大賞

こじかくんのクラスの友達が クラスメイトひとりひとりに
「クラスの○○大賞」
を 遊びで 決めていたらしい。

「頭がいい人大賞は ○○君」  へ~ そうなの~

「頭が悪い人大賞は ○○君」  おい、ちょっと待て、それはダメでしょ、

「大賞ってのは相手の良い所を褒めるものだよ」

と、つっこんでみたけど それ以上 深追いはしないでおいた。
説教じみた相槌が多いと
本音や 出来事の詳細を話さない子供になってしまうと問題かな、と思うので。


、 君は 何 大 賞 だったの?

「平均(的)の人大賞」


 ガ ビ ー ン !! 


ママ、頭が悪い人大賞の方が まだよかった・・・


何? それ? 平均の人って。

特長がない、ふつーの、存在がうすい人ってこと? え?

ショックかも・・・。

ま、小さい時から 1つの事に突出して興味を持つ というよりは

常にニュートラルで 誰にでも合わせられる性格ではあったが・・・。

特長・・・無いな・・・ たしかに・・・。

でもなー なにか なかったかと・・・。



しかーし、 超プラス思考夫は ここでもまた違った。

「おー、いいじゃないか、こじかが平均の基準てことだぞ、
 こじかより 良いか、悪いか、で人の評価が 良い人か悪い人か決まるなんて。
 平均って大事だぞ、お前は大事な人ってことだぞ。」

夫・・・    この人って・・・。

大賞をあげよう   幸せ者大賞と。



にほんブログ村 子育てブログへ ← こちらもよろしくお願いします
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-02-28 23:24 | 私のきもち