らくだ

すてぃっちのいる個別支援級では
担任の先生方の工夫による色々な授業が企画される。

そのフットワークの軽さに時々
えっ!先生、それマジで?
ってびっくりすることもあるんだけどね・・・
まあ、それが面白いんだけど。

野菜の栽培は年間を通じて育て、調理して食べる、
という一連の流れがあるけれど
それ以外にも、調理実習はよくあるし、

夏休み前には
そんな先生からの依頼で書道の授業をやりに行きました。

そしたら
「他のお母さんにもきていただいて、何か(何でも)授業をしてもらおうと思うので
 まずは1人づつに何にご協力していただけるかリサーチしてみましょう。」

という話になり
内心、
(お習字やってて助かった~・・・コレがなかったら他にできることなんて
 なんにもないし) と胸をなでおろしたってもんです。

先生曰く、お料理でも遊びでもなんでもいいんです~
てなことでしたが

特技ってありますね~

陶芸ができる

って方がいらして。

第1回目の陶芸の授業が行なわれました。

先生から聞いていたのは
  葉っぱのお皿
を作る、ってことだったので、帰宅したすてぃっちに聞いたわけです。

「どんなお皿を作ったの?」

「らくだ。」

「らくだ?の形?」

「そう、こういうの」
手で形を作ってくれるんだけど、お皿じゃないんです。

「?お皿じゃないの?」

「お皿じゃないよ、らくだ。」

「ふ~ん、そっか、じゃ、それ何に使うもの?」

用途を聞いてみました。

「らくだはねぇ、こぶが二つあってぇ、ここにぃ、人がのるんだよ。」

あ、それ、らくだの説明ね。 じゃなくて、

「それは、どういう風に使うの?」

箸おきとか文鎮とかのつもりかな?と思ったんだけど。

「え?らくだだから、人が乗るんだよ。」

「・・・えーっと、これくらいの大きさなんだよねぇ、
 小さいよねぇ?人が乗れるの?」


「のれるよ、こんな小さい人が。」



あぁぁぁはははははは は~あ

飾り物とか置物のつもりなんかなぁ?

さて・・・

果たして彼女の作品はいったい・・・???


あえて、先生にも聞かないようにしてる



何ができてるのかが 楽しみです


ふふふ  わくわくしてます。




参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-10-12 14:30 | すてぃっちのつぶやき