言っちゃった!

(前回のつづき)

いつもフレッシュ先生と一緒にいて
心強いすてぃっちだけど

それでも
交流に行きたくなくて
学校中を逃げ回ってることもあるらしく
時には
せっかく行ったのに
途中で戻ってきてしまうこともあるとか・・・

交流に行きたくない理由、聞きました。

「今日も交流いかれなかったの?どうしてかなぁ?
 何が嫌で行きたくないの?」

今までも、何回となく理由を聞き

2年前には

自分のクラスは個別級で
個別級のお友達は友達だけど
交流級は自分のクラスじゃない
お友達も違う

という答えが返ってきたことはあったけど

それ以来、いつも

「わからない、忘れちゃった。」

とか

「今度は頑張る。」    ・・・でも頑張れない;



今回も、日を変え、聞き方を変え、

何度も「忘れた」と言われたけど

ダンナっちが聞いたときに
今までにない、明確な答えが返ってきた

「交流級は・・・
 みんながわかって、できることが
 (自分には)わからなくてつまらないっ
 ・・・・あっ!言っちゃった!」

つまらない  って言った後に
慌てて「言っちゃった」って言ったすてぃっちには
今までも本当はずっとそう思っていたけど
言っちゃいけない と思って言わなかった
それか、言えなかったのだなーと思って

かわいそうというか、切ないというか

自分だって、
それほど親しくない友達の中で
フランス語で会話されても
わからなくて つまんないよな~

気持ちはわかるけど・・・・

ダンナっちは
「でも、つまらないことばかりじゃないでしょう?
 面白いこともあるんじゃないかなぁ~。」


すてぃっちに語りかけていました

私はまたもや
交流の意義目的を見失いかけてしまい・・・

そんなかわいそうな想いをさせて
無理に交流しなくてもいいかな~?
いやいや、この地域社会で生きていく力をつけるには
やっぱり
多くの立場の違う大人や友達と
関わる経験も必要
第一、嫌なことから逃げていていい ということはないだろうし

どうやって
これからすてぃっちを応援していくべきかしらん

と、考えて・・・・・


           つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-05-10 17:26 | すてぃっちのつぶやき