家庭訪問2

交流級の先生は定年前の男の先生。
でも、とてもそうは見えない永遠の青年って感じの優しい先生です。

― まだ、すてぃっちさんを受け持って日も浅く、
   まだあんまりどこまでどうすればいいということが
   わかってはいませんが、できるだけ頑張りますので ―

とおっしゃって、

お話中にずっと私の横でお勉強中のすてぃっちに

「すてぃっちさん、すてぃっちさんは先生にどういうことをして欲しいですか?
 して欲しいことは何かある?」

「う~ん。。。ある。。。えーっとねぇ・・・
 いつもベテラン先生とかぁ 男前先生が怒るから~
 『怒らないで下さい』って言ってください。」







        (^o^;)






あの~  私のテンション、どう持っていくのがいいのでしょうか~^^

あ、先生にはウケました♪

なので、めでたしめでたし  ・・・・・ か?


そして先生がお帰りになった数分後


今度は例の、助さん格さん黄門様の3人組(?)がお越しになり

「どうぞ、こんな所からですけどよかったらお上がりください。」

と、丁寧に (といっても掃き出しの窓から招き入れるって失礼極まりない事態)


でも先生も「玄関先で・・・」とおっしゃった手前、笑顔で

「それじゃ、ここから玄関先まで行かせていただきますね^^」

と、お洒落に答えてくださったので、私の恥も救われたのでした。うきゃっ。

 
             つづく
[PR]

by tiisai-ningyo | 2008-05-10 18:58 | 学校