かんちがい

先日

そろそろすてぃっちが帰る頃だな~
と、思ったら
うちの前で、誰かと楽しそうに話してるすてぃっちの声。

そ~っと聞き耳を立てていると
なぜか男前先生と一緒に帰ってきていて

す 「先生のば~かっ!」

なにー!!

聞き捨てならないそのセリフに
思わず窓をガラガラっ

私 「こらー!先生に向かって何言ってるんですかー!」

男前先生、実に笑顔で

先生「実はこの前は、それで叱ったら泣いちゃいました^^」


げっ!  ということはたびたび言ってるんすか・・・・


私 「す、す、すいません・・・」


先生「いやぁ~それが・・・」




先生のお話によると


ある時、すてぃっちが
何か“ぼそぼそ”・・・と言ったのが、あんまり“ぼそぼそ”だったので
聞こえなくて

先生「え?もう1回言って。」

すると、先生が怒ったと、勘違いしたすてぃっちは

す 「すみません・・今、『先生のばか』って言っちゃいました。」

とまぁ、正直に答えて叱られたらしく。
(もっとも先生もちょっと愉快だったらしいけど)



こじかは、今度、劇をやるらしいのです

私達が子供の頃は「学芸会」とか「学習発表会」とかいって
1年か2年に1回はクラスごとに劇をやって
全校生徒や親に見てもらえたけれど
今はそういう時間がとれないのか
こじかは6年生にしてはじめての経験。

台本ってのも初めて手にして
すごく張り切っています。


こ 「これさ、どうやるの?」

私 「どれどれ?」

こ 「ほらっ、ここにじょうずにさがるって書いてあるじゃん。」



・・・・たら~ん・・・それは『上手』と書いて『かみて』って読むんですけど 



こ 「え!そうなの~?!じゃぁ、これは?したて?」


そ・・それは『しもて』と言って・・・

それはつまり舞台の右側、左側のことで・・・


こ 「あ!そうなの~?!オレ、舞台の下側のことかと思ったよ」

じゃ、じゃぁ、かみてって舞台の上側のことってかい?

と、突っ込みたくなったけど

たぶん

「うん、そう。」

と、自信満々の返事が返ってくること、間違いなし!



あ・・・・・・あまりのおバカ発言に
我が子ながらがっくり・・・残念っす。。。。。。しくしく。


そんな勘違いな2人は今日も楽しそうに
登校して行きました。

中学受験が始まって
ピリピリムードのお子さんもいる中
まったくうちには縁のないお話で
とほほほほ・・・・。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2009-02-05 10:55 | こじかくんとすてぃっち