褒め上手

夏休みに突入しました~
熱いですが・・・今日はこじかの野球の当番があったりして
熱かった~
皆さま、熱中症にはくれぐれもご注意を。

ふぅ~

こじかの野球はまぁ~・・・・

バント職人(?)であり、秘密兵器(?)なので  ←本人曰く
ここぞ!という時にしか出番がないので。。。

でも本人がそこに自信を持ってるってとこが、
まあ、いいです、いいじゃないですか(←と自分に言い聞かせ)

先日、個人面談があり
それに先立って、まず子どもが先生と1対1で面談をしたのです。

そこで彼は先生にこう言われたそうです。

 クラスには、目立ってその場を盛り上げる子、そういう子もいなきゃいけない。
 でも そういう子はたくさんいるから もういらない。
 それよりも こじかのようにいつでもマイペースでまじめに取り組める子、
 実は本当はこういう人間がクラスを支えているんだよ。
 こじかはこのクラスにとって必要な人間なんだ。


ワタシ、4月の家庭訪問時に、先生にお話したのです。
 うちの子、自信がないみたいなんです。自信さえ持てれば
 もっと自分らしさを前に出せるんではないかと思ってます


 なるほど・・・自信ですか。そうですね。大丈夫ですよ、
 持てるようになるんじゃないですか。私も引き出せるように
 みていきたいと思います。


たしかその時、そんなお言葉をいただいたような・・・

そして、先生からそう言われたこじかは

「ママ、オレってクラスに必要らしい。」

と、嬉しそうに報告してくれた。

言葉って、ナイフのように心を傷つけることもあるけれど
先生が
こじか本人が胸を張って自分は必要な人間だ!と感じられるように
伝えてくれたことが
どれだけこじかの自信になったか、と思ったら

言葉かけ って大事だなぁ と思った。

きっとうちの子を褒めるにあたっては
どこをどうしよう???って
先生も苦慮されたことと思います・・・^^;

先生から信頼を得られてる、と感じているであろうこじかが
これからどんな風に化けるか、化けないか・・・???
それは今後の本人次第でありますが

『自分らしさが表現できる人』 になってくれることを
期待する母であります。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2008-07-20 19:11 | こじかくんとすてぃっち