交通安全

ゴールデンウィーク前半が終わったらしい
特になんということもなく
いつもどおりの日常が過ぎていってます。

まぁ こじかは毎日野球
すてぃっちはもてあましてビデオ三昧
夫は仕事だし

後半の私の予定は
こじかの野球の当番と
グランドの草むしり

って・・・・
なんかぜんぜぇぇぇん、楽しくないんですけど(泣)

今日は久々に子供達が学校に行き、ホッとしてます。

が、朝から、子供達の登校見守り活動のため
交差点で交通整理(?)をしてきました。
いや、大きい交差点なのでしっかり信号があるんですけど。

交差点って怖いです。
一度立って、あの怖さを体験したら、
子供達が よくも毎日、無事に帰ってきてくれるものだ・・・奇跡!
と、さえ思うほどです。
(大げさじゃありません)

特に朝は、ドライバーさんも急いでいるので
子供達が渡っていても 完全に停止をしてくれなくて
じわじわ~じわじわ~ って動いてくるんだよね。
大きいトラックなんかだと
タイヤの大きさが低学年の子供と同じくらいの高さでしょう?
大人が想像する以上に
子供にとっては 怖いはず。
バイクなんかは渡る子供と子供の間をぬうように
走っていきます。
うわわわわ・・・
ほら、想像してみて・・・
怖いでしょ?

なので私達が壁となってあげるわけです。

さて、渡る子供の側の心理ですが

たま~にですが、家に忘れ物をしたことを思い出して
途中で取りに戻る子がいます。
こういう子はかなり危ないです。
遅くなっちゃった・・・遅刻しちゃう・・・
なんて気が焦っているので
信号とかクルマとかに対して注意力が散漫になってます。

もしもお子さんが「忘れ物しちゃった~」
なーんて、戻ってきたときには
ちょっと面倒でも 学校まで送ってあげるとか
とにかく気を落ち着かせてあげる、
学校に少し遅れる旨、連絡してあげるとかの対処をしてあげるのがいいと思います。
親まで慌てて
「何やってんの~、遅刻するじゃないの~、早く行きなさい」
なんて言って送り出すのは事故のもと。

たとえ時間に余裕があるときでも
子供にとって、一緒に登校している顔ぶれがいつもと違う
っていうだけでも かなり不安な心境になるようです。

私達といつも共に防犯パトロールをしてくださっている方達が
そんなたった一人の生徒のために
その子が戻るのを待っていてくれたり、学校まで送ってくださったりしています。

それは ありがたいことです。

交差点以外の場所では
通学路は子供達だけの道路ではないので
通勤に向かう自転車なども通ります。
道いっぱいに広がって歩く子供達に
どけっ!と言わんばかりにベルをならして走っていく大人や
中には そういう言葉を吐く人もいるらしいのですが
道いっぱいにならないような指導はしているのに
広がる子供達も悪いですが
(そうは言っても歩道が狭くて実際には広がってしまうのも無理はないという現実もある)
口汚くののしる大人も恥ずかしいよな・・・
なんて思ったりもします。

そんなわけで
楽しいイベントもないので
交通安全を語ってみました。

しゅーん。。。



参加してます→にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-05-02 10:30 | 学校