燃える

私、編み物苦手です。a0065062_12312383.jpg
去年は 指あみでマフラー 作ってみました。
でも 小さくて私の首には 回りませんでした・・・
そんな もんです・・・わたしのやる事なんて。

まだ10代の若かりし頃
友人に そそのかされて 付き合っていた人に
セーターを編むことになった。
どんだけ頑張ったのかは もう記憶にもない。
とにかく大変だったし嫌なことだったので
忘却の彼方へ。


彼氏 喜んで 着てくれました。


わたしの家に 来る時も。


当時、私の部屋には 小さい電気ストーブが1つ。
彼はストーブを背中に 私は向かいに座って
楽しいひとときを過ごしていた。


やがて 母がお茶を持って 部屋へ。
 
「なんか この部屋 臭くない?」


「?」       「?」                



     もくもくもく・・・・



 「まー!背中から 煙が出てるわよ!」 






あやうく 火事。



出火元 手編みのセーター。




もし 母が来なかったら 彼氏、燃えてましたかねぇ?




「背中が焦げても気付かないとは、何に夢中になってたの?」

母は 大笑いさ。


そりゃあ、 あたいに夢中になってたんだべ


その後
  
 そのセーターは 彼氏が修理。
    (編んだんじゃないですよ、アロンアルファかなんかで
     穴をうめたような事を言ってました)



  その彼氏 今 私の横で 
   「パソコン見てる お前の顔が変で すごーく イヤっ
  などと しゃべっています。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-02-07 13:05 | その他いろいろ