スーパーにて

すてぃっちとスーパーに行きました。

店内に入ると すぐに
「お菓子のところに行っていい?」
「いいよ。」

ぐるーっと買い物して お菓子のコーナーへ行くと
でかい男の子に囲まれてるすてぃっちの姿が!

ど・・・どうした?

そばまでいくと 

なぁんだ

一人は幼稚園時代からの仲良し イケメンY君。
一人は とっても優しい これまた イケメンM君。
あとの二人はクラス一大きいU君と小さいS君。

Y君以外の3人は 私に気づいて
「こんにちわ~」


Y君は私に気づかず すてぃっちに顔を寄せて
何かを話してる。

聞こえたのは

 Y 「・・・・・・・好き?」
 す 「うん」
 Y 「やっぱりね」

のところだけ。


気になる。

何が 好き?  で   何が やっぱり なのか・・・。


すてぃっちに聞いてみた。
「Y君、何だって? 何を好き? って聞かれたの?」

「○○(本名)ねぇ、Y君が好き って言ったの。」

     !!

「Y君がそう聞いたの?」

「○○は Y君が好きって 言ったぁ~」

「ふ~ん」

この話 どこまで正確は話なのかはわかりません。
90パーセントくらいの確立で 違う話だったのではないかと
私は思っています。

でもすてぃっちの気持ちはその通りで
それで会話が成立していたのなら
なんとな~く ほのぼのとして あたたかい気持ちになりました。

参加してます→にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2007-01-13 19:21 | すてぃっちのつぶやき