欲しいのは時間

年末は仕事が多忙になり 家事は後回しになるため
家の中はいつにも増してガチャガチャになる。
毎年のことだけど
31日、仕事が終わってから
「ちょっと軽く掃除しとく?」
みたいな感じで新年を迎えてる。

子供達のこともあまりよく見てあげられない。
まぁ、こじかがすてぃっちの風邪薬を飲ませてくれたり
お勉強も二人で力を合わせてやってくれるので
そこは 助かってる。

ただ どうしてもこじかにしてあげたいことがあり
その時間が作れないのが もっかのところ悩ましい。

こじかの辞書には 負けん気 という文字がない。
野球でも 
先に始めた子は自分よりできて当たり前だから と 追いつこうとはしない。
後から始めた子は自分よりできないから(そうとは限らないと思うが)と 焦らない。
運動会で1等になれないのは足が速い子と一緒に走ったせい。
そんな感覚。
「負けたら悔しい」 という気持ちが次のステージへ進むための燃料にならないってわけなの。

「お前はチームの底辺にいるのだから 底上げのためにはお前が頑張らないと
 チームが強くなれないんだぞ。」
と よく夫に言われていますが あまり身に沁みず。

ある意味、幸せな性格なんだと思う。
他人の動向に一喜一憂しないというか
あんまり悔しがるってこともなく穏やかに過ごせてるわけだから
自分が確立してるのかもしれない、よく言えば???
自分は自分、オンリーワン!
って感じ?

だけどね
努力はしてみようよ~、
人との競争じゃなくて 自分とのたたかいをさぁ。

何かがあれば
「もう、オレ、ダメだし」
と、やる気をなくしているのでなくってさ。

そこまで思うほど、君はやったか?努力をしたか?力を出し切ったのか?
と、思うことが多いよ・・・

年が明けるとすぐに 書初め大会がある
参加することに意義がある で終わらせたくなくて
参加するなら それなりの準備をして臨んでほしい
と思うわけなの。
努力をして欲しい。

だけど その努力に付き合う時間がなくて
勝手にやってろってわけにもいかず・・・。

こじかは どういうわけだか根拠のない自信を持っていて
賞はもらえると 思い込んでいる。

「あのね、こじか、そんな姿勢で賞はもらえないと思うよ。
 だけど、賞には入っても入らなくても それはどっちでもいいの。
 ただ、一生懸命取り組む、練習する、努力するっていう、そのことがこじかにとって
 大事なんだよ。ながーいスタンスでね。」

身に沁みてる様子は今のところ・・・ない。

あ~、頑張らせたい、努力する ってことをさせたいっ。

あれ? はりきってるのは 私だけ?

ダメじゃん。


参加してます→ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-12-29 21:07 | 私のきもち