賞状

すてぃっちが学校の書写展で選ばれたので
賞状をいただきました。

先生、私に気をつかって選んでくれたに違いないのですが
本人は かなり嬉しかったらしく。

「賞状もらえるんだって。」

と喜んでたの。
でも選ばれてから、かなり日時が過ぎていて本人も忘れていたかも。

それが今日、私が学校に行くと
お会いする先生、先生が
「すてぃっちさん、今日、朝会で表彰されたんですよ。」
と声をかけて教えてくださり。
「恥ずかしがらなかったですか?」
「おほほ、そ~れは~んふふふふ・・・少しね、でも大丈夫でしたよ^^」

ってみんなそんな反応。びみょ~^^

だけどおうちで、どうだった?
って聞いたときには
「すてぃっち、前に出た!賞状もらった!」

と、目をまん丸にさせて自信たっぷりに報告するのでした。

えらいっ。

あ~んど もうひとつ。。。

今日は近所のお友達が風邪で学校をお休みしたそうなのです。

そのママからメールをもらい、
「すてぃっちちゃんに、連絡帳、届けてもらっていい?」
「いいよ~」
と、返事をして
学校でちょっと用事を済ませていると、

その子の担任の先生から
「あ、tiisaiさん、すてぃっちさんに連絡帳預けてもいいですか?」
「いいですよ~」

下校時刻頃、家にいるとすてぃっちの担任の先生から電話で
「○○さんの連絡帳、預かってますから、本人喜んでますけど
 もし忘れてたら、お母さんちょっと見てあげてください。」
「いいですよ~」

って、どんだけ心配かけてるんでしょ・・・

でも大丈夫。ちゃんと私の顔を見るなり
「○○ちゃんの連絡帳、すてぃっち、届けるっ!」

って言って、ちゃんとひとりでお家まで届けることができました。a0065062_1758058.jpg
(例によって、尾行して陰から見てた^^)

えらいっ。

責任のある仕事を任せても
むしろ、そういう仕事こそ
この子は喜んでできる子だと思う。

そんな経験をたくさん積んで
自信をいっぱいつけて
頑張れる人になってもらいたいな~。

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-12-19 18:00 | 私のきもち