ギャップ

小学校と中学校・・・

そのギャップになかなか慣れない母のお話でございます。

そもそも小学生の間は、周囲からとても大事にされてるというか・・・

例えば、校内で何かがあれば、必ず保護者へのお便りがあって
きちんと親にも伝わっていたことが

中学では、学年が違う話は耳に入らないとか・・・

例えば学校だけでなく、
少年野球でも
ユニフォームのサイズ確認とかはもちろん親がするわけだけど
中学の部活は本人任せなわけで
大きすぎて着られないものを買ってきてしまったりとか・・・
(うちのがおバカすぎるんだけど)

中2、中3になればそれもいいと思うことだけど

なにしろ、ついこの前まで小学生だった子なもんだから

その扱いに差がありすぎて戸惑います。




先日、体育祭がありました。

クラス対抗綱引きがありましたが

体育祭当日にやるのは決勝戦だけで

前日までに、予選があるそうなのです。

こじかのクラスは予選に勝ち残り
明日はいよいよ決勝!

ということで
すごく張り切っていました。

「オレのクラス、すごいんだよ、明日絶対優勝するから見ててね。」

と、言ってたこじかでしたが



その日、とっーても むくれて帰ってきました。


「オレさぁ、綱引き、出てないんだよ・・・」


体育祭。見に行きましたよ~。

でも確かに、綱引きの時、こじかがどこにいるのかは、わからなかったです。

どうりで、わからないわけです、出てないいのでは。


なんでも

人数調整のために2人抜けないとならなかったらしく

クラスで1、2、3位を争う小ささのこじかは担任から

「こじかは抜けろ。」

と言われたというのです。

「でも、(小学校からの友達の)Mは『こじかは残って○○が抜けた方がいい』って
 言ったんだよ・・・なのに、先生がっ・・・なんでオレがっ!」


う~ん、客観的に見て、こじかみたいに小さいのがそりゃあ抜けるべきでしょうね。
風が吹いたら飛ばされそうだし。
勝負なんだからさ。
現実ってそういうもんだよね。

でも、そこんところが、ついこの前まで小学生だったこじかには
納得いかないみたいなの。


体育祭、みんなで楽しむものなんじゃないの?
1人でも嫌な思いをする人がいたら
それは成功っていえないんじゃないの?

たぶん、小学校では
ず~~~っと そういう風に学んできたと思います。

でも実社会って、本当は厳しいわけで。

そこのギャップにこじかもついていけてない。


せめて先生に何かのフォロー
(例えば、決勝には参加できなくても予選を勝ち進んで
 全員で勝ち取った優勝だ・的な)
があったとしたら、またそれはそれで
こじかの溜飲も下がるのであろうが

あの感じは・・・先生は信頼できないもの・・・っていう感情になってるようだな。
大人に対する信頼感みたいな子供の純粋な気持ちから
大人への不信感とか反発っていう、思春期の門をくぐったかな?

「でもさぁ、あんたが抜けないとしたら、誰かがこじかの代わりに抜けるわけだよねぇ、
 結局は誰かがその立場にならなきゃならない。
 だったら、クラスの子のほとんどが感じることない気持ちを
 こじかが体験できたってことはさぁ、それは貴重な体験だよね。
 ある意味、あんたってラッキーだと思うよ。
 それにさぁ、もしもこじかが嫌なヤツだったら、M君だって
 『こじかは残れよ』とは言ってくれなかったと思う。
 自分を信頼してくれる仲間がいる、ってことが
 わかってよかったじゃん。」

母の精一杯のフォローでしたが
こじかは
まだ ブツブツ言って怒っていました。



なので・・・



最終的には・・・




「そんな、うちに帰ってきてグチグチ言ったってしょうがないでしょっ!
 そんなに悔しいんなら学校行って先生に文句いってらっしゃいっ!
 そしたら『立派だ』って、褒めてあげるからっ。」  

・・・・母、怒。



「・・・先生には言えないしっ」

うんうん、そりゃそうだろうねぇ、
あんた、そういう子だもんね、わかってる、わかってるよ。




まぁ とにもかくにも 小さいことは損ってことです^^

ぷぷっ。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-11-06 11:50 | 学校