カテゴリ:こじかくんとすてぃっち( 166 )

褒め少なっ


夏休みの旅行中に
息子のテニスの試合が入ってました。

日時も、試合会場も
直前まではっきりわからなかったのですが

まあ、いつになったとしても
御殿場から会場入りして、終わったら御殿場に帰ってくればいいよ、

と、言っていたのですが
そうはいっても

神奈川県内のどこの会場になるのかわからず
横須賀~ とか言われたら
ちょっと遠くて朝がきついな・・・と思っていたら

うまいことに小田原だというので
比較的近い側で
なんとまぁラッキー。
その上、旅の最終日でもあったので
試合が終わったら普通に帰宅すればいいわけで
私もホッとしました。

今は昔と違って
なんでもすぐに調べられるので便利ですよね。
行き方、乗換駅、時刻、かかる時間・・・

高校生とはいえ、乗ったこともない電車に乗って
知らない場所に行くって
心配かな~ と私は少し思ったりもしましたが

本人は平気そうで、
そうか、私が思うより、もう大人なのね・・・と思ったり。



ただ~~~~~(ここからスイッチオン)

試合に持って行く荷物をねっ、

もう家に取りに帰ることはできないんだからっ、

絶対に忘れちゃいけないよっ、

と旅行前に何回も言って、確認したにもかかわらずっ、

あのアホアホは

試合前日、テニスコートを借りて練習しに行こうとしたときに
  


「じゃじゃ~ん。ほ~ら、オレ、試合球も忘れずに持ってきたしっ!」


とか言いながら手に持ったかと思ったら


「あら?コレ、試合球じゃないやつ持ってきちゃったじゃん!」

 


    はぁぁ~~~~~?????


    なにやってくれちゃってんのっ???





じゃじゃ~ん じゃないよっ

「あんたっ・・・何回、私が言って確認したと思ってんの?
 なんで試合球かそうじゃないか、中味の確認をしないの?
 もう~、ほんとにあんたっ 情けない・・・・」

試合球を持って行かないと、試合には出場できないらしく
行っても無駄ってことになるわけで。

うちのアホ、ダブルスに出るので

「じゃぁ、すぐに相方に連絡して、持ってくるように言わなきゃじゃん。」

と言ったところ

実は最近、これまでの相方が部活を辞めて
新しく後輩とペアになったのだけど
意思の疎通がはかれないとかで
連絡先が曖昧のようなことを言っている。

もっとも、私が心配することじゃなく
本人がどうにかする問題なので
別に関係ないのですが

やっぱり聞いちゃうと気になるし
いらっ としちゃうし

とにかく

この一件で、すごーく疲れてしまいました。

娘にも

「まったくどうだろ、あの人は・・・ぶつぶつ・・・」

と愚痴を聞かせ

「しょうがないね~。」

と同情され・・・。



その後、彼のピンチの乗り越え方は

今どきでした。

メールで友達にお願いすると同時に

LINEでつぶやいたらしいです。

 明日試合なのに、試合球なくて困ったな 的なことを。

そしたら、同じ部の女の子がそれを見て

「その後輩なら今、ここにいるよ、持って行くようにいっておく。」

メールを送った友達も「なんとかするよ」と言ってくれたみたいでした。

みんな頼りになるんだけど、

あんただけだよダメ人間は・・・ と思う母。


ただ、そういった返事がくるまでには
タイムラグがあるわけなので
その間、私は、気にしまい、と思っていても
気が気でなく(本人はそうでもないのかもしれませんが)



ネットワークでの解決をみた時には

はぁ~~~、今どきだな~~~ 

と思いました。



とにかくアホに かわりはありません。

あいつのアホはいつ治るんだろか????



でも・・・

先日、文化祭で、調理販売っていうの?
クラスでパスタ屋さんなんかやって
とっても忙しそうに、よく働いていたのを見て

やる時はやるじゃん・・・ 

アホだけど。 (褒めるところが4行って少な過ぎ?) 
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-09-13 20:03 | こじかくんとすてぃっち

スモールステップ

常に心がけている「スモールステップ」

・・・と思いきや

ときどき忘れてしまってたりして^^


就業のことを考えると

体力が大事!



ってことで 昨日あたりから 涼しくなってきたこともあって

体力作りのためのランニングを再開しました。
(春休みにもやってたんだよね、そういえば)

娘には
一度にたくさんの負荷を与えるのは間違いで

ちょっとずつ、継続的に、繰り返して
リズムを作ってあげる、スモールステップが
いちばん 合ってます!

これからは毎日走るぞ~!!


体力面に関して、学校での様子をうかがってみました。

「たしかに疲れやすくて、すぐに休んでしまうとか、歩いてしまうことはあるので
 まだ身体も小さいですし、体力がついていないのかもしれません。
 でも『がんばろう』という気持ちがある時には、すごく頑張れるのです。
 学校ではその気持ちの方を育てていく方が先かな・・と思っています。
 将来についても、がんばろう、と思えるお仕事が探せるといいですね。」

うん。先生、よろしく~



とりあえず家庭では、近所の公園を6周・・・と目標を立てたものの

娘が結構速く走るもんで・・・

ママがついて行かれず・・・

その速さなら3周からだわ。。。。。。




ママにも 体力が付きそうです  

体力が尽きそう  にならないように^^:
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-09-23 19:33 | こじかくんとすてぃっち

チーフ

夏の頃から
娘のことを 『チーフ』 と呼ぶことがあります。

小さい頃から 「お手伝い」 はしてくれていましたが
少し違った意識で一歩踏み込んで
「お手伝い」 = 「仕事」
と、とらえるように

お風呂掃除と洗濯物たたみは
彼女の担当として

『お風呂掃除・洗濯物担当チーフ』

の肩書で 手書きの名刺も作ってあげました^^

お手伝いではないので

「お風呂掃除してくれる?」

と私がお願いする事はなくて

チーフの責任で自発的にやってもらうし

自分がどうしてもできない事情がある時には

チーフから

「今日は時間がないからママが洗ってください。」

などと、私が頼まれます。

うっかり洗濯物が置きっぱなしになっていたりしたら

「チーフ~、忘れてますよ~。」

と声をかけると

「あ、すいませ~ん・・」

とか言って いそいそ取りにきてくれます。


今のところ、まだ、「お手伝い」の感覚でやっているのは
お台所の準備 なのですが

いずれ、それも『チーフ』に昇格させたいな~ と思ってます。


ところで学校での様子は

夏休み前に先生から
「お母さんが思っているより悪いです。」
な~んてことを言われたので
(そんな言われようは、上の子でももちろん下の子でも言われたことがなく大ショックだった)

夏休み明け
しっかりとしてない悪い子を
目の届かない所に出すのが恥ずかしいとの思いから
学校に送り出すのが不安で

毎日、連絡帳に

「今日は悪いことはしなかったですか
 おかしな行動はなかったですか
 仲良くしてますか
 乱暴な言葉使いはしてませんか」

などなど 重ね重ね書いて先生から様子をうかがっていたのですが

復帰された元々の担任の先生からは

「すてぃっちちゃんは、ちゃんとしてますし
 それほど心配するようなことはありませんよ~。
 何かあれば、その都度、指導していきますので大丈夫です。」

といった返事が返ってきます。

少し不安も拭えました。

先生によって見る角度が違ったり
捉え方が違ったりしてるのかもしれません。

多くの人に支えてもらっての成長です。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-09-16 21:56 | こじかくんとすてぃっち

思春期だから?

・・・・つづく  って書いてから
なかなか続かなかった

な~んか忙しくなっちゃって。

まぁ~ 金環日食に世の中が盛り上がってたり
(もちろん我が家も大盛り上がりだった)

スカイツリーが営業開始だったり

生活保護問題が話題になってたり

ってしてる間に

私はネイルしに行ったり
各種会議に出席したり

学校の授業も始まったりして
また可愛い子どもたちとの新しい一年が始まります^^

1回目の授業は 順調でと~っても楽しかった。

すてぃっちのことを『親友』と言ってくれている
F先生のお孫ちゃんのMちゃんも
私の担当するクラスの生徒さんの一人だったので
私もMちゃんもお互いに嬉しくて
次の授業もまた楽しみです。

さて

こじかは

高校生活初めての中間試験を終え

昨日は「SKE」の握手会に行ったようです。

実は私はAKB嫌いで
似たようなグループの区別がまったくつかないので
SKEというのも何のことやら???という感じなのですが

そういうのは朝の早いのも苦にせず、
5時起きで出かけ
しかもそんな早い時間にバスもないので
駅まで歩いて行った とか言うので

呆れて物も言えませんが

その日は午後から部活だったので
会場から直接部活に行き
暑い中を

「久しぶりにラケット持ったら手が痛い」

と豆を作って頑張ってきたようなので

目いっぱい青春しとるね~・・・・

と思わずにはいられません。

私に話しかけておきながら
私が「うん、うん、それはね・・」と返事をして振り返ると
寝てる!?

っていうチョコザイ君みたいなことになってたりするので
エネルギーも最高に燃やし尽くしてるんでしょうね~

小学校の時の野球、中学校の時のソフトテニスでは
たいして熱くもならず、
私からは
なんだか物足りない息子だな・・と見えてましたが

今ごろになってようやく
好きな事を一生懸命楽しむ姿 っていうのを見せてくれるようになり
それでこそ、私の息子よ  とほっとしてます。

さて

すてぃっちなんだけど

この頃私に「できない自分」というのを見せたくないらしいです。

学校でできなかったプリントとかは

「お母さんに見せたくないから」 ← 学校では私の事を『お母さん』と言ってる

と言って持ち帰らなかったり

F先生には

「今日、これをやらなかったことはママに言わないで。」 ← F先生には『ママ』と言ってる

と懇願したりしてる様子で

思春期だから・・・っていうのもあると思うし

ママがうるさいから・・・っていうのもあるかもなんだけど

なんか秘密主義。。。。。

やや、難しいお年頃なのかもしれませんね~~~~~
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-05-28 20:16 | こじかくんとすてぃっち

とぼける

すてぃっちの悪いところは
すぐにとぼけるところなのであります

「時間割そろえたの?」

「やったよ。」

「体操着は入れました?」

「入れたよ。」

「それ、今日着た体操着ではないの?
 新しい体操着は入れたの?」

「・・入れたよ。」

雰囲気でわかるよ。。。またとぼけたな!

「すてぃっち!!嘘はついたらダメ。入れてないなら入れてないでいいから
 本当の事を言いなさい! 本当はどっち?」

「・・・・あー、今から入れるよ・・・」


「なんでそうやって嘘をついてママを騙そうとするの!
 謝ったって絶対に許さない。誰だってそう。嘘は学校の先生もお友達も
 許してくれないんだよ。
 ごまかそうと思う前に、ちゃんとやりなさいっ!」

一度だって信用を失うようなことをしたら
それを取り返すための努力は何倍もしなくちゃならないんだから
最初から嘘やごまかしはしてはダ~メ。

こればっかりは厳しくしますよぉ~~~。


本人は
要は、めんどくさくなっちゃってごまかしてるわけだけど

それが普通に通ってしまっていたら
人生なめまくりの子になってしまいますもんね。



こじかはこじかで

ドケチな上に

私が何か注意すると

「あー、うるさいうるさい。やる気がなくなった。」

とぬかすので

「その程度でなくなるやる気なんて、はなからなかったろ?
 人のせいにする前に自分の行いを反省してみな。
 それとね、偉そうな口をきくなら結果を出してからにしろ?
 そうしたら認めてやるぜぇ ワイルドだろぉ。」     まぁワイルドだろぉ は言ってないけど。


と、バトった数分後には

「ねぇねぇ、あのさぁ~」

と何事もなかったように話しかけてくるこじかに呆れたり・・・


ちいにんVSこじか のバトルは日々続く。。。



そして予告通りの噴火日記なのであった。。。。



そしてそして

噴火しすぎた私に対して

すてぃっちは秘密主義になってきた・・・というお話はまた今度。


                    つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-05-19 18:09 | こじかくんとすてぃっち

役に立ったり癒してたり。

この頃、子供たちの良いところ・・・

というのを

あまり目にすることがない  というか


最近は2人とも成長して、ちゃんとした人間に近くなってきた(?)ので

こじかの「アホアホ」や
すてぃっちの「オモシロ」

がなくなってきた感があり

日記に残すまでもないことが多くなってきました。

そんな今日この頃。

先日、すてぃっち
個別級の校外授業があり
駅集合、駅解散 だったので

朝、ひとりでバスに乗って駅まで出かけて行きました。

その日は、朝は晴れてとても暖かかったのですが
午後から天気が急変する、という予報で

予報通り、すてぃっちが帰る時間には
雨が降って雷がゴロゴロ鳴り出しました。



すてぃっち、雷、怖いかな。。。。。

と、思ったので

予定の時刻にバス停まで迎えに行くことに。

バス停で待っていると

あ、いたいた・・・

すてぃっちが近所のお友達と一緒にバスを降りてきたのですが

私には目もくれず

自宅とは逆方向に歩き出すので

お、おーい・・・・   と思ってよく見たら

一年生のそのお友達は傘を持っていないようで

それに雷がものすごく怖いらしくて
耳をふさぎながら歩いているのを

すてぃっちが先輩らしく
傘の中に入れてあげて
2人でその子のうちの方に歩いて行きます。

そっか・・・傘がないから送ってあげるんだね

えらいっ!

そのまま
すてぃっちが戻ってくるのを
バス停で待ちました。
幸い、バス停は道路の下なので雨に濡れません。

「すてぃっち~^^」

「あれ?ママ?」

どうしたの?的な顔しているので

「ママさぁ、すてぃっちが雷怖いかな~と思って迎えにきてみたんだよ~」

「え?すてぃっち、雷、怖くないけど?」

「え?怖くないの?」

「○○ちゃんが怖いんだって。だから一緒に帰ったんだよ。」

「そうなの~。優しいね~。さっすが、お姉さんだね~。」

雷怖くないわけないと思うんだけど、、、、、

そこは先輩だから頑張ったんだね。 えらいな~。


別の日。

地域のつどいで、同じクラスのYちゃんに会うことになってたすてぃっち。

たんぽぽを摘みながら歩いて行き
Yちゃんにプレゼントしたらしいです。

Yちゃんのママが感激し

「それは綺麗なたんぽぽでしたよ。」

とメールをくれました。


あんなすてぃっちでも 役に立ってたり
癒しになったりしてるのかな~

と思ったら 

ちょいと嬉しいものですね。






..............と穏やかに書いていたかと思うと

次はきっと

噴火記事です・・・   ふふふ   きっと。



だって

そういうものですもん  わはは。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-05-17 09:08 | こじかくんとすてぃっち

大蒜と生姜を!!

身長167㎝ 体重45㎏


 ほそっ!!






こじかです。。。。

私より15㎝も背が高いのに
体重が私よりも少ないなんて・・・

私、これ以上太っちゃ駄目。
将来介護とか無理そうだもん。。

顔が小さいせいか、背が高く見えるので
1人で立ってるのを見ると、それなりに大きく見えるのですが
友達はもっと大きいから
みんなと一緒にいると
小さくてどこにいるのかわかりません。ははは。
しかも小さいくせに猫背っていう、まったくバカです。
このままのバランスで伸びていったら
アンガールズみたいな感じじゃない? きゃー嫌~。

まぁもっとも、

幼い頃から、食が細くて困った子だったのは
今も変わらないので

(食の細さは、体質みたいなもので
 食べられないのに食べろ、っていうのは可哀そうだったみたい。
 逆に食べる子に食べるな、っていうのも可哀そうなのと同じで) 
         ↑
  食ノイローゼにしてしまった経験あり。



今さらこじかの小ささに驚くこともないのですが。





「俺ね、毎日じゃないんだけど、二日に一回くらい、朝に階段で会う先生がいるのよ。
 名前も知らない先生なんだけどさ。

 『おはようございます』って挨拶は毎回するじゃん。
 そしたら昨日、

 『君、何部に入ってるの?』

 『硬式テニス部です。』

 『じゃあ、お母さんに言って、料理にニンニクとしょうがを入れてもらいなさい。
  力がつくから』

 って、言われたんだけど。」





     ・・・・・ふふっ(笑)



さすがに知らない先生も、こじかの小ささ っつーか 細さ に
頼りなさを感じたのであろう。。。。なんてたって 幅が薄いから。。。。

いや~、ありがたいじゃないか。
そんな事言ってくれる先生がいるなんて。

意外にも
こう見えて、風邪ひとつめったにひかなくて
小・中学校、皆勤なんだけどね^^;



「わかった!ニンニクとしょうがの入った料理だね!」


太らせたい う~ん、 パワーをつけさせたい ですね~

でもたぶんね~

私の期待通りには まず、 いかないってもんなんだよね~




そういうもんなんだよね~



まぁ、とりあえず、大蒜と生姜を!
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-05-12 11:39 | こじかくんとすてぃっち

アホアホのアホ

信頼した私がばかだった。


今日は高校総体の開会式に参加するとかで
朝早くから出かける予定だったので

・バスの時間を確認しておくように
・忘れ物はしないように
・朝寝坊しないように

と、前の晩に声をかけた。
そうは言っても、最近はしっかりしてきたこじかだから、と
心配はしてなかったのでござるよ

まぁ一応、朝は起こした。

それから30分くらいして

「短パン知らない?」

・・・・

私、何がイラつくって、出かける前に物を探せ と言われるのが
大っ嫌い。

焦るでしょう?

冷静な時にはすぐに見つかる物も
そういう時には絶対見つからないから。

「知らない。見た時ない。なぜ昨夜のうちに支度しておかないのか。」

と沸騰モードになるものの

本人は
「この間の木曜日に洗濯に出した。ないはずがない。」

と言って慌てる様子もない。・・・のがまた腹が立つ。

っていうか、起こしてからもう30分も過ぎてるから
バスの時間に間に合わないじゃんか。

「とにかく早くご飯を食べて。バスの時間は確認したの?」

明らかにしてないのを私は知ってる。。。。。

短パン探しは私の手だけには負えず
おばあちゃんにもお願いした。

「最近、見てないよ????」

と言いながら、洗濯機の中から洗濯物を出していたおばあちゃん

「・・・・ここに、あるけど・・・今洗っちゃったから濡れてるけど・・・。」


「こじかー!!ぶぁっかじゃないのー!
 あんたっ、自分で昨日の夜、洗濯機に入れたんでしょ~。
 なんで今日必要なのに洗っちゃうわけ?
 それでないない って あるわけないでしょー!」

しかも
「あんた、お財布の中、十分に入ってるの?」

「千円くらいかな?」

「・・・・・どこまで行くんだか知らないけど
 考えてごらんよ・・・足りるのそれで?」

仕方なく短パンはアイロンで急速乾燥・・・時間がないから乾かないまま

「自業自得だから、これで我慢してっ。」



バスは間に合わないからパパっちが車で送り。。。



やっぱりアホは返上してなかった・・・

アホアホ返上は

アホじゃない時には寂しく感じたけど

やっぱりあのアホを目の当たりにするとさぁ~

はぁ~ぁ

       どうしても好きになれないよ~ あいつのあの性格が~
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-04-21 14:13 | こじかくんとすてぃっち

アホアホ返上?

こじかの高校生活が始まってはや2週間。。。

部活動にも積極的に入部し
あんなに嫌っていた勉強の方も
今はなぜか淡々とこなしている様子・・・

どうしたこじか。。。心配だ。。。
いや、いい事なんだけど、なんか今までと違う人みたいなんで。。。

中学では ソフトテニス部で経験はあるものの
高校では、硬式テニス部にし~よぉ♪ と言って
硬式のラケットも春休み中に買い
張り切って入部届を出し
毎日練習して帰ってくるわけですが。。。

初日は見学に行って驚いたらしく。

先輩が3年生しかいないと言う。
去年顧問になった先生が

「外周30周。」

という とんでもない課題を与えたら、新入部員が全員辞めちゃったらしい。
(私も知ってる距離だけど外周の30周はありえないのね)
その結果、現2年生は一人もいないので

3年生の先輩曰く

「俺たちは、あと2か月もしたら引退だから、
 君たちは打ち放題で、上達するよ。」

って言われたって言うんだけど~。

しかももう次の大会には
ソフトといえどもテニスの経験のあるこじかは
出場させてもらえるらしい

させてもらえる っていうより
出ざるを得ない って事だと思いますが。

「ねぇねぇ、そんな変な顧問の部活なら
 ソフトテニス部に入部した方がよかったとか?」

「あぁ?でもね~、俺、変な顧問には中学で慣れてるから大丈夫!」


・・・・妙に納得。

確かに、中学の顧問も
んまぁ~・・・変わってた・・・かな^^;

その経験から何かを学んだなら

人生の経験にマイナスのことなんて
1つもない ってことだね^^

3年生の先輩たちは
とても親切で優しくて
技術も教えてくれるし
すごく頼りがいがあるらしい。

先週は
1年生が、外周中に変なおじさんにからまれ
うまくかわす術を知らない子供の彼らが困っているところに
3年生がヒーローのように現れ、
1年生の危機を救ってくれたらしい。

さすが、3年生。もう大人だもんね。

自分の高校時代を思い出しても
3年生は大人でした。

そういう意味で
すぐ上の先輩がいなくて
つながりがないというのは
もったいない気もするけど

こじかも
少しずつだけど
大人っぽくなっていってるような気がするので

仲間を大事に
まぁ、頑張れよと。

淡々とこなしている学業の習慣も
ず~っと続けてほしいと思うぞよ。


アホアホは返上してしまったんだろうか・・・

ちょっと寂しい気もしてるtiisai。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-04-18 12:42 | こじかくんとすてぃっち

3月9日

なんだ~

奇遇にも今日は3月9日だったのね

今日はこじかの卒業式。

良い卒業式でした。

卒業証書授与の呼名の時には
学年で一番低いんじゃないか?っていうくらいの
低音で、なのにでかい声でおっさんみたいだったけど(身体は小さいのに)

こういう時にかぎって
目立った格好をしてきて
自己主張する子もひとりふたり毎年いる、と聞いていたのですが
今年はそういった子は一人もいなくて
全体に落ち着いていて
送る側の2年生の態度も立派なものでした。

校長先生の挨拶の中で
「お母さんのおなかの中にいる時から
 君たちは希望であり、期待なのだよ」
といったような言葉があり

15年前の事、幼かった頃の事を思い返し
そして、本当に 希望であり期待だな と
思いました。

今、コーディネーターとして小学校で役を務めさせていただいている私は
こじかの6年の時の担任の先生とよく一緒に行動しているのですが

「・・・数年前にね。中学校の卒業式に祝電送るのうっかり忘れちゃったんですよ・・
 だから、今年は絶対忘れないようにしようね って、この前、当時の担任達で話してたんですよ」

って言うおちゃめな先生なのですが

忘れないで送ってくれてました^^

また、その内容がうれしい内容で
6年生の頃の思い出が、いっぱい詰まっていて
運動会の事、みんなで作った劇の事が書かれていて
記憶が3年前にワープ
あの頃の映像が脳裏に浮かび
あれからみんな、すごく成長したな~ と
感慨深く思いました。

退場の時には男女を問わず、号泣している子もたくさんいて
きっと色んな思いがつまった3年間だったんだろうな~ と
羨ましく微笑ましく見ていましたが

うちのは そういうことはないだろうな、と思ったら案の定^^;

教室では
担任と最後のお別れの時

金八先生みたいな儀式(?)

1人ずつに先生が声をかけたらしいのですが

こじかには

「読書家。これからもたくさん本を読んで知識を深めてください。」

って言ってくれたみたいなんだけど・・・・。

う~ん。。。先生、こじかの本質つかんでないみたい
読書家ではないんだけどな????

それとも私が知らない一面なのかな?

ピンとこないけど、まぁいっか。



式の退場の曲は レミオロメンの3月9日でした。

また春が来ます。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-03-09 20:32 | こじかくんとすてぃっち