言い訳はよくない

こじかくんをバッティングセンターに連れて行く。
彼は 争いを好まない穏やかな性格。優しいのは長所でもあるけれど、負けず嫌いという気持ちがないので それをバネに努力する といった方向にはいきにくいようです。
でも バッティングが たまたまうまくいった時には調子にのり、当たらなくなると それは球が悪いせい、と言って ぐずぐず言い訳をするこじか。
いい時も悪い時も自分のせい。悔しかったら頑張ってみよう、そう思ってほしいのだけど。
その様子に私もイラッとしつつ、カッカッとしている最中のこじかには聞こえる耳もないと思い 落ち着いてからゆっくり言い聞かせるつもりで 帰りの車に乗り込もうとしたその時・・・。

こじかが助手席、私がその後部座席。
足元の荷物が気になってヒョイと前傾姿勢になった瞬間、
「いったぁ~いっ」
はさまっちゃったんです。
こじかが閉めようとした助手席のドアに  私のアタマ。 左右のこめかみ部分が両側から。

ぐずぐずのこじかは黙ってしまい、すてぃっちは
「はさまっちゃったの、大丈夫?ごはん食べたら治るよ、平気だよ」
と必死になだめ、パパは
「なぜ はさまる?」
と疑問を抱き、やせ我慢の私。

アタマは痛いんだけど、それよりもこじかの言い訳が良くない、男らしくないってコトをどうしつけるかってのが気になって。
でも自分の身に起きてることの滑稽さがおかしくて。

いや言い訳はよくない。

アタマ痛くて まとまらない・・・? なんだこれ?
[PR]

by tiisai-ningyo | 2005-11-22 14:18 | 私のきもち