ことば

ヤクルトの古田引退
私が野球に関心を持ったきっかけは
野村監督率いるヤクルトスワローズが好きになってからだったので
古田がいなくなってしまうのは寂しい気がする
同世代ということもあり・・・

会見を見ていて
いつもなら、
とても饒舌に言葉が出てくる古田さんが
長く考えても相当する言葉が見つからないのか
気持ちが溢れすぎてしまうのか
言葉にならない様子が
逆に、伝わるものがあった。
きっときっと、たくさん思うことがあるにちがいない。

気持ちが伝わった。

たくさん言葉を並べても
相手に通じないことがあるし、
言葉がなくても
通じることもある

それは話し手側のせいなの?
聞き手側のせいなの?

友人で、人前で話すのが上手な人がいる。
「本当に気持ちが伝わるよ、言葉の選び方とか話すのが上手だね。」
と、言ったら
「そんなことはないけれど、もしそういう風に聞こえてるのだとしたら
 それはね、私の力じゃなくて、そこにいる人たちの力なの。」
と言われた。
例えば、そこに集まっている人が、子供達の安全を守ろう、
という意思で集まっているグループの場合、
その人たちの〔我々は協力しますよ〕というエネルギーを感じて
それに後押しされて言葉がスラスラ出てくるの、
でも、そういう熱意のない、特別な意識で集まっているのではないグループを前にすると
まったく何をしゃべっていいのかわからなくて話せないのよ、と。

罪のない親子を殺害した被告の言葉が
私には伝わらないのは
被告の生き方に共感できるものがないからだと思うのだけど

できたら自分は
人から共感してもらえるような、
言葉がなくても気持ちが伝えられるような
そんな人になれたらどんなにいいかしら

と思う。

最近、役に立ちたい、支えたい、と思うのに
それがその人の心に届かず
行き詰っているtiisaiなのです。。。

扉を開いてほしい。。。。


参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-09-22 21:39 | 私のきもち