成長

学校の 勉強は難しい。
すてぃっち 公文で頑張ってマス!
 
ひとたび 習慣づいたことは 忘れない几帳面な性格のため
宿題は 言われなくても 自分からやります。
そこが こじかと違って ラクチンなとこ。
(こじかに 勉強させるのには 毎回エライ騒ぎになるっちゃ、こっちが疲れるっす)

1年生になって 6月頃から始めて 
数の概念はなかなか難しく 10より大きい数を知らなかった子が
今も「かず」レベルではあるけれど 100までの数の並びはわかるようになり
ゆっくりだけど 進歩してる。

首は いつすわるの
いつになったら 歩くの
言葉は いつ出るの

いつ   いつ  って
焦ってた頃もあったけど
その 「いつ」は ちゃんときた。

すてぃっちが 幼児教室を卒室する時の文集に 私がその頃の気持ちを載せてました。

○○は家の階段を下りる時、必ず私の背中にくっついて
 しっかりとつかまらないので とっても危険
 なのに○○は 
 「だいじょぶよ~」
 私は 眉間にしわを寄せながら 無事に下まで下りると、決まって○○が
 「だいじょぶよ~、ほうらねっ」
 と言って 笑わせてくれます。

 思えば私は○○が生まれてから  
 止まらないで 進まなきゃ と、常に思っていました。
 泣いたり 落ち込んだり 悩んだりしない
 とにかく 前に進もう
 今では 意識して そうする必要はなくなりました。
 先生に愛され お友達に愛され すくすく成長していく○○ 
   ――中略
 もし 今、私が止まったとしても ○○はもう一人でも前に進み
 そして○○が私の手をひいてくれるでしょう
 「だいじょぶよ~ ほうらねっ」
 って 言ってね。
 子育てが 楽しいだなんて思えない心境の時もあるけれど
 階段おりたら きっと ホッと 笑えるんじゃないかな
 
 これを読み返す頃にはね    ほうらねっ。


まだ 子育ては終わってないし 階段もまだまだ下りきってないけれど
なんだかもう すでに すてぃっちに 引かれて歩んでる気がするよ・・・。

むしろ・・・

ひぇ~ ママを置いてかないで~ 

な気分です(笑
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-12-29 11:12 | 私のきもち