夏休み明けには『課題展』というのがあるので
子供たちは一人一作品、
工作でも調査でも研究でも
とにかく何でもいいから
やらないといけません・・・・。

この「何でもいい」というのが曲者で

毎年のことですが、今年も
こじか、テーマが決まらないまま

合宿を迎え、キャンプを迎え
それまでは 毎日、私が
「課題どうするの~?」
と、念仏のように唱えていましたが
エンジンがかかる様子もなく
高校野球に夢中になってたりして

キャンプに向かう車中、ついに夫が
「このキャンプから帰るまでには
 せめてテーマを決めておけよ。」
と言ってくれたので

よかった~・・・今年はパパが手を貸してくれそぅ
と、ホッとした
(いや、研究をするとしたら早くとりかからないとマズイので
 たしかにタイムリミットであった)

さて、今年のキャンプは前回、お話した通り・・・

・・・なわけで
時之栖でお風呂につかって
さっぱりして部屋に戻ってきた夫、

「こじかの課題、決まったから!」

  ん? なにに?

「俺は転んでもただでは起きないよ。
 今回のこの雷体験を無駄にはしまい。
 テーマは『雷』だ!」

と、雷研究のプランを嬉しそうに語る夫

さすが! マイナスをプラスに変える男!

・・・・・・って あんたが宿題やるんじゃないんですけど。。。

熱く語る夫の横で こじか

やる気はなさそうなんだけど
かといって、自分ではテーマが思いつかないので
それでいいよ的な表情で立つ。。。

それでも
言いだしっぺの夫が調べる内容について
大まかな筋道を立てて、あとは自分でまとめるように
と、言ってくれたので
私は楽かな~~~~~  と思ったら

まぁそう簡単にいくはずもなく

難産。。。。。

その上さらに

読書感想文が残ってるわけで。

本を読んでる様子もないし
「どうするつもりで?」

「うーん、何読もうかな~」

・・・・え~!この期におよんで?!



げ・・・げんかいだ~~~~~

本当に怖い雷は

ママの雷だということを

いい加減に学習してくれたまえよ。。。とほほ。。。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2008-08-22 21:22 | こじかくんとすてぃっち