お母さんの3歩


学校と地域が共同で開催する
地域防災訓練がありました。

この日は授業参観も兼ねております。

私も朝から
すてぃっちを参観しながら
訓練にも参加していました。

心肺蘇生やAEDの実践講座も受けました。
見てるだけより実践する方がいいですよね。
生徒たちと一緒に学びました。
(もう人前で何をするのも恥ずかしくないおばちゃん化した私)

さて、すてぃっちですが

三角巾講習を受講中・・・

その日、すてぃっちには、いつものフレッシュ先生ではなく
男の個別級担任がついてくださっていました。

先生は他の生徒さんも見なくてはなりませんから

ちょっとその場を離れました。
でも近くに副校長先生がいらして
担任に代わり寄り添ってくださっていたのですが

急に

しゃがみこんだすてぃっち!

副校長が促しても立ちません。

頑として。

か・・・固まった・・・・


もうそれまでに

消火器体験とか、心肺蘇生とか、色んな講習を受けたので
疲れてきたのと、
三角巾は2人組でやるので
それが嫌だった(お友だちが嫌というわけではなく、自分が劣っているのがわかるから)

そんな気持ちだと私にはわかりました。

でも、いつも言ってるように!

やりたくないからやらないのは許しませんっ!

できなくてもいいのだ!やるべきはやるのだ!



わかると思いますが、私の次の行動・・・




つか つか つか   


3歩私が進んだところで

すてぃっちと目が合いました。


合った瞬間     すっ   と立ち上がったすてぃっちと

私を見た副校長の

笑うこと笑うこと。


「すごいですね~。お母さんの3歩。いい距離感ですね^^」

まだ すてぃっちのところへたどりつくのには6歩は空いてたと思うけど

またもや

「お恥ずかしいです・・・こわいんです、私が・・・」

と言うハメに。

「いや~、しっかりやってるよ、tiisaiさん。いい距離感だと思うわ^^」

ちょっと効果ありすぎると思うんですけど・・・とほほ。

でも副校長先生とすてぃっちの話をしていて


「学校では、みんなより出遅れた時が、もう乗り切れなくて
 どうにも動けなくなるんですよね・・・恥ずかしいみたいだし・・・。」

と、お話したら

「うん、でも、それも個性だからね。大丈夫よ。」

とサラリとおっしゃるのを聞いて

ちょっと力が抜けた気がして。

恥ずかしがりは個性なんだよね。そっかそっか・・・

そこは認めてあげてもいいとこなんだった・・・

自分はちょっとそれを否定してたかなぁ????

何気ない会話の中で

ちょっとした気づきがあって よかった~ 先生ありがとう~

と思った直後

まだまだありがたい がつづいたりして・・・

       つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-12-04 16:02 | 学校