無題

つい最近お友達になったダウン症の子のママがいます。
お子さんは1歳を過ぎて元気なのですが
ママの方が まだなかなか心が癒えず
落ち込み気味の彼女です。

会う度に涙する彼女が気がかりで

頼りにならないかもしれないけれど
私でよかったら何でも話してね
と 言いました。

遠い遠い先のことを考えて 不安を募らせているようでした。
幸せになれない子を産んでしまって、この子に悪かった 
と言って 自分を責めてもいました。

私達、陽気なダウンママを見て
自分もそうなりたいと思うのに
自分は弱くてなれない、自分はダメだ、情けない
と、葛藤もあるようでした。

そんなことないよ
あなただけじゃなくて
みんな同じように悩んだり葛藤があって
少しづつ前を向けるようになったの

だからって あなたにはあなたのペースがあるもの
無理はしなくていいと思う

大丈夫、あなたの子、とってもかわいいもの~



そんな話をして あとはそっと彼女の話を聞いていました

その中で 

「どうして出生前診断をしなかったの?うちの病院ではしたわよ」

と、まわりの人から言われて 傷つき
どうしてしなかったんだろう すればよかった
と後悔があることを打ち明けてくれました

そう、そうだったの・・つらかったね

でもね、生まれてこない方がよかった命なんてないと思うよ
しょうがいがあるからといって。
健康に生まれたって 病気や怪我で しょうがい者になる可能性は
誰にだってある

だから そこを責めないで。

今の彼女には話を聞いて寄り添ってあげるのが
一番いいような気がして
気が利いたことは何も言えませんでした。


きっと私と知り合う前には
元気で明るいママさんだったろうなと思うの
そんな彼女に戻れる日がゆっくりとでも来ればいいな、
そのお子さんのためにも  と思ってる。

***********************************************************

そういえば
私がすてぃっちを出産したとき
産婦人科の先生の奥さん(助産婦さんでもある)が
私の母に 
涙ながらにひたすらあやまっていたそうです。

「ごめんなさいね、こんなことになって・・・」
と。

混乱中の当時でさえ

なにが?

と思うピントはずれな言葉・・・。

おそらくは出生前診断をしなくて悪かった という意味らしいのだが。

まったくもって 今ふりかえると


 「はぁ? (怒)」 



私と夫の子、大事な宝物に なにか 文句ぐぁ?

とぶち切れそうですが

医療関係者でさえ そんな風ってのも おかしいよね

で、 思う。

もし 診断をして可能性が何%とか言われたら
私達、どうしたかな・・・。

もし産まなかったらさ すてぃっちとは会えてなかったわけだよね。

考えられない。

すてぃっちがいて 私はよかったよ

すてぃっちが いい。

夫だって こじかだって おじいちゃんだって おばあちゃんだって

そう思ってると思う。


こちら 応援 にほんブログ村 子育てブログへ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-09-27 13:50 | 私のきもち