配膳

新一年生にとって 記念すべき初めての学校給食。

その配膳のお手伝いを1週間ほど させてもらった。

子供達の手洗いの様子から、白衣の着替えの指導、
おかずの配膳 など、給食に関わる全般を 
先生と一緒に行います。

動きが活発な子もいれば のんびりやさんの子もいるし
1クラスは30人位ですが
はぁ~ やっぱり1年生の先生って 大変だにゃ~。

手を洗った後に
「先生、○○君が 鼻クソつけてくる~~」
なーんて 言い出すトラブルあれば
「○○君、どうして鼻クソつけるんですか?」
と、2人に 鼻クソをつけてはいけない理由を
わかりやすい言葉でゆっくり話す ってこともしなきゃだし
(あとでっていう事はしないんですね、何にしてもその場で指導ですね)
その間にも 配膳は進めていかなければならないし。
(給食の時間は決まっているからのんびりはできません)

白衣や帽子の着脱も 時間がかかります。
でも子供たちは一生懸命。
その一生懸命さが かわいいし 気持ちいいです。
女の子は髪が長いので帽子かぶるも必死です。
お母さんたち こんなに子供たちが 健気に頑張ってること
知らないだろうな、私も知らなかった。

ひょんなことから お手伝いを頼まれて今回のはこびとなったのですが

自分の子達が1年生の時の給食の様子を目にすることはできなかったので
よそのお子さんの様子を見るということを通して 
うちの子達も こういう段階を経て 成長してきたんだよな~ 
と思うと感慨深いものがありました。

打ち合わせの時 
「食器をひっくり返したりといった 子供達の粗相は『想定内』です。」
と言われたけれど
私が 粗相したら ど~しましょう~!!
と思っていた粗相もしでかすことなく 無事終わりホッとしました。

でもかわいい子達に 会いに 毎日お昼に学校に行く、
という楽しみが 来週からなくなるのが ちょっと さみしいくらいです。


こちら ポチッと → にほんブログ村 子育てブログへ
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-04-21 21:11 | 学校