スピリチュアル

友人が1冊の本を貸してくれた。
a0065062_16123747.jpg

国分太一の進行ぶりが面白くて
時々見ている 〔オーラの泉〕 の江原さんの本。

無信心の私ですが
この本には いっぱい いいことが書いてあった。

私が 子供達に もっとこうなってほしいな~ とか
なんでこんなこともできないのかな~ とか
ため息ついちゃうようなことは
私の我欲からきていることであって
子供にとってはちっともよくないことだって書いてある。

― 人間がこの世に生まれてきた最大の理由
    それは 愛を学ぶためです ―

だって。私ったら傲慢で 子供達に教えよう とか
そういう態度だったよなぁ
違うんだって。
子供に対して どれだけしてあげたか(与えたか)
ではなく
どれだけ込めたか(心を)。

お母さんは愛の電池を充電できる 家族の太陽でありなさい と。

辛い事 苦難と思えるようなことも
『この世にいらぬ災いはない』 すべては学びなんです って。

良い事がたくさん返ってくるように 
常にポジティブな考えを持ち 言葉を使う事。
いつも笑顔で 自分が蒔いた種はすべて自分の収穫になるのだから
って。

子供の能力を伸ばす魔法や
能力を見極めるヒント なんてのもあったよ。

いい意味でのプライドを育ててあげることが大事みたい。
う~ん、プライドを傷つける叱り方ばっかりしてるな~ いかんいかん

愛は子供だけに与えればいいわけじゃないんだって。
夫婦間でもお互いに与え合わなければ。
お母さんは太陽になれない。

うちでは時々 パパの隣の席を奪い合ってけんかする子供達に
「言っとくけどねー、パパが1番好きなのは ママなんだからねー。
 ねっ、パパっ 。」
って言うんですが
これは 声を大 にして ずっと言い続けよう と思ったよ。

最後に この本からの 抜粋


スピリチュアルの視点から見れば 病気や障害を持って生まれてくる子供は
それだけ勇気のある意欲的なたましい だといえるのです。
なぜなら わざわざ不自由を感じる事の多い肉体を選ぶことで
この世で 出来る限りの学びをしたい と望んでいるからです。
(略)
だから その出会いを誇りに思ってくださいね。
(略)
その人たち(障害をもった子供を授かった親たち)の多くは
とても立派な親に育っていることでしょう。
子供が親を 磨きに磨いてくれているからです。
すばらしい事だと思います。


江原さん、いやぁ~ それほどでも~~~~^^

ぬぁんちゃって~~~~

うっしっしっしっし (^^)v


こちら 応援 → にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-10-11 16:17 | その他いろいろ