スモールステップで。

すてぃっちに対しては スモールステップで と思ってる。

すてぃっちに 生まれて初めて与えた課題は 赤ちゃん体操 だった。

指導してくれた先生は恩人のような方で

とにかく何事もスモールステップで、と教えてくれた。
まだ2ヶ月の頃だったと思う。

歩くようになるまで ほぼ毎日赤ちゃん体操を日課にし、
私が忙しくてできないときには 見よう見まねでこじかがやってくれた ←恐るべき2歳児 ^^

体操は、 たとえできそうでも 一歩先へはいかない。
むしろ できそうなポイントの一歩手前の課題を
じっくり時間をかけて続ける。
スモールステップで。


やがて 公文に通おうか、と思い立ち
公文教室に相談に行ったとき 
そこでも 先生に
「スモールステップでいきましょう、お母さんがその気持ちで
 理解していてくれたら きっと伸びますよ。」
と 言われた。


幼稚園 学校と 集団に入って
つい 無理をさせて頑張らせてしまいそうになる。

時々 あせる気持ちになると 夫にも
「すてぃっちのペースでいいんだよ」
と たしなめられる。

だから ずーっと スモールステップで。

今 階段の何段目だかは知らないけれど
同じ段を 何回も何回も踏みならして
どんな嵐がきても 壊れない固い丈夫な階段を作ってる って思う。


本当なら こじかにも これをあてはめなきゃいけないのだけど
すてぃっちと比べたら 
やっぱり いつのまにか、目にも止まらぬ速さで成長していくので 
つい もっとできるんじゃないか・・・
と 過度な期待をしてしまうことがある。

厳しくしてしまいやすい。
長男ということもあり 押さえつけてしまいがち。

この前 野球部のコーチが言ってたよ

どんな子でも 笑顔で褒めてあげると 伸びるんだ  

って。

そんな風に心がけて いいお母さんになりたい気がする今日この頃・・・。


夏休みは まだ始まったばかり・・・


こちら お願い → にほんブログ村 子育てブログへ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-07-24 14:04 | 私のきもち