変化

ここ数日 テレビをつけるとライブドアの話題でもちきり。
この前までは 偽装マンション、その前は大雪
下校途中の児童の事件なんて 覚えてる? って突っ込みたくなる。

話は冒頭に戻って 
その、もちきりの話の中で『ルール』という言葉が 何度も出てきた。
 
私の頭の中に 浮かんだのは・・・

 ―学校のルールが守れないヤツは 社会のルールも守れないんだよ―
 
そうそう、嶋大輔、昔 そう言ってた。

ルールか・・・

大事だ。

そこらへんの教育は今も昔も変わらないといいけど。

今、学校って、あんまり競わせないような・・・
うちの学校では 運動会のかけっこは 選択できる。
普通の徒競走と、障害物競争。
徒競走だと、大体いつも結果は同じ、足が遅い子は運動会嫌いになるから
という理由で(障害物なら時の運で結果がわからないんだって)
自分の参加したい方を選ぶことになってる。

どうなの?
私も子供の頃、足が遅くて運動会は憂鬱だったクチだけど
だからって 甘くない?

かけ算とかも 誰が一番早く覚えられるか競争したし
笛とかなわとびとか鉄棒とかも 合格したらシール貼るってグラフがあった。
みんな友達に負けないようにって気持ちで努力した
なかなかシールがもらえない友達がいたら、みんなで休み時間に教えてあげたり
一緒に練習したりして その子ができるようになった時にはみんなで喜んだけど。

うちは3年生だから まだそういう経験をしてないだけなのかな
今のところ、かけ算にしても なわとびにしても 鉄棒にしても
記録は 自分自身との競争らしい。
過去の自分の記録に挑戦みたいな・・・
残念ながら 欲無しこじかには 全然 教育的効果はない。
できなくても まあ いいやー になっちゃってる。

欲を張れ!こじかには いつもそう思う。

ルールは守れよ~。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2006-01-26 10:34 | 学校