続いてるワケ

すてぃっちが誕生してから
いい人達との出会いがたくさんあった

出産した産院にバイトに来てた学生さん
妹がダウン症だという彼女は
私の心に寄り添い、妹のかわいさや、家族の明るさを聞かせてくれた

彼女の
「私たちは幸せな家族です」
の笑顔の一言が
私の方向性を決めてくれた

すてぃっち2ヶ月の頃には赤ちゃん体操の0先生との出会いがあり
月に一度、訪問していただいての指導は待ち遠しく
その都度聞く同じダウン症の先輩達の話が明るくユーモラスで
すてぃっちの成長が楽しみになった 

その後も幼児教室の先生や就学当時の校長先生など、
縁あって私達にとって必要な人が
あらわれてくれる

ブログでコメントしてくださる方や
読んでいただけてる方との出会いも
私にとっては とても励みになり、幸せな出会いです。

いつもありがとう


突然ダウン症児の親になり、戸惑ったり不安なご両親には
肩の力を抜いてノンキに生きてるこんなお気楽親子がいることを

ダウン症とは縁のない子育てをされている人たちには
障害があることが“大変”や“苦労”や“不幸”ではないことを
発信したくて

このブログ 続いてます。

自分がすてぃっちの母になるまでは
ハンデを持った子のご両親は
特別で、立派で、しっかりした人なのだと
思ってたけど
私は立派でもしっかりもしてないダメダメな母

そんなダメダメ母が今、こんなに深い人生を送れてるのは
すてぃっちのおかげでもある


「お子さんはダウン症です」  
って言われたときには
私はこの先、一生腹の底から笑うことはないな  と思ったよ

もうそれ うそっ  ぜんぜんっ!

いろんなハンデを持った人がいるでしょう
生まれつき、後天的、けが、事故、病気、
でもきっと誰もが命を輝かせようとしてると思います

私もすてぃっちを
輝かせてあげたい

すてぃっちだけじゃなく
こじかも同じように。

だから

人がなんて言ったって

私は HAPPY。

たくさん笑って暮らしてるa0065062_19194282.jpg

んで ときどき怒ってる

こらー !!  って。

血圧上がりすぎかもだけど・・・・。
 


とにかくみなさま ありがとう♪


参加してます ーーー→ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-12-02 19:27 | 私のきもち