同じことをやりたい

市の学習状況調査、とよばれる試験が
二日間にわたり行なわれた。
1日目の国語は、すてぃっちも個別級の教室で受けた。
2日目の算数は
「無理にやらなくてもいいので(すてぃっちさんも苦しいと思うので)
 お返事ください。」
と相談されました。

まだ習っていない3年生の試験なんて、受けてもわからなくてかわいそうだし、
自信を失ってやる気をなくしてもいけない、と思い
「やらなくていいです。」
とお返事しました。

ところが

その日の連絡帳には

「算数テスト、最初はプリントをやっていたのですが
 本人はやりたかったようで、こっそり涙をふいていたので
 『やりますか』と聞くと、『やりたい』というのでやりました。
 私の配慮が足りず、かわいそうなことをしました。
 みんなと一緒にやりたい、という気持ちのあらわれですね、大切にしてあげましょう。」

あー、そうだった。。。
小さい時から、できなくてもみんなと同じ事を、
できなくてもちゃんとやろう、と努力する子だったし
私も今までそうさせてきたのに
うっかりしたな~  

でも、きっとチンプンカンプンだったはず・・・

「算数のテスト、やったの?よかったね。どんなだった?」

「ん~とねー、わかんなかった^^
 四角形のとこが・・・あと、重さ。」

!!

えー  おぼえてる!

こじかに同じ質問をしても
「うーん、わかんない忘れた」
って言って話にもならないのに。

みんなと同じことをやらせてもらえたから
うれしかったんだと思う、笑顔で話してくれたから。

やっぱり心を大事にしなくっちゃ~。
  
   参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2008-02-18 20:12 | すてぃっちのつぶやき