卒業アルバム

時々(ひんぱんに?)
高校時代のブラス仲間と会う

楽しいひとときを過ごす

当時の録音テープを聴く

ウン10ウン年前のコンサート、コンクールの演奏

 うまいじゃん・・

  へたじゃん・・

   選曲がさ・・・

    この時にね・・・

なーんて

過去を振り返ると

なぜかせつなくなってみたりして・・・。

悲しい事とか苦しい事とかは なかったヨ

楽しいがいっぱいの学生時代^^

だけど このせつなさは いったいなんだろな

先のことなんて何にも考えてなくて

その一瞬に

燃えていた!!

っていう

時間に対する愛おしさ?


私はラッパ吹きだったけど

今はまったく鳴らせない(つくづくもったいない)

でも、当時のテープを聴いてると

あー、今ならもっと上手に表現できるのにな!と

かなり自信を持って思う

今は“スカ”としか鳴らないというのに

この根拠の無い自信のでどころ?

ほら、あれから倍以上の人生経験積んだじゃん

いい音色が出せそうな気がするのよ

これってさ、

子供の運動会で

昔とった杵柄、とばかりに張り切って走って
気持ちだけが前に出て足が追いつかずに大転倒のお父さん の図に
似てるかも。ぷぷっ。


今もいいお友達でいてくれるみんな
本当にありがとうね

私の卒業アルバムは
今もこうしてみんなと過ごせる時間と
この録音テープたちであるような気がします。



パパさん・・・

いつも帰りが遅くなってしゅみません m(_ _)m
[PR]

by tiisai-ningyo | 2008-06-21 15:33 | その他いろいろ