カテゴリ:私のきもち( 157 )

アクアトピアの夜

クリスマスの雰囲気を味わいたく 恒例の Let’s舞浜 昨日敢行。

今回のめあて

   夫   ・・・ナイトシーンをビューティフォー(HG風に)に写真におさめること
   私   ・・・キャンドルライト・リフレクションズで感涙したい
   こじかくん・・ブラビッシーモが見たい
   すてぃっち・・アクアトピアに乗りたい

学校が終わってから行ったが、道がすいていて4時前に到着。(熟睡3名)

エントランスで グーフィーとたわむれる。(かっこいい)

あてどもなく ふらふらと散歩。
アメリカンウォーターフロントでゲームに挑戦するも 見事一家全滅。
8個ものピンバッチが戦利品となる。がっくり・・・。

そんな時も プラス思考夫は

「楽しめたからいいじゃん。あーオレは楽しかったよ。」

そ・・そうだね・・・。

夫のめあては 成功をおさめた。
三脚の導入が 要因と思われる。

2つの夜のショーも バッチグーだった。(高い所から見るのがお気に入り)
ブラビッシーモは 今まで見た中でなぜか最高に良かったと感じる。
こじかくんの解釈では
「火の精と水の精は 結婚したんでしょ?」
だそうだ。
うん、、、まぁ、そんなところだ。
 
すてぃっちは・・・
都合7回くらい アクアトピアに乗った。
「ママと」 「パパと」 「こじかちゃんと」

相手変わって 主変わらず・・・。

キャストのお姉さんも
「また来てくれたの~、うれしい、ありがと~(笑)」
って、言ってた。

   デイズニーシー 
      広けど  愛する
         アクアトピアな夜
a0065062_11232321.jpg

[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-30 11:27 | 私のきもち

義家先生の講演会

毎週 週刊文春のエッセイを読んでいる。
情熱的な方だと 感じていたので 今日の講演会 とても楽しみにしていた。
ズバリ
とても良かった。
嘘やごまかしのない先生だと思う。
テーマは 
    今、親として~耳を傾けていますか 子供の心のつぶやきに~
横浜市教育委員として、元教師として、元生徒として、元子供として、親として、
先生の経験から発せられる言葉は ストレートに心に伝わってきた。
 
当たり前の事が当たり前でなくなってきている時代、
 『育てる』とは
 『自由』とは
 『しつけ』とは
これらを 明確に説明できますか?   と。

『育てる』とは
   ①聞くこと 
    (言葉にできない叫び、心の声を聞く)
   ②伝えること
    (愛情は思ってるだけでは伝わらない、生まれてきてくれてありがとう)
   ③学ぶこと 
    (子供の心を学ぶ、自らが学ぶ人間でなければ説得力がない)
『自由』とは
    教育のゴールにあるものであり
    自分のかけがえのない人生を選択する自由である。
    勝手気ままという意味ではない。
『しつけ』とは
    ただルールをたたきこむことだけでなく、愛情で包み込むこと。
    その2つのどちらが欠けても「躾」ではない

親は子の成長に責任を持つこと・・・・・・・これは何度もおっしゃっていた

愛する子に幸せになってほしいからこそ 負荷をかけて強い筋力をつけるのだ
転ばぬ先の杖 より 転ばせる教育をするべき。

などなど まとめきれない 充実した内容だった。
特に携帯電話の話は無知ではいけないと感じた。
ルール、マナーの指導はもちろんのこと、携帯の問題点に目をつぶっては 責任をもって与えたとはいえない。出会い系サイト、ドラッグの情報など中、高生の利用者は多いそうだ。また それを使っていじめの道具にもなる。
愛情の反対は無関心
愛情があれば子供にうざいと言われても おせっかいが丁度良い。・・・・・・なるほど。

先生が情熱的に活動されることで 我々親、家庭を含めた教育の現場が 
より良く 変わっていくといいと思う。

と、まじめに 締めようかと思いましたが
奥さんとのけんかの話など、先生 おちゃめで かわいかったです
                       これ 失礼かしら・・・?!
先生のエッセイ 今後も楽しみ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-25 21:29 | 私のきもち

るんるん すてぃっち

土、日 祭日はこじかくんが野球に行ってしまうので 残されたすてぃっちはいつもどことなく寂しそう。
今日も朝から夕方まで こじかは帰ってこない。
ん~~~、いちにち何してくれようかしらん・・・。
電話がなる。
同じクラスのK君だ。
「昨日 約束したんだけど、今日遊べる?」
あそべる、あそべる。
すてぃっち、K君が遊ぼうって。
「K?!(呼び捨て)やったー、あそべるの?公園で?うれしぃ、K,好きなんだ~」
好きなんだ~をもう一回くり返して はずむように仕度する。

「行ってくるよ~」
って 1人で行かれるの?大丈夫?
「へーきだよー、K待ってるからさぁ (だから呼び捨てかよっ)」
え・・・でも道路・・・信号ちゃんと青で渡ってよ。
「うん うふふ」

ちょっと心配だったので 1人で送り出すふりをしながら 少し離れて尾行しようかな・・思って家を出ると、外にK君が迎えにきてくれてました。
うれしくて コケる すてぃっち  コントかお前は。

うきうきはずんで歩くふたりの後姿 いつまでも見ていたい。

子供の成長は うれしい半面、お友達の成長の方が早いため、いつかおいていかれる、いつか離れていく、そんな覚悟のようなものしてるけど、今の、このスポットが当たるような明るいおだやかな出来事がすごくうれしいなと思う。

私には すてぃっちの [るんるん]っていってる音が聞こえたんだ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-23 14:01 | 私のきもち

Nさんの信念

夕方 友人Nさんから電話。立腹の様子。
NさんちのAちゃん(小1女子)の友達がBちゃんをのけものにするという。
Bちゃんの前でAちゃんだけに「遊ぼ」と言い、「Bちゃんも一緒に」と言ったら
「嫌いだから、Aちゃんから『遊ばない』って言ってよ」
困ったAちゃん。泣きながらお母さんの元へ。
Bちゃんは個別級なのだが Aちゃん以外の子はBちゃんと遊んだこともなく よく知らないのだとか。

よく知らないのに 嫌いとは何か
だからAちゃんに 断れとは何か
Aちゃんはみんなと仲良くしたいのに。

NさんはAちゃんが傷つくのも許せないし、反対に誰かを傷つける事も許せない。
わが子がどちらの立場になっても 親として胸がつぶれそうだ。
だから その子たちに言って聞かせたと言う。
あなた達がそんな事したら あなた達のお母さんが悲しいんだよ。

人からされて嫌なことは 絶対人にしてはいけない

当たり前のことだけど、からだが震えるくらいに感情をぶつけるNさんの思いの強さに、私も しっかりしなくてはと、改めて考えさせられました。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-23 13:25 | 私のきもち

言い訳はよくない

こじかくんをバッティングセンターに連れて行く。
彼は 争いを好まない穏やかな性格。優しいのは長所でもあるけれど、負けず嫌いという気持ちがないので それをバネに努力する といった方向にはいきにくいようです。
でも バッティングが たまたまうまくいった時には調子にのり、当たらなくなると それは球が悪いせい、と言って ぐずぐず言い訳をするこじか。
いい時も悪い時も自分のせい。悔しかったら頑張ってみよう、そう思ってほしいのだけど。
その様子に私もイラッとしつつ、カッカッとしている最中のこじかには聞こえる耳もないと思い 落ち着いてからゆっくり言い聞かせるつもりで 帰りの車に乗り込もうとしたその時・・・。

こじかが助手席、私がその後部座席。
足元の荷物が気になってヒョイと前傾姿勢になった瞬間、
「いったぁ~いっ」
はさまっちゃったんです。
こじかが閉めようとした助手席のドアに  私のアタマ。 左右のこめかみ部分が両側から。

ぐずぐずのこじかは黙ってしまい、すてぃっちは
「はさまっちゃったの、大丈夫?ごはん食べたら治るよ、平気だよ」
と必死になだめ、パパは
「なぜ はさまる?」
と疑問を抱き、やせ我慢の私。

アタマは痛いんだけど、それよりもこじかの言い訳が良くない、男らしくないってコトをどうしつけるかってのが気になって。
でも自分の身に起きてることの滑稽さがおかしくて。

いや言い訳はよくない。

アタマ痛くて まとまらない・・・? なんだこれ?
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-22 14:18 | 私のきもち

私とこじかとすてぃっちの紹介


こじかくん   心優しい 小3男児   ゲームと野球好き

すてぃっち   ダウン症 小1女児   ディズニー大好き

私        こじかくんとすてぃっちの母   小心者
         子供服やアクセサリー作りに没頭していたが
                              今は休憩中。
         
       好きな言葉   くじけないでがんばろう

       好きな本    ダヴィンチ・コード
     
           後はおいおい知ってもらえたら・・・
コメントいただけたら うれしゅうございます。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-14 15:22 | 私のきもち

何をはじめたいと思うのか・・・

ブログというモノを 始めてみる。
初心者の私・・・。

趣味はハンドメイドなのに、ちかごろ気がノらないのは
年齢のせいかなぁ

無趣味になってしまったら
なんとも手持ち無沙汰で 日々落ち着かないので
パパに話してみる。 

「ブログでもしてみたら?」

う~~~ん

このぽっかり感を 埋めてみようかな
つれづれなるままに。


パパ協力ありがとう。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-11 11:03 | 私のきもち