7割?!

ちょっと前のニュースですが・・・

 小学校の英語必修に親の7割が賛成 (ベネッセ調べ)
      
      なんですってね~  へぇ~


7割もが賛成かぁ・・・

意外だ~

私はあまり賛成できないと思ってる派なのだ


よく反対する人の声の中に 
“英語の前に国語教育をしっかりしてほしい”
というのがあるけど 私はそれとはちょっと違った理由。

うちの子の学校でも昨年度から
英語必修の準備段階として 試みの授業が始まった。

英語での挨拶を学び コミュニケーションの楽しさを感じましょう

という方針のもの。
(でも この方針を理解している保護者は少なかったみたい)

だけど いわゆる 正しい発音で どの先生も指導できるわけではない
中には「英語がないから小学校の先生になったのに さぁ大変。」
とボヤく先生もいるくらいです。

そんな状況を見た保護者数人の議論・・・

「中学に上がる前に正しくない発音を 聞かせたくないから
 小学校では 英語は やってほしくない、そう言ってる人の声はよく聞く。」

「いや、正しくない発音は 今、テレビなんかで たくさん垂れ流しになっていて
 子供達にはすでにそういうのが耳に入っているわけだから
 今さらどうといって変わることはないのよ」

「先生もちゃんと英語の研修を受けて欲しい、いや、絶対行くべきよね。」

「恥ずかしがらずに堂々と外国人とコミュニケーションがとれるようになることを
 目的としているなら 発音が問題ではなく 気持ちよく発声ができればいいのではないか」

「本当に発音やら国際人やらを意識している家庭の子供は英語教室に通うのだから
 学校でやろうが やるまいが関係ないよね・・・
 じゃあ どれだけのことが学校でできるのか・・・」

などなどのお考えが次々と。。。

思うに
各小学校に英語専門の教師、それもできれば保護者の要望に応えてネイティブの先生が
果たして派遣できるものなのか?

担任教師に英語指導 っていうのは 無理なんでは?
先生によって差が出てしまうし。
その授業のために 研修に行って勉強しなくちゃ ってことになれば
先生の役割が増えてしまい もっと大切に指導してもらいたいところが
行き届かなくなる気がして 
そしたらそしたで 保護者って文句言うでしょ?

それに
週休2日になって ただでさえ授業時数が少なくなってるのに
いったいどこの何を削って英語をぶち込むというのか?

英語もやるっていうなら 週休2日廃止してもらいたい。

低学年の給食後の授業(うちの学校では1年生でも週に4日が午後も授業がある)を
見てごらんなさいな。
体力、集中力が続かない子がたくさんいるよ、かわいそうに。
午後のお勉強なんて身になっていないと思います。

もう教育に関しては いじってほしくない。
2学期制にも 未だ馴染めません。

私の頭が固いのかもしれませんけどね・・・。

参加してます → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-04-09 09:35 | 学校