頬の内側にあたるように 
  口角からすべらせるように口に入れて ほっぺたを内側から
  伸ばしながら上下にマッサージする。(口は閉じててよい)

 ◎頬の緊張が強くて硬い子も同様。

 ◎麺類をすする動作は 唇の周りの筋肉を使うので
  刺激してあげることで 力をつける
         ↓
  上唇を親指と人差し指でつまんではさむ。下唇も同様に 唇を3分の1にたたむ感じ。


遊びながらつまんでみたり、歯を磨く時にちょっとやってあげるといいみたいです。
何歳からでも始められる もちろん痛がらない程度の力で。

美容にもいいかも・・・口角は上がるそうです。
また 筋力が衰えてしまうと食事もやわらかい物しか
うけつけなくなるので 高齢者の方にも効果あり。

頬が硬い人は あまり伸びなくてはじめは痛いらしいのですが 
伸ばしてあげると柔らかくなり 肩こりにもいいので 
子供から大人まで 試してみる価値あり
あまり負担にならないで できそうな気がします。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-12-21 09:45 | こじかくんとすてぃっち

マジカルバナナ

こじかくんのクラスで流行っているらしい マジカルバナナ。
なつかし~。
リズムにのって、言葉の連想をしていくやつ。
こじかがパパを誘って 始めた。

「マジカルバナナ、バナナといったら黄色」「黄色といったら カレー」
ってな具合にやってるのを すてぃっちも聞いてた。

―数日後

こじか   「パパー、またやろう。」
すてぃっちも「やるー」
こじか、すてぃっち、パパの順で始まった。

「マジカルさーる、さーるといったら動物園」「動物園といったらカレー
「・・・カレーといったら辛い」「辛いといったら しーお」
「しーおといったらカレー」「・・・カレーといったら・・・・・」
延々と続くカレー地獄。常にカレー。一家大爆笑。

―数日後

「すてぃっちったら、カレーが決まり文句だと思ってるよね、面白いね~」
と、夫に話したら
「時々、『ほそだ』も言ってるよ。友達の名前?」
「・・・知らない、そんな名前の友達はいないと思う・・・」

・・・だれ?
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-12-15 10:28 | こじかくんとすてぃっち

こじかの鼻の下

こじかくんとすてぃっちは仲良し。
毎朝 一緒に登校している。
 
こじかが こう言った。

「今日は途中で一年生の友達と会って、すてぃっちは一緒に行ったから
 オレは そこからは、先に行ったよ。だって友達と一緒なら だいじょぶじゃん。」

だいじょぶじゃん・・・て・・・
すてぃっちは もう たぶん1人でだって学校に行かれると思う。

私も はじめのうちこそ
「昇降口まで ヨロシクね。」
と言っていたが 彼には彼の友人関係もあるし、いつの頃からか
「信号渡るまでは一緒に、そこから先は別々でいいよ。」
と言っていた ハズだった。

それなのに こじかは兄の責任と思っていたのか 自分の判断で
すてぃっちが友達と会わない時は 
すてぃっちの 3歩後ろを歩いて 登校を見守っていたらしい。
(3歩後ろというのは すてぃっちが自分のペースじゃないと怒るから)
 
「げ―っ!! あんた かっこいい―!」

こじかの優しさに感心して 叫ぶと
ヤツの鼻の下は のびていた。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-12-09 10:46 | こじかくんとすてぃっち

一方 すてぃっちは

すてぃっちには ぜったいこれ!というこだわりはないけれど

「気になる・・・」

と言っては固めのひもの先端や 厚地のタオルの角で 手のひらをこすって恍惚の表情を浮かべます。
シャツの襟の角とか 袖口のピンとした角とかにも うっとりしています。
う~ん マンダム
って言い出しそうです。

こどもって誰でもみんなこんなふうな クセがあるものでしょうか。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-20 11:46 | こじかくんとすてぃっち

こじかくんの こだわり

こじかは甘えん坊でかわいすぎる・・・。
いまだに寝る時には『ぐーぐータオル』を探す。(もう三年生なのに いつまで・・・)
それは私の父の友人から ゴルフのホールインワン記念にいただいたスポーツタオル。
1歳くらいの頃 昼寝の時に何気なくかけてあげた物。
以来、なぜかそのタオルがないと眠れない。
当時まだ あまりしゃべれなかったので 眠くなると
「ぐぅぐぅ・・・」
と言ってタオルを探すので いつの間にかそんなネーミングに。
思えば・・・
もう 8年も使ってる!

ボロボロだよ・・・

なのにこじかは
「う~ん この(ほつれた)ひもが 足にひっかかっていいんだよね~」
って、あんた・・・。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-20 11:36 | こじかくんとすてぃっち

すてぃっちのドンマ~イン

すてぃっちは はげまし上手だ。
こじかくんがパソコン相手に トランプのスピードをやっていた。
傍ではギャラリー(夫とわたし)の声援と罵声がはげしくとぶ中、敗北した。

うなだれるこじか。

再び挑戦。

また負けた。

こじかは 泣き虫だ。
一日一回は泣く。
この時ももちろん泣いた。

「あ~あ、まったく、ぜんぜんダメじゃ~ん!」

「よく見てやりなよ~」

ひゅ~

すてぃっちのドンマ~イン2
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-15 15:50 | こじかくんとすてぃっち