余暇活動


息子の学生生活をみると
ほとんどの時間を学校で過ごし
家にいる時間はほんとにわずか というか

授業が終われば、部活動、
帰ってきたと思えば塾、

という感じで

一緒にいられる時間も少なくなっていますが。

娘の方は

家にいる時間がたっぷりあるというか

部活動はみんなと一緒にはできないし
(美術部は1週間に1度、1時間という約束で入部している
 ・・・といっても、顧問の都合や試験前の休部などで
 実質は寂しい内容になっている)

平日はそれでも

公文教室や書道教室、F先生宅でお勉強など
案外忙しい娘なのですが

問題は週末の過ごし方で。

土、日は両親共に仕事があるし

結局家で日がな一日絵を描いたり
テレビを観たりして過ごすしかなくて

退屈この上ない感じで・・・。


それが最近では

毎週予定が入って、忙しく過ごせるようになった。


うちの地域というのは
実は区内ではちょっと外れの方にあるためか
ここののケアプラザには
障害児向けの活動というのがないのです。
必要とする人も少ないせいもあるのでしょう。
だから、あまり利用することもなかったのですが。

娘が通う中学校は歩いて10分もかからない距離にあるものの
隣の区になるので

中学生になったことをきっかけに
隣の地域のケアプラザも利用することができるようになり

月に2回程度は何かしらの活動に参加していました。

それでも平均8回ある土、日のうちの2回の予定がある という程度だったのが

今月からは4~5回はスケジュールがうまることになり

びっくりしています。

それは

隣のそのまた隣の地域ケアプラザにも足をのばしたり、

また、別の団体の方から縁あって

「どうぞ、参加してください」

と誘っていただけたから なのですが

ありがたいことに

そこでは

ボランティアの方と障害のある人との交流の場作り

というねらいもあって

今後、学生じゃなくなったとしても

ここで出会った人たちが
いつでも集まってパーティをしたり

そんな場面を作るための集い と聞いて

「参加させてください!」

ってすぐに言っちゃった私^^



楽しく、自分らしく、安心して活動できる場所が

家庭以外にあることが

今後はとても必要になってくると思うので

嬉しいな~ と思っている。


ご縁って、本当に大事。
[PR]

by tiisai-ningyo | 2012-11-05 10:58 | その他いろいろ