結果として・・・  (冷静バージョン)

センターに相談した結果。。。 

肝心の すてぃっちの今後について    

以前 校長先生との話の中でも出てきたことなのですが

すてぃっちが自信を失い 自尊心が壊れることのないように
対応していくのが良いだろう 

という意見を センターでもいただいた。

まずは どの環境にいても メリットとデメリットがあると
私が思っている事を理解してもらった。


今、本人は友達もいて 楽しく過ごしている。
けど 今を楽しく過ごせればそれでいい というわけじゃない。
学習は複雑になっていく。
本人にとって 達成感の得られない学習が毎日続くのはどうか。

私達が すてぃっちに求めるものは 何なのか?

それは 社会に出て生きる、生きがいの持てる生活をさせてあげたい
ということ。

まだ小さい頃は 先の事は考えなくてよかった。

考えない方が うまくいくと思う。

私達ったら 育ち具合に見通しが立たないのだから と1年先のことさえ考えなかった。

本当に目先にある小さい石ころを拾ったり越えてさえいれば十分うまくいった。

でも今、この時期は15歳とか18歳とかまでという 決められた時間内に
社会に出るための力をつけてあげるのが大事なのでは?

という風に言われ なるほど将来のすてぃっちを想像して育てていくべき
時がきたのか・・・と思った。

わかっていたことではあったが 確かに15、18 きっとあっと言う間にくるな~
と思ったら 時間がもったいないような気がした。

社会に出る力は 何も 漢字が読める とか 算数の計算ができる
とかということではなく
頑張ったら できた  という達成感をたくさん経験させることではないか・・・
とも言われた。

その先生の考えが すべてにおいてベストというわけではないかもしれない。

でも納得する部分は多かった。

今後は その方向性で 学校にどんな体制をとっていただけるか
これから 話し合ってみようかと 思っている。


ん~~~~っと 

そ、 それよりも、 た た 大変な課題が・・・・   (動揺バージョンにつづく・・・)


こちら 応援 → にほんブログ村 子育てブログへ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-07-29 22:55 | 就学について