1週間ほど前の話です

4月の初め頃から 首が痛みはじめ
今もずっと 痛みっぱなし・・・

傾けたり、振り返ったり、手を上げたりするのも辛く
仕事にも不便

その日は 朝のテレビでやってる星座占いの運勢も良くなかった・・・
そして首の痛みも悪化っっ・・・

なんでかってね。

午後はお稽古事があり、私は家を留守に。
おじいちゃんもおばあちゃんもいるので
子供達の帰宅に問題はありません。

当然いつものように
こじかもすてぃっちも帰っているだろう・・・と思っていたら

こじかがお稽古の教室に来て
「すてぃっちがね、学校で泣いててね。
 それで、おれ・・・」

こじかの説明によると
放課後、残ってお友達と遊びたい!!と主張するすてぃっち。
放課後の居残りには 保護者が押印したカードが必要なのですが
その日 私はそのつもりはなく、カードも持たせてもいなかった
なのに、どうしても残りたい  と言って
個別級の先生二人と、副校長先生と、放課後預り担当の先生と
数人のお友達に囲まれて泣いていたらしい。

困った個別級の男前先生は家に電話を下さり、
すでに下校して帰宅していたこじかが出て、
「家にカードを忘れてきた、というので確認のために家に行きます」
まもなく先生到着。
おばあちゃんが
「今日はその予定はしてないみたいです」
先生
「じゃあ、僕が連れて帰ってきます。」
おばあちゃん
「先生に何度も行ったり来たりは申し訳ないので
 こじか、先生と一緒に学校に行ってすてぃっちを連れて帰っておいで。」

しばらくすると・・・

今度はもう1人の個別級のベテラン先生に付き添われて
すてぃっちが帰宅。

放課後のルールをもう一度、本人に確認させて
先生にお茶を一杯・・・。

やれやれ・・・

ホッとしたおじいちゃんとおばあちゃん、

あれ? ところでこじかは?

いないじゃん

ってことになり。

さらにしばらくしてこじか帰宅。

男前先生と自分の担任と3人で
なぜか遊んで、20回くらい走らされて帰ってきた・・・・らしい。?

「あんた、なに それ?」

こじかが先生と遊んできた・・というのは何だかよくわからないけど

とにかく先生方を巻き込んで
大変な騒ぎになったらしいわけで

すてぃっち~~~~

話を聞いているうちに
なんか ますます首の痛みが悪化してきました。

なんでそんなわけのわからないことで
先生にご迷惑をおかけしたかねぇ

ほんとにもう 
学校にはお願いしたり 謝ったり
頭を下げることばっかりですわん

がっくり。。。

首いたっ。
おまけに歯の詰め物まで取れちゃって。
GWだもんで 歯医者もやってないじゃんっ

はぁ~。

おばあちゃん
「先生も大変だよね・・・手がかかって・・・悪いねぇ・・・」


「いーやっ、そんなすてぃっちが先生を大きく、立派に育てるんだよ、
 だから大丈夫大丈夫! あはははは~」

そう思っていなきゃ やってらんないのである。(笑)


参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-05-11 18:05 | こじかくんとすてぃっち