カテゴリ:私のきもち( 157 )

変なおばさん

しかし

大縄は回数を競い合う競技なわけで
毎日の練習の様子を先生から伺うにつけ、
やっぱり申し訳なく思うのです。

ある日の朝練では
どうしてもジャンプができない事に
舌打ちをする子もいたそうです。

担任の先生は
「中にはそういう部分が、まだ成長していない子もいますが
 優しく声掛けしてくれる子もいるのでご安心ください」
と、言って、すごく娘と私寄りの言葉をかけてくださったのですが、

私はそうは思わなくて

失敗して舌打ちが出る、ということは
それだけその子が真剣に練習に取り組んでいる
ということなのだから
意地悪だとか幼稚だとか、という風には思いませんよ~
大丈夫、それは当たり前の事です、
と、お伝えしました。

担任の先生は
いつも娘たちといることで
気持ちが一体化している感じ???
なので、娘たちのことに関しては
感情的になってしまうこともあるそうです。
「お母さんが冷静に対処してくださって、
 私の方が感情的になっていたことを反省しました」
と言われたのですが

いやいや
私は
先生が私の代わりに感情を表してくれることで
癒されてるところもあるので
そのままの先生でいてほしいな~ と思ったものです。

でも、そのことがあって
私の書いたメッセージを伝えていただく機会ができたようでした。

子どもたちに
どう受け止めてもらえたか、わかりません。
受け止めてもらえなくてもいいですし
何かが腑に落ちてくれればありがたい、というくらいの気持ちです。
今すぐはわかっても
すぐに忘れてしまうこともあるでしょうし
今はわからなくても
いつかそんなことを言ってた大人がいたな
と思う時もあるかもしれないし
まぁ、あんまりこだわりはなし。

練習では
1度も跳べないまま当日がきます。

他のクラスのママ友に聞くと
うちの子のクラスは練習で学年2位の記録を持っていて
打倒○組!と力を入れてるらしい、と聞いて

ますます申し訳なくなった私は、前日

「本番は出さなくてもいいです。
 よくしてくれるクラスの子たちに迷惑をかけたくないので」

と言ってみたりもしましたが

「3回つっかえたら応援、というルールなら
 そんなにタイムロスもないので
 3回までは頑張らせてもいいですか?」

と、先生がおっしゃるので、結局参加しました。

本番。

近くにいる女の子達が
すごく、声をかけてくれていました。
それも、笑顔で、優しく、明るく。

競技が始まって
やはり1度もジャンプすることなく
3回引っかかって娘の出番は終わりました。

だけど
まったく跳ぶ気持ちがなくて跳ばないのではなかったです。
どうしてもタイミングを合わせられず
跳びたいのに跳べない。
そんな様子でした。

頑張ろうという気持ちが
見ていて わかったので
昨日、出さなくていい、と言ったことを反省しました。

競技の結果は
惜しくも2位。残念。。。
いろんな思いが混ぜこぜで
1位だったらと、祈っていたのですが。

競技後
声をかけてくれていたお友達に
ありがとう、と伝えに行きました。
他に気の利いた言葉がでてこなくて
ありがとうばっかり、何回も言っちゃいました。

完全に変なおばさんって感じだったと思います^^


       つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-10-04 15:23 | 私のきもち

メッセージ

一般級との交流は

小学校とは違って、学習では一緒にできるものはないため
合唱祭や体育祭のような行事くらいしかないのですが

今年度に入ってから
もうちょと交流について考えたい、と担任の先生から相談があり

それまでは希望しても
朝の会、お昼など、授業以外の交流でも
活動の都合上、できないとのことで
行っていなかったものを
今年度は考え直す意向を示してくださいました。

実際、もう3年生ということもあり
今さら、もうどっちでもいいかな、と思ったものの

やはり
イベント時だけの交流だと
どうしてもお客様感が否めず、

一般級の生徒にしても「あんな子いたっけ?」という感じだろうし
本人にとっても「知らない人達の中で緊張するなぁ」になってしまうので

日々日常の交流、
例えば朝の出欠確認だけでもいいので教室に行かせてもらえないですか?

と言ってみたところ
ぜひ、そうしてみましょう、 と先生が積極的になってくださり
毎朝、一般級に行くようになりました。

とはいっても、ひとりで教室に入るのはとても緊張するらしく
先生に一緒に付いて行ってもらったりしているようですが

それなりに、気にかけてくれるお友達も現れつつあるようでした。

そんな中

体育祭の練習が始まりました。

問題は学年競技の大縄。
30人のクラス全員が、1本の大縄を息を合わせて跳び
クラス対抗で回数を競い合うのですが

大きな集団は元々苦手・・・
その上、大縄を一緒に跳ぶなんて娘には難しすぎて
私的には見学でもいいんですけど・・・

が、先生は練習に参加させてくださいました。

女の子が声をかけてくれて
最初は女子5人くらいのグループで練習し
その時は、どうやらなんとか跳べていたそうなのですが

全員で跳ぶのはやっぱり難しく
一度も跳べないみたいです。

それから毎朝、朝練や昼練があって
それにも参加させてもらっていました。

娘には、3回つまづいたら見学、というルールで
3回までは頑張って跳ぶように挑戦することになっていました。

ある時は、3回ルールで終わって見学していると

「もう一回、一緒にやりませんか?」

と、先生に声をかけてくれた女の子がいたそうです。

自分本位でも仕方がないお年頃なのに
うちの子を仲間に入れてくれようとする子がいることが嬉しかったのと

反面、
そんなお友達の熱意に応えることができない娘のことが
本当に申し訳なく

とてもとても複雑な心境になりました。

そこで
担任の先生にご相談して
交流級のクラスの子に向けて
メッセージを届けてもらうことにしました。

娘をクラスの一員として仲間に入れてもらってありがとう、ということ。
でも、きっときっと面倒をかけて
みんなの期待に応えられないことに対してのお詫び。
それから娘の性質というか特徴?
みんなが当たり前にできることでも
娘にとっては難しくて、人一倍努力しないとできないことも多いこと、
努力してもどうにもできない事もあること、
みんなと共に活動することは少し苦手なことだけど
みんなと一緒に頑張ったら楽しかったとか
自分なりに力が出せたな、という経験を
みんなと共にさせてもらえませんか?ということ。
それから
みんなは自分の持てる力を存分に発揮できる能力を持ってる、
そのことを幸せに思ってほしい。

そんな内容で預けました。

娘のことをよく知らない子にとっては
なんでこの子はこんな簡単なことができないのかな?とか、
面倒くさいな、とか
競技なのに邪魔だな、とか
何かと納得いかない部分があったと思います。

私も、中学生を相手に
この子を理解をしてください、という考えはまったくなく、
ありのままの娘を知ってもらえればそれでいいという気持ちで
日々を過ごしているのですが

娘自身が、
自分からお友達に向けて発信する力が
あまりにも弱すぎるので
背中をそっと後押し
娘にとっても
私の応援で心強くなってくれれば、という思いで
書いたものです。

  


     つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-10-03 19:47 | 私のきもち

レポートについて


たくさんの木にかこまれて
雨にぬれたみどりがさわやかでした



前回写真だけ投稿した日記ですが・・・


修学旅行のレポートとして
学校で書いたもの。

すごく綺麗に書けていて
特に最後の「雨にぬれたみどりが・・・」のところが
詩人のようで

私は好き。

おたんちんのところもあるけど

こんな一面もあるの

悪くないでしょ^^   ふふ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2013-07-14 07:57 | 私のきもち

なかなか・・・

なかなか なかなか

信頼っていうのかな なかなか



娘が最近 悩み始めて

始終そのことが気になって

私にポツリポツリ とこぼしてくる

憂鬱な気持ちで学校に行ってるので

かわいそうだな と思うけど


担任に相談しても
担任は1人ではないので
他の担任の方針がこう・・であると
先生同士の間で伝えにくいこともあるみたいなので

仕方ないかなぁ・・・って

結局、娘を励ますしかないので
励まして送り出すのね。

泣きたいよな~


なかなか 難しい
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-11-09 14:08 | 私のきもち

「大丈夫」




      あなたなら大丈夫 と

         言ってもらえることの

            こころ強さ

                 人魚





いつもいつも自信がない私に

「tiisaiさんなら大丈夫。」



失敗したかも・・と へこんでいる時に

「tiisaiさんなら大丈夫!」



ちょっとイレギュラーな出来事に

「(ほんとはダメだんだけど)tiisaiさんなら大丈夫^^」



その言葉に力をいただけます。



すてぃっちが生まれたときも

そう言ってくれた友人が何人かいた

そっか、大丈夫なんだ   って思ったっけ。



振り返ると

いつもいつも

なんだか たくさん もらってるな~

みんな ありがとう~
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-10-01 09:43 | 私のきもち

親心

置かれた場所で咲きなさい

少し前から 話題になっている本ですが

最初にタイトルを聞いた時から
この言葉が 心にとどまっています

2人の子供達には それぞれ
置かれた場所で 咲いてほしいと願います

それは過度の期待ではなく

持てる力の最大限を使って
時間を いのちを

将来、親亡き後も
咲かせて 生きられるように

ささやかな親心。。。

彼らが子供時代の今は
その力をつけるための

時に厳しく 時に温かい
トレーニング中。

それは 私も一緒に。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-09-10 10:04 | 私のきもち

会ってよかった


面談に行った。

良いところ、悪いところ、悪いところ、悪いところ・・・を
悪いところが多いので大変ですが(汗)

たくさんわかってくださっており

だからどうすべきか ということも

おっしゃってくださった。

良かった。


先生も あの時はびっくりなさっていたろうし、
私もびっくりしていたので、

なんだかおかしな様子になり
出会い方が悪かったのを

私も色々思ってしまい反省。

会って、話して、良かった。


先生の信念にお任せしたい。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-07-12 19:13 | 私のきもち

出直します。。。

カッターの件が ショック過ぎて
先生に対して不信感を持ってしまった私ですが


まだ出会って3か月
わかりあえなくても仕方ない と
思いました。

せっかくご縁があって
出会っていただけたのだから

心を開いて向き合いたい と思いなおしました。

手のかかるお嬢を見てくださるのですもんね

感謝しないとバチがあたる

ほんと すみません・・・って感じです。。。


これまでも多くの人に見守っていただいて
ありがたかった。

忘れちゃいけない。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-07-11 19:41 | 私のきもち

経験値

すてぃっちが生まれたばかりの頃は
私も頑張っちゃって

ダウン症の子のこと
世間の人たちに誤解のないように
知ってもらいたいな~

とか思っていたし

ぜったいうちの子は
かわいそうな子じゃないよ
かわいい子だよ って

力が入っていたね。


3歳頃から? 眼鏡をかけていたけど

バスや電車や病院や
色々な所で出会う知らないおじさんやおばさんから

「こんな小さくて眼鏡なんてかわいそうね。」

と声をかけられることが多くて

そのたびになんとなくモヤモヤした感じになり

(目が見えにくいから眼鏡をかけることのどこがかわいそうなんだろう・・・
 かわいそう だなんて なんて上からの物言いなんだろう・・・)

と思っていたものでした。

今思えば

おばさん達は

眼鏡をかける煩わしさを 
すてぃっちの気持ちを思いやって
こんな小さい子が我慢してるなんて、かわいそうだし、偉いわね
という気持ちで言ってくれてたのだと思えるのですが

当時は
『かわいそう』って言葉につい過敏に反応してた気がします。。。
若かったね。。。。


つい最近
商売上のお付き合いで
絶対に私(顧客)に対して失礼なことを言うはずのない
年上の方から

「他のしょうがいなら わからないけれど
 ダウン症はお顔でわかっちゃうから それがかわいそうね。」

と言われました。

今では そう聞いても
何も感じない私なのですが

以前なら 「ム?!」 ってセンサーが反応したかもしれないひと言。

ダウン症って見た目でわかるとかわいそう って思われる?
それ、私はぜんぜん どうでもいいことなんですけどもね^^;

だって~
うちの子、ものすごくかわいくて
アイドルみたいなお顔 とかだったら話は別なんだけど

親の私の程度を考えれば
そ~んなカワイイ顔のわけがないじゃん。
誰も注目もしないしさ

もしも

「あ、ダウン症だ」

って言われたとしても

「そうですけどなにか?」

って感じだし

「あ!」

って思われたからって 石投げられるわけでもないし

ほ~んと、どうでもいいのよ。



誰でもそうだろうけれど

やっぱり経験値からわかること、知ることって
たくさんあって

それが足りない場合は
なかなかそれについて理解は難しいってこと
あるんだろう

そういう相手に理解をさせよう とか
理解を求めよう とか
力入れても きっとわかりあえないでしょうな。

まぁ いいんじゃないかな、それでも。

時期がきたらわかったり

わからないままで恥をかいたり 損をしたり
いろいろあっても まぁいいか。。。


幸い私は とりあえず
すていぃっちのおかげで
学んだことがたくさんあるけど

まだまだわからないことも
たくさんあるでしょう 

もちろん、経験しなくたって
思いやりや 想像力や 知識で
経験値はあがるはずだから

そこは ちゃんと アンテナ張っていたい。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-06-24 12:51 | 私のきもち

難問

すてぃっちは学生だから
学生らしいことをさせてあげたい

今は 学生の本分の学業をしっかりやらせてあげたいな

と思ってる。

だけど どうも最近、道に迷い気味。


本当は学生らしく
障害のあるお友達とだけでなく
他の人たちとの関係ももっと充実させてあげたいとも
思うけど
学校ではどうもそれは難しいみたい。

・・・
すてぃちの学年は個別級の子が5人もいて
だから遠足も先生の目が行き届かないから
去年も今年も 一切、普通級と交流してないのに対して
1つ下の学年は2人しかいないから
遠足も他の1年生と一緒に交流で行って

その時の生徒の人数によって取り組み方が違うって
どうも腑に落ちないような気がするけど

それは致し方ないのかなと思う。



学業の方は
去年よりは今年に入ってから
少しは学校で教えてくれるようになったので
よくなった。

そこで

学校だけでは理解できないこともあるだろうし
家でも反復して勉強させたいので
どんなことを学校でやったのか
特に、できなかった事を連絡帳でお知らせしていただけるように
先生にお願いしてるのですが

この前、

これができませんでした  と言われた問題に

う~~~ん・・・・

これってどうなんだろうか  と思った次第。

2、0、1、3
  
   と、それぞれ書かれた4枚のカードのうち2枚を使って
   2ケタの数字を作る時、一番大きい数字はなんですか?
   また、小さい数字はなんですか?



数学的に・・・というよりも
すてぃっちにはこの文章を理解することが
難しいらしい。
実に難問。

抽象的っていうか
これまで現実にこういったシチュエーションになり数字を作ったことはないし

おそらく今後もないような気がします。。。。


一応、家で復習させた。
頭抱え込んでましたな。
なんか、可哀そうだな とか思いつつ
学業大事、学生なんだから と
頑張らせたね。

でもね~

この学習、この子に必要?

パパっちは
「まぁ、数学なんて、だいたいがこれ必要か?と思うようなものじゃん?
 だから、まぁいいんだよ。一応ちゃんとやらせはして、でも、できなくても
 『がんばろうね』って言っておけば。」

と大らかな目で見ているのですが

私は

何の意味があるんかなぁ

文章が理解できない ということを学校がわかってるなら
そっちをなんとかしようとしてくれるとか・・・は絶対ないから~

家庭でなんとかしなくっちゃ  って焦る私。


もうっ!

本当に今この子に必要な事はなんなの?

どこかにそんなプロの人がいるなら教えて欲しいのねっ!







********************************





週刊誌に書かれるのは 
知識人(?)と呼ばれるような
学者さんとか作家さんとかが

深く考えて重い決断をしたんだろう  とか
軽率でしたね     とか

おそらく○○な心境なんでしょう』

と、それぞれの個人的な想像で意見が語られててるけど

ご当人の何がわかって言ってるのか?
これに関する知識があって言ってるのか?

ご当人にしかわからない気持ちを語るなよ  って思ったり。

うちの子も「子育ては大変だ」というくくりに入ってるんだよね・・たぶん・・・

それが私のモヤモヤの原因なのかも。。。。。

[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-06-13 13:33 | 私のきもち