カテゴリ:学校( 129 )

部活動

前回のつづき

今年度の初めての部活動には担任の先生も一緒に行ってくれたそうです。
というのも、

昨年、快くすてぃっちの入部を受け入れてくださった
美術の先生が異動になり、顧問が新しく変わったからなのでした。

今まで通りに、美術部での活動を支えていただけるか、
私も心配だったし
一般生徒さんとの交流が、もしイマイチなのだったら
これを機会に活動自体、辞めてもいいかな? と考えていました。

で、担任の先生にご相談したところ

「美術部の生徒さんも、去年からのつながりがあるので
 行けば『すてぃっちちゃ~ん』と声をかけてくれます。
 顧問の先生も、これまで同様、やってくださるそうです。」


ただ、新しい顧問の先生はとにかく忙しい先生で
なかなか、部活に顔を出せない というのもあるらしく

以前の顧問は、先生が参加できる時の週1時間、と決めて
先生の計画と指導で活動をさせてもらっていたのですが

もし、すてぃっちちゃんが
他の生徒さんと一緒に活動できるのであれば
その方が新しい顧問にとってもいいかもしれません

とのことでした。

うん。私は部活の様子を見てないので
なんとも判断しかねるのですが

一緒に参加してくださった担任の先生の印象では
他のお友達と交流してできそうだということ、
部員の子もみんないい子だということ、
活動時間も様子を見て
1時間と限らず、他の子と同じにできそうだったらそうしましょう、

と言っていただきました。

本人も
「お友達と一緒にやります。」
と言っているようなので、ホッとしています。

そのような配慮は
私が相談するよりも先にしていただいたので
ありがたく思いました。


ちょっと心配なのは

お調子者でわがままなところのあるすてぃっちが
お友達に迷惑かけて
困らせたりしないかな~~~~????

先生、きっぱり

「大丈夫です!逆に、すてぃっちさんはあんまり慣れてないところの方が
 ふざけないで、素直にやりますから!」

・・・・・・  わはは

     褒めて・・・ないよね  でも納得。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-04-24 18:03 | 学校

モンスターじゃありません・・・

すてぃっちの学校での学習が
すてぃっちの能力とはマッチしていない  というのは
今に始まったことではないのですが。

中学校の授業が、小学校で積み重ねたその先の学習ではないため、

ひとりひとりに対応した個別学習にしてもらえないかな~

と、ずーっと思っていたことを
連絡帳に書いてみた。

最初はただひとこと
「数学は個別にしていただくことはできませんか?」
と。
(国語の漢字は個別にやってる と先生は言うので。)

そしたら
「相談しておきます」



でも、当たり前なんだけど
先生にも計画があるだろうし、
急には変わることなく
マッチしてない内容の学習が続き

それは私も理解しつつも
1年なんてあっという間に終わってしまう・・・という経験から
ちょっと焦って

「皆で同じプリントをやるということは
 個別授業ではなくて、少人数授業で、
 それだと、理解力に個人差があるし、
 個別計画というのがあるのだから
 それに沿った学習をさせてほしいです。」

要約すると そういった内容の事を書きつつ

「いつもたいへんよくしていただいて感謝しているので
 このようなお願いは申し上げづらいのですが」

とも書いたんですけど。。。

そしたら、それに対する返事が、

「お気持ちはよくわかります、なんでも相談してください。」
とは、ありつつも

「例えば今日は、すてぃっちさんは、○枚目までしかできませんでした。
 他の子はもっとできました。
 すてぃっちさんよりもできるお子さんも
 できない子に教えてあげたりしています。」

っていう事も書いてあったので

ん~~~~~

なんとなくぅ

お母さんは
すてぃっちさんをできる子と思ってるみたいだけど
そうでもないですよ
すてぃっちさんよりできる子も
文句もなく同じ問題をやってますよ
できない子に教える優しさも持ってますよ
お母さんは自分勝手ですね
すてぃっちさんだけよければいいのですね

と言われたような気がして

いやいや、私が言いたかったのは
ひとりひとりに必要で、且つ、合った事をやらせてほしい と言いたかったのに

うちの子はできるからもっと高度な事をやらせて、とお願いしたように受け取られちゃったのか???

ちがう、ちがう、そうじゃないよ~ と頭の中がぐじゃ~っとなりました。

もっとも、これは私の受けた印象で
先生のおつもりは、そうじゃないかもしれないんですけど。


その後、
懇談会があったので
学校に行きました。

な~んにも言わないことに決めて。

だって、これ以上なんか言ったら私
モンスターみたいじゃん!そんなつもりないから~~~~。

3人いる担任のお一人とだけはご挨拶もしましたが
他の先生は近寄ってきません。
まぁ、もともとそんな感じの方でもあるんですけど・・・

嫌われてますかね~。私。

心配です。。。

でも部活動の方では
今年度は担任の先生も配慮をしてくださって・・・・

       つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-04-22 17:30 | 学校

同じに扱ってほしいかな

例年
書き初めに力を入れるすてぃっちの冬休みなのですが

今年はやっぱりというか
案の定というか

先生がやる気(やらせる気)がなかったみたいで

課題も紙もいただけなかったので

こちらからお願いしていただいちゃいました。

年明けに学校内の書写展があり
クラスで審査があって
入賞者は区の書写展にも出品されたりするものです。

そのようなものに選ばれるような期待がないので
校内の書写展にも最初から出さない って方針かもしれませんが

上手とか下手とか関係ないと思うんですよね
みんなと同じに
できる部分はさせてほしいの・・・

それをやるための努力は
もしかしたら
みんなよりも大変かもしれないし
そうじゃないかもしれないけど

でも経験させたいのね って私は思うから。。。

で、書いたら
ちゃんとクラスの一員として
審査の対象にも入れてほしいのね

すてぃっち自身が教室にいなくても
すてぃっちの作品が飾ってあったら

「そういえば、いつもはいないけど
 この子もうちのクラスのメンバーなんだな」

って他の子にも感じてもらえるし

すてぃっちの字を見たら

何にもできない、わかんない子じゃなくて
こういうことには
頑張れる子なんだって事、

クラスメイトにも先生にも
わかってもらえるかも。

そんな淡い期待を抱く私なのね。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-12-29 15:04 | 学校

大風

いやぁ~

昨日はすんごい雨と風だった

a0065062_1930413.jpg


これね、うちの皇帝ダリア。

先週、パシャ っと撮っといたのね。

実際、皇帝ダリアって

背が高いじゃないですかぁ

a0065062_19324167.jpg

う~んと~

高さ、感じてもらえます?

茎 って呼ぶのかどうか知りませんが
竹みたいに 太い木なんですけど

高さがあるだけに・・・

今朝 気がついたんだけど・・・

昨日の嵐で

ポッキリと折れちゃってました・・・・



あ~

今年はイイ感じで咲いてると思ってたのにな~~~~~~


っていう、
そんな大風の中

こじかの第二志望校  っつーか、すべり止め といっていいのかどうか

学校説明会に行かざるをえず

行ったらまぁ~

駅からけっこう歩くので

すっかり びっちゃり になっちゃって・・・

同じ学校に向かう中3生とその親御さんたちも
急な突風に声を上げたり

中には もう傘も使い物にならず

潔くずぶ濡れで歩いてる子もいる中

こ「あ~、もう俺最悪・・・すげー濡れてズボン脚にくっついてるし・・・」

私「ママも、靴の中が水たまりになってチョー気持ち悪いんだけど・・・」

2人「・・・がんばろう・・・」

と 励ましながら歩きました。

そこの学校はとてもいい学校でした。
生徒の雰囲気も先生の感じも
良かったので

もし万が一、
そこに通うことになっても
私はいいか・・・と思ったのですが
(願書が出せる内申が取れてるかどうかっていう微妙な位置なのが目下の悩み)

こんな嵐の日の登校を思うと

「俺、通えない・・・」

とかぬかしてるアホアホこじか。。。。

はぁ~。。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-11-20 19:53 | 学校

たのみます

すてぃっち
宿泊学習から無事帰った。

この2日間は 急に、とっても寒くなり
しかも雨だったけれど

元気に帰ってきた。


帰りはとても冷たい雨が降っていたので

傘をさしてあの重たいバッグは持てない・・・と思い
学校まで迎えに行った。

笑顔で生き生きとした表情でバスを降りてきた様子から
2日間、充実した活動ができたことがうかがえた。

この宿泊学習は
同じ区内の中学校の個別支援級が合同で行う活動。

個別級のお友達の中でなら
この表情で参加できるのになぁ~ (一般級の中だと・・・)という
私としてはちょっとだけ複雑な気持ちもあったけど。

この数日前に
参観日があって
そこで見たすてぃっちの様子は

授業中なのに
ちょっとふざけていて
先生の話も聞いていなかったり
優しく注意されてもお調子にのっていたので

こりゃいかん・・・

けじめがない・・・  

先生にが優しいのをいいことに
完全に甘えちゃってる・・・

こんなで宿泊行って、ちゃんと学んでこられるんだろうか?

と、すてぃっちに対しても心配だったけど
先生に対しても

なんというか・・・

遊びじゃないんで、よろしく頼みますよ  という
気持ちもあったりした私。。。(言わないけど心の中で)

そしたら

先生によると

「とても頑張りました。
 係の仕事も一生懸命やっていましたし
 自分の事は自分でやって偉かったです。」

と、驚かれた様子だったので

いやいや・・・
そういう事はちゃんとやる子ですよぉ
先生、お気づきでなかったんですね・・

だから・・
もっとすてぃっちの成長を期待していただきたいと
思うのですよ~
それを信じて負荷を与えていただいて
いいんですよ~

優しく接していただけることに感謝をしつつも
そんな風に思う親。。。。

先生、

ほんとによろしく頼みます!
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-11-14 22:59 | 学校

高校のつづき

遠い先の話だと思っていたことが
現実に近づいてきて。。。

当時何もわからなかった私も
実際に高等養護の見学に行き

そうか・・・なるほど・・・・

ここに通わせたい、と思いました。

自治体によって呼び方は違うのかもしれませんが
高等養護が支援学校と違うのは

高等養護の方は
受験をして、合格しないと入れないことや
一般企業への就職率が高いこと  でしょうか。

授業の内容は
国語、数学等も行い
作業ももちろんありますが

そのバランスがとてもいいな~と感じました。

委員会活動もあるようでしたし。

作業に関しては
先生方がとても厳しく、甘やかすことはしません。
就労の準備なのだから当たり前ですね。

その厳しさも、私はいいと思いました。

授業中の様子は
先生も生徒も明るくて
普通の高校生活をエンジョイしてる って感じの学校だったので
なおさら気に入ったのですが

ある先生に質問してみました。

「うちはまだ1年生ですが、ここに入学させるには
 どんな準備をしてきたらいいのですか?」

「受験内容については、これは公表してないんですね。 
 家であらかじめ練習してきてしまっては
 試験の意味がないですから。 
 ただ『社会性』を見る、と思ってください。
 そうは言っても社会性って意味が広いですよね^^

 初めからできる人は、ここに入学する必要はないわけです。
 他の学校に行かれますから。 
 だから、伸びる可能性のある人に入学してもらいます。
 伸びる可能性と言うのは
 素直さ、あきらめない、ごまかさない、嘘をつかない、
 そういうことが大切です。
 ごまかしたり、休んだり、そういう事は社会に出たら通用しませんよね。

 この子たちは中学生の頃は、褒められて育ってきたと思うんです。
 手を洗っただけでも『ちゃんと手を洗って偉いね~』とかね。
 
 でも普通は、そんなことで褒められますか?馬鹿にされてると思いますよね。
 当たり前のことを当たり前にやっても、褒められることではないんです。
 できないことをやり通した時には褒めますよ。
 
 厳しいと思われる方もいるかもしれませんが
 就労の準備ですから、そのように指導しています。

 作業の速さとか、器用さとかは問いません。
 ここにも色んな子がいます。
 ただ、きちんと報告するとか意欲を持ってやるかどうか、ですね。
 
 一番大事なのは、本人が
 ここに通いたい、とか働きたい とか思う気持ちじゃないでしょうか。」

確かに、とても作業がゆっくりな子もいたし
饒舌に今行っている作業の内容を説明できる子もいました。

すてぃっちに可能性はゼロじゃない・・・・と思う反面

受験者数が多ければ、どこかで線引きはあるわけで・・・

こじかの受験だったら

「どにかく勉強しなさい」

で済むことだけど

社会性って、どうしたらいいんでしょう~

恥ずかしがりって性格は損かな・・とか思ったり。

でも、そのお話をしてくださった女の先生のおっしゃることが
とてもよくわかり、
その指導は
小学校3、4年生の時に担任してくださっていた
ベテラン先生のご指導そのものだったので

そうだ、あの時の対応を
また今からも継続していくのがいいな。

と、思いました。

(パパっちには「急に厳しくなった・・・すてぃっちかわいそう・・・」
 なんて言われてますけど^^)

その年によって、受験者数も違うし
受験なんて水物で、思い通りにはならないでしょうが

あっ

その前にこじかもいたんだった・・・・


ここ数年が
正念場でしょうか?
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-11-04 14:38 | 学校

高校

一般級に在籍していた小学校1年生の時の
大ベテランだった担任の先生は

とてもよくすてぃっちのことを見てくださっていました。

「できないこと」を「できる」 という先生ではなかったので

「お母さん、いつでも学校に来て
 すてぃっちさんを助けてあげてくれていいんですよ。」

とおっしゃり、当時の校長、副校長も

「今は、いつでも学校は解放されていますから、
 いつでも来てください。すてぃっちさんのためになることなら
 教室に入ってもらっていいですよ。」

実際、1年生の指導というのはきっと大変で
担任の先生一人で、さらにそこにすてぃっちが入っては
見きれない、ということがあったのだと察します。

補助の教員が入れるようにするには

担任の先生が

 こういう児童がいて、補助教員が入ることによって
 その子の教育的効果がこのように高まります  

的なレポート?を書いて提出すると

うまくすると補助教員が入れるかもしれない、けれども
そのような希望を出している学校は多いので

専科の教員(算数とか理科とかの)がいる学校には
なかなか難しいかもしれないんだけれども(うちにはいたので)
それでも書いて出しました・・・・

と、おっしゃってくださいました。

でもやはり、実情は厳しかったようで
その年に補助の先生が入ることはなかったので

授業によって
私が教室に行って
すてぃっちのお手伝いをしていました。

例えば
当時は、先生の言葉の中にある2つ以上の指示には戸惑うことが多かったので

まずは教科書は何ページだよ、
そしてノートを開いて、今はここを書きなさい って言ってるよ

みたいに通訳をしてました。

1年生ではまだまだ他の子も似たような感じなので
他の子も一緒くたに声掛けしてましたけど^^;

2年生になる前に
先生に
「これからすてぃっちはどういう進路を進めばいいと感じられますか?」
と、うかがった時に

「私はね、すてぃっちさんは将来、
 高等養護学校に進むことも可能だと思っています。
 それには、このまま一般級でお勉強していることが良いことかどうか、
 疑問に思います。
 本当は、もっとすてぃっちさんのことを見てあげたいと思うんです。
 昔だったら放課後残ってもらって補習とかもできたんですけど
 今はそれもできないのが
 (栃木県の下校途中の事件を受け、一斉下校がきまりになった)
 とても残念に思うんです。本当は、もっとちゃんとみてあげたら
 必ずきっと伸びる子だと思います。
 その伸びる、キラッと光るタイミングを逃してはいけないです。」

普段はとても静かな先生だったのですが
その時は、すごく力を入れてお話くださったのを
よく覚えています。

その時初めて耳にした 高等養護 という言葉。

何もわからなかったけど
なんとなく憧れてしまった私。。。。

それくらい、当時は
まだまだ遠い先の話だと

思っていたんです。。。。。


つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-11-03 10:07 | 学校

行かないことしました???

今週は『こじかを忘れよう週間』として
こじかのことは頭から切り離しておりますが

そしたら なぜだか今度は
すてぃっちのことでストレスフルです。

少し前、
ひょんなことから
公文の先生とちょとした出来事があって

実はそれには周囲の誰もが困惑してしまいました。

誰も悪い人がいないのに
傷ついた人がいた  という出来事でした。

私はそれが気にかかっていて
実にもや~とした気持ちでいたのですが

先週あたり、先生とお話をしたことで
気が楽になったというか

さらに昨日
先生からメールをいただいて
その内容にも安堵

今のすてぃっちのこと、今後のすてぃっちのことなど
やっぱり共に考えていただけそうだということがわかり
ほっとしたところだったのでした。

これですてぃっちの悩みからは解放されたと思っていたら

今日はまた
火山噴火の私です。

学校行事で、今月末に合唱祭というのがあります。
本格的なホールで、本格的に合唱のコンクールを行うものです。

クラス対抗なので
どのクラスも練習には熱が入っていて

こじかのクラスも
朝練、昼練、放課後練・・・と頑張っています。

こじかのクラスがある、ということは
すてぃっちのクラス(交流級)もあるだろう、と思い

10日ほど前に
「朝練があったら参加させたいので教えてください。」

と連絡帳で担任に伝えました。
「交流級に確認してお知らせします。」

と言われまま
数日過ぎても返事はなく

たまたま友人に
「すてぃっちちゃんのクラスも朝練始めたみたいよ。」

と聞いたけど
先生からは連絡もないので、どうした?と思っていたところに

今日になって
交流級の担任から練習日時と

よければすてぃっちさんも参加してください」

と書かれたメモ書きをいただき (遅いっ!)

ところが

さらに続けて個別担任から

「・・・・と、お誘いがありました、すてぃっちちゃんと相談しましたが
 朝もお昼も時間のゆとりがないので(着替えやお弁当箱洗い)行かないことにしました。」

    
はぁ~~~~~!?

まったく、なに言っちゃってんのよ 

親の意向は『参加させたいから、練習の予定を教えてほしい』って言ってんのに

さんざん返事もこないまま

やっときたと思えば

交流級では『よければ』とかいう言葉を使ってる
すてぃっちはそこのクラスの生徒なんだから『よければ』は必要なし!

個別担任は『相談して』とか悠長なこと言ってる場合かっ

朝の着替えの時間がないなら
家から着替えさせていけばいいじゃん
お弁当箱洗いがそんなに大事か?
今月末までお弁当箱洗いはナシってことでいいじゃん。

交流の機会なんて
これが終わったらあとはもうほとんどないんだからさっ。

っっつって、今大興奮のままに書いてます。
怒り心頭な私なのですっ。

がっ!

怒ってる場合か?・・・と

上記を書き終わって

たった今

学校に電話してみた。
もちろん怒りは隠して冷静にですよん^^かわいい感じで。

「いつもお世話になります、すみません、
 練習のことで相談なのですが・・・」

で、上記の通りお話しすると

個別担任の反応

「は~い。わかりました~。いいですよ~^^」

ってまったく抵抗なくスルリと了解されました。




え?

なーんなの?




いやいや
こちらの意向が通ったのでいいんですよ

それなのに なんなんだろ

この変な感覚。



わかる人にはわかっていただけるかと・・・

思います。。。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-10-19 16:26 | 学校

全力を出すってことしてみてほしい


一方のすてぃっち

5人一組のむかでが、コーンを回って戻ってきて
次のグループにバトンタッチしていくリレー形式の競争

すてぃっちは

4人組のむかでの一番最後の子の肩につかまって

足は結ばない形で参加。

お友達と交流できることがめあてなので

私には それで十分でしたし

そのグループはそれなりに息を合わせて頑張ってました。

で、

それはいいんだけど。。。


一緒に見ていた同じクラスの子のママが
競技が始まる前に

「他のクラスは、朝練とかやってたみたいなんだけど
 うちのクラスは、先生が『ぶっつけ本番でいいだろう』
 って言って、やってないんだよね・・・」

それは見て、はっきりわかって

他のクラスは競技としてきちんと成り立ってる

5人が息を合わせて

歩幅をそろえて

悠々と歩を進めているのに対して
(組ごとに速さを研究してるようだった)


すてぃっちのクラスは

5人が、てんでばらばら 

勝手にそれぞれが ちょこちょこちょこちょこ歩くから

ぜんぜん進まないし、転ぶし 

ぜんぜん成ってない。

コントかと思っちゃった。

つながってるんだから仲間を思いやりなさいよ と思うの、おばさん。


えーーーーー! これを最後の組まで見せられるの? と思ったら

辛いなー  って感じから だんだん怒りに変わってきた。

せめて掛け声かけて1、2、1、2、ってやんなさいよ  

そういうこともできてない

体育祭の本番でよ、

練習もしないで臨むっておかしいだろ~ とも思うし

先生も先生だけど、自分たちもあんなにできなくて情けなくないか?

小学校で何を習ってきたのよ・・・・

勝ち負けは関係ないとしても

全力で取り組む、全力で闘う、

全力を出し切ることの素晴らしさもなにもないじゃん。

団結することや達成感や充実感を味わうってこともできないじゃん。

見に来る人だって

元気に躍動している姿を見たいと思うわけ。

はっきり言って がっかりだし 恥ずかしい。


今回のことは先生の指導力不足もあるかもしれないけど

こじかの時と対極的に

すてぃっちの学年は

小学生時代から何をやってもたらたらだらだら

なんだかな・・・といつも感じさせられ

こじか達と同じ学年で同じ作業をしても

明らかに遅かったり

声掛けをしても反応が薄かったり

卒業式の日でさえも

幼稚なことをして先生に叱られてたっけ・・・

一人ひとりがダメな子ってわけじゃないんだけど

全体の雰囲気がどろ~んとしてて

お互いに注意し合わない

リーダーシップがとれる人材がいないってことかも?

中学生になって、他の小学校の生徒と混ざったのにも関わらず

あ~、やっぱりこの子達ってこういう感じでずーっといくんだね・・・

と、一緒にいたママ達数人と

同じ感想を抱いて呆れてしまいました。

中には

「この人たちね、幼稚園の頃からこういう感じだったのよね、あーやっぱりね・・・って感じ。」

って言ってる人もいて

とっても残念でしょうがない。

すてぃっちが意地悪されるとか

嫌な目に合わされる、とか

そういうことは今まで経験したこともなく

悪い子達ではないと思うのに。

夏休み明けの宿題の提出率がすごく低くて

先生の怒りのこもった内容の学年便りも配られたくらいです。

どうしてそうなってしまうんでしょ・・・

熱く全力出してほしいよな~~~~~。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-10-02 11:44 | 学校

体育祭

行ってきました、体育祭。

結局、順延になったのでパパっちは仕事

私一人で行きました。



う~~~~~ん。。。。。。

いろいろ思うことがありましたね~~~~~。

まぁ、まずはそれはさておき。

うちの体育祭は
例えば、
長距離走に出る人、短距離走の人、綱引きの人、
学級対抗リレー、色別対抗リレー などなど
クラス内で相談してそれぞれの参加競技が決まっている物と、

必ず学級の一員として参加する団体競技とがあります。

他にも部活対抗リレーなどもあって
これは白熱して面白いのですが

こじかの部は毎年2年生を中心に選手を選ぶので
今年は出番もなく(去年はたいして足が速くもないのに出ました)

うちの子たちが出るのは

二人とも80メートル走と
3年生が 大縄とびと
1年生が むかで競争でした。

80メートル走は、朝一の競技だったのですが
プログラム通りの時間に行ったら
もう始まっていて
こじかの出番は終わってました。あらら・・・

まあ、もっとも

「俺と一緒に走るメンバーが、サッカー部、野球部、陸上部って
 速い奴ばっかりで~~~、もう、俺終わってんのよ。」

と、ドンケツ決定的だったのですが

こじからしくて笑ってしまったのは、前日

「明日、誰か休んでくんないかな~。そしたら俺、4位になれる!」

5人で走るところが、4人になったところで

ビリには変わりないので

「あんた、何それ?どっちにしても最下位でしょうに。」

「だって、4位だったら2点もらえるんだもん。」

・・・・あ~、チームの得点に貢献できるわけね・・・ってなんじゃそりゃ^^

いや、もう他力本願親子なので

「いやいや、わかんないよ~、だってもしかしたら誰か転ぶかもしれないじゃん、
 そしたらこじかにも芽がないわけじゃないよ。」

「は~?80メートルだよ~、転ぶ奴なんかいないよ~。」

って言ってました。  が・・・

当日、こじかの組にはいなかったそうですが
他の組にはいました・・・転倒者^^; 残念こじか。



すてぃっちももちろんドンケツですよ~

いいんです、最後まで笑顔絶やさず走りぬきました。
(小学校でもコーナー曲がって100メートル走っているので
 直線の80メートルは難しくないと思います)

帰ってきてから

「頑張ったね♪」

と言ったら

「でも遅かった。」

って。素直な感想でこれまた笑ってしまった^^

「いいんだよ~、すてぃっち~、嫌にならないであきらめずに走ったんだもん、偉いよ。」ぷぷっ。



お弁当は家族で一緒というわけではないので
私は午後から出直しです。


午後から

団体競技。

こじか達は他のクラスに負けないように
体育祭の前から
朝練したり、休み時間も使って
頑張って練習してきたのですが

他のクラスが20回以上跳べてる、という時期に
うちのクラスは4回しか跳べてない  とか

どうしてもつっかえる子がいて○○がキレてさ~ とか

俺は端っこの方で跳んでるから、すごく高く跳ばなきゃいけなくて大変なんだ とか

毎日その練習の様子を話してくれていたのですが

前日に

「今日の練習で初めて17回跳べて、最高記録だったんだよ。」

と興奮気味に言うので

(でも他のクラスに遥か及ばずなんだけど)

「それはよかったね、本番もその調子で頑張らなくっちゃね。」

なんて言ってたのに

本番では驚きの43回を跳んだので

すごいじゃん!と母も興奮してしまった。

上には上がいて47回が最高で、こじか達は3位だったけど

本番で一番の結果が残せたことは

順位はともかく、本人たちが一番満足できたと思うし

いいクラス作り、仲間作りができてるんだな・・・と

よかったな、と思いました。

こじかの学年は

何をやってもまとまりがいい、というのが

小学生の頃から先生方に褒めていただいていて

実際、色んな場面で様子を見ていても

お互いに注意しあえたりする

いい子達だな~と思うことが多く

中学校はいくつかの小学校から生徒が集まってきているわけだけど

それでもやっぱり小学生時代と同じように評価をしてもらうことが多い。

小学校時代は

休み時間の後半がお掃除タイムなのに
先にみんなで協力して掃除を終わらせて(それもしっかり)
その後を、休み時間にしている とか

授業のチャイムが鳴る前に教科書が開いてある とか

ノリがよくて、先生としては、とてもやりやすくて楽しい学年だった とか

クラスが変わったり、先生が変わっても

そんな感じで

また中学の修学旅行でも

常に、集合時間の5分前には全員集合している、

こんな学校は珍しいです と、バスガイドさんから褒められたとかで

5分前に200人からの生徒が全員集合できるって
凄いな・・・っていうか 呆れるほどなんですが^^;






一方すてぃっちの方なんだけど・・・・


           つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2011-10-01 19:42 | 学校