けなげ

ベテラン先生に用事があって、下校時刻頃に学校に行った。
すでに下校は始まっていて、すてぃっちとは会うことができず
先生を探して歩いている時、携帯が鳴った。
と、同時に職員室から出てらした先生が
「あっ!!tiisaiさんっ、今、ベテラン先生がお電話を・・・
 先生~、tiisaiさん、こちらにいらっしゃいましたよ~。」

ん?電話をいただくなんて、またしても何かしでかしたんじゃろか?

今日ね、交流級に書写のお勉強に行ったんですよ・・・
(昨年度は個別級でやっていた)
で、行かれたのはよかったんですけどね、終わって片付けの時に、
4年生の流しではなくて、いつものように個別級の前の流しまで
硯を持ってきてしまって・・・


わ~、それは遠いわ~

それでこぼして洋服から足から靴下から、真っ黒にしてしまって・・・

あー、廊下もですねぇ すみません、お掃除はどうしたでしょうか?

うん、掃除はね、4年生のお友達がやってくれて、それはいいんですけど
それに対して「ありがとう」を言うのが、素直になれなくて
ごねて時間がかかりました。
でも、すてぃっちさんも彼女なりに一生懸命やっていたので
そのことでは怒らないでくださいね、学校でもう充分言ってきかせましたから。
ただ真っ黒で帰ったら、お母さんもびっくりすると思ったので^^
話をききながら、一緒に洗ってあげてください




すてぃっちは、いままでの習慣通りに流しまで硯を持ってきたのかぁ~えらいなぁ~
まぁ けど、失敗は失敗だったな・・・。

すてぃっちの場合、特に失敗した時にはとても敏感に
しまった~  まずった~  って 感じるみたいで
そうすると、素直になれず自分は悪くない   って頑なになってしまうところがある。
本当はわかってるはずなんだけど・・・。


「先生、私、そういう時、家でもお話して、つい注意したくなるんですけど。」

「いや、すてぃっちちゃんの場合は、その場で指導するのはいいけれど
 帰ってからまでも同じことを言われても、多分何のことで言われているのか
 わからなくて、ただ“怒られた”っていうイヤなことだけしか頭に残らないと
 思いますよ。だから家ではもう叱らない方が。」

そっか・・・なるほど
つい自分が安心したいがために、ひとこと余計なことを言ってしまいがちなワタシ。
学校でのことは先生にお任せしよう、うん。
いやはや、直接お話がきけてよかったな。。。

「ただいまー」

玄関を開けると、一足先に帰ったすてぃっちが
ひとり、お風呂場で真っ黒な足を洗ってました
その小さい後姿のけなげなこと!!

「墨、ついちゃったの?」
「んー。」
「大丈夫?びっくりしなかった?悲しくなっちゃわなかった?」
「んー。」
「わ~、お水で洗ってるの?お湯出そ、お湯」
「んー、ママ、洗って。」
「いいよー♪ 頑張ったんだね、すてぃっち☆」
「上履きもだよ、靴下もだよ^^」


失敗してもいい、汚れたっていい、
お友達とのやりとりもいつかきっとうまくなる
色んなことが すてぃっちの勲章なんだよね~☆

*************************
数日後の今日、

友人達からこんな話を聞いた。

「この前、副校長先生がたまたますてぃっちちゃんのクラスの
 書写の授業を見たんですって。そしたらすてぃっちちゃんが
 あんまりしっかりやってたんで感動したって言ってたよ。」

えー、そうなんだ・・・・

先生のお目にとまっただなんて、それはたいしたもんだ

きっと一生懸命やってたんだろうな

できる、できないじゃないな、やっぱり

その姿勢を誇りに思う。



体育はサボるすてぃっちだけどね・・・・ぷぷっ^^
[PR]

by tiisai-ningyo | 2008-05-26 22:14 | 私のきもち