泣く

こじかが1人で別の部屋で寝る、となった夜、

「じゃぁ おやすみ~」

と出て行くこじかの姿を見て
すてぃっちは しばらく シクシク泣いたのでした。

ああ、なんと麗しい兄妹愛!

なーんておもしろ半分に笑って見てましたよ、わたくし。



すてぃっちの泣き方を かわいそうに思ったおばあちゃんが

「じゃあ、おばあちゃんの部屋で寝かせてあげるからおいで」

と、言ってくれたら 
そそくさ行って、おばあちゃんの布団にもぐったわりには
すぐまた、私達の部屋に戻ってきまして。

そして結局その夜が
こじかが独立した日となったわけですが。



 ― 次の日の夜 


す 「ママ、こじかちゃんと寝ていい?」

   えっ?

す 「すてぃっち、こじかちゃんと一緒に寝たいの」

   寝たいっていったって狭いでしょう。

しばらくすると 今度はこじかが

こ 「ねぇ~ママ~、今日さぁ、すてぃっちと一緒に寝ていい?」

   ・・・・・だってベッド狭いよ。寝られるもんだったら寝てごらん。


そんなやりとりがあって、

狭いシングルベッドに無理やり二人が寝ることに。
 (まぁ、折れたというか、寝てみれば一日で飽きるだろうと)
   

  大丈夫か? 絶対、すてぃっちベッドから落ちるよね?

夫と案じながら、その夜は時々 どさっ

という音を耳にしつつ (落ちると自分で這い上がってました)
眠りについたのであった。

翌朝

二人は私達よりも早く起き、
洋服を着替えて(こじかがすてぃっちの服を出してくれてた)
脱いだパジャマはきちんとたたんでくれていて  (すごいいい子だ!ありえんっ!)

二人ともニッコニコで

こ 「おれ、落ちて寝てたし~」

す 「すてぃっちも~」

と、すごく楽しそうでした。

でも、何度も落ちまくっていた二人なので
もう狭いのわかって、懲りたよ

 


 

    

          と思ったのですが ・・・・  
                       つ・づ・く



参加~にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-07-19 13:59 | こじかくんとすてぃっち