ざんげ ―
それは私が小学5年のとき

友人と2人で、好きだった仲良しの男子の
下駄箱の靴を片方づづ入れ替える
っていういたずらをしました。

そこへ同じクラスのAさんという女子が来て
「何してるの?」
「こうこうこういういたずらで、2人がどんな顔するかと思って~^^」
と話したら
「なぁんだ、だったらそんなのつまんないよ。」
と言い、彼女はクラス全員の靴を派手にあちこち入れ替え始めました。
えー、それはまずいよ、とチラとは思ったけれど
そこで「それはダメだよ」と止めなかった私も悪かったです。

結局、この事件はクラス全員を巻き込む大騒動となり
翌日、朝の会でクラス中が殺気立つ中、
先生から
「誰がやったのか、正直に言いなさい。」
と問いただされ
(私がやったのは2人分なんだけどぉ、今言うと恥ずかしいしぃ
 みんな怒ってるしぃ、あとで先生にこっそり申し出よう)
と思った瞬間

「はい、先生!私誰がやったか知ってます、見ました。」
と手を上げた子が。

それはなんと昨日のAさん!

    はぁ?

私達を名指ししているけれど
一番やったのは アンタじゃん!

当時、小5の私はそうは言えず、黙ってました。
私がやったのは事実なんで。

今の自分ならちゃんと全部を言いますが。

か~なり先生から怒られました。立たされたと思う。
でもそれよりクラス全員からの白い目ですから・・痛かったです。

好きな男子へのほんのちょっとしたいたずら心が
こんなことに・・・。

Aさんの人間性にはおどろかされましたが。



時は流れ

先日、放課後こじかの担任から電話がありました。
な、何ごと?!

「お母さんがびっくりされるかと思いまして、お電話さしあげました。」

先生から電話って時点ですでにびっくりしてますが・・・

「実は今日の帰りにこじか君の靴がなくなっていまして
 探したところ、掃除用具入れのロッカーから見つかりました。
 これがこじか君のだけではなくて、他にも数人の子の靴がはなれたところに
 ありました。事情を知っていると思われる掃除係の生徒に聴取したのですが
 誰も何ら悪いことはしていない、とのことでしたので
 それ以上の追求はできませんで、どうしてこういう事になったのかはわかりません。
 様子から察するに、こじか君の靴を意図的に狙って、というよりは
 通りすがりのちょっとしたいたずらで行なわれたのではという気がするのですが
 しかしこれが継続的に起きるということになりますと、いじめということになりますので
 今後、我々もよく様子を見ていきたいと思います、ご心配おかけして申し訳ありません。」

○十年前のあの日の出来事がよみがえり・・・

あの時同級生には
不安と心配をかけるとは思いもよらずにやってしまったいたずら
それを心で詫びつつ

ま、こじかのそれも まぁ~軽いいたずらだろうな~たぶん(経験者は語る)
と思ったり・・・

頭の中に思い浮かんだ言葉が

  因果応報。。。 (笑)




参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2008-01-26 21:53 | その他いろいろ