人権教育

中学校で、人権教育っていうのでしょうか・・・


道徳で、それぞれがあるテーマを選んで
自分の感じることを作文に書いたようです。

人権と一口に言っても

同和問題、男女参画、環境、平和、障害者・・・いろいろあって15テーマくらい?
あったのかな?

その中でこじかは
障害者差別について

というテーマを選んだようです。

一番、身近だったのだと思います。

その作文は

       僕の妹はダウン症候群です

から始まりまして











筆が止まってました・・・・







アホです






表現力がない息子なので

たとえ想いがあってもアウトプットできないでいました。


私はこじかの素直な思いを吐き出して欲しかったので

とにかく順番はどうでもいいから思うことを書いて

と、応援!



今まで、ダウン症がどういう病気なんてことは
こじかに説明したことはない私たち。

それがまずかったのでしょうか?

妹のどこが障害か詳しくわかりません 的なことを書いてました。

いや、私はこじかのそんなところが大好きでもあるんですけど

こじかの中にこそ、差別とか区別とか壁がないってことの表れでもあるので

とはいえ、のっけからそれでは作文にならないので

多少の説明はいたしました。遅ればせながらですけれども。
(いや前にもしたと思うのに覚えてないんだよね、情けない)



結局、作文の細かいことは忘れてしまいましたが

すてぃっちの優しい性格のことや、2人で遊ぶと毎日楽しいこと、
たくさん頑張っていることなどを書いてたみたいです。

中でも

     前にお母さんの持っている本を読んだら
     「障害児が産まれた時、産んだお母さんは泣いた。」
     と書いてあったけれど、僕はなぜ泣くのか、という疑問が
     浮かんできました。せっかく生まれてきたのにお母さんが泣いたら
     赤ちゃんがかわいそうだと思います。

と書いていたのが、こじからしいなぁと思って。

お母さんの立場の人にとっては
きびしい投げかけかもしれませんが

私もすてぃっちが生まれた時に
私が泣いたらすてぃっちがかわいそうって思ったもんだから^^

やはり親子^^;

 

     妹のことをみんなに知ってもらいたいです。
     他にも、そういう人を見たら
     「ここにもすごく頑張ってる人がいる」
     と思ってほしいです。

っていう意味のことを書いてました。




アホアホこじかは立派な息子ではないのですが

あのニュートラル具合というか
のほほんちっくさが

唯一の褒めポイント。。。



『障害のある妹の兄』ではなくて

ただの『妹想いの兄』であり続けてほしい

母の想い。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-06-29 12:54 | こじかくんとすてぃっち